2012年 04月 22日 ( 1 )

<:/p>

ガレキは本当に広域処理しないといけないの?

◆そもそもガレキは本当に広域処理しないといけないの? 4/19そもそも総研(動画・内容書き出し)
もともと中で出来ないものを外でやるという考え方ですから、全部できるんだったら外でやる必要はないんです。中で出来ないものっていうのは何か、という事を出していただいたものを我々は、岩手県では57万トン、宮城県では340数万トンありますというので、今お願いしているので、そこは宮城県のご検討で変わってきて、「ここまでは自分たちでも十分期間内にできると、だから、ここをやってくれ」という事で変わってくれば、それは変わったものについて「是非ご協力をお願いしたい」っていうお願いをして回るんだと思います。(環境省 廃棄物対策課:山本昌宏課長)

a0008617_16275954.jpg


●上記山本課長の発言は全くのデマカセである。
環境省は、岩手県や宮城県から具体的な瓦礫処理のニーズがある以前から、関連業界や全国各地の自治体に広域処理への協力を要請している。以下はその要請文書だ。

◆樋高環境大臣政務官が全国清掃事業連合会あてに送付した要請文書(H23年3月14日)

●最初の要請文書は3月14日付けで、決裁行為の時間を考えるとフクイチが爆発する前に起案された文書と思われる。

◆近藤環境副大臣が新潟県知事あてに送付した要請文書及び環境省廃棄物・リサイクル対策部長が各都道府県知事あてに送付した要請文書(H23年4月8日)

●その次に出された4月8日付けの要請文書は、山本課長の上司である環境省廃棄物・リサイクル対策部長名の公文書であるが、この時点ですでに「広域処理体制の構築が必要」と断定していることを、部下であり担当課長である山本氏が知らないはずがない。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2012-04-22 17:09 | 健康 <:/p>