☆ブログはすでに新聞を「補完」しているのではないだろうか

●湯川さんのブログ記事(すごくないですか?このところの記者ブログ:ネットは新聞を殺すのかblog)で、団藤さんのブログ記事(ブログの現状はそれほど素晴らしいか。:ブログ時評)をとりあげています。

○湯川さんは、記事の中で『ネット上のブログの知のレベルに対して「私はこのレベルで満足してもらっては困ると思っている」「『もっと勉強しようよ』と言わざるを得ない」・・・言論は自由。だからこそ、ネットの書き手は考えねばならない。プロだと言っている人なら、もっと考えねばなるまい』という団藤さんの言葉を紹介しています。

 私は、団藤さんの言葉に半分はうなずきながら、できれば、その言葉はネット以上に大きな影響力を持つテレビや新聞などで「意見」を発信している方々、もちろんプロのジャーナリストの方々に対してこそ向けてほしい、と思わざるをえません。

 例えば、新聞の紙面上で「意見」を発信している記者の方々は、本当にネットの「書き手」以上に勉強しているのでしょうか?
 このブログでも何度か指摘してきましたが、新聞記事が伝える「知識」や「意見」のレベルは、ネットから得られる「知識」や「意見」に比べて、どちらかといえば相対的に低下してきているのではないかと思うのです。

 もちろん、私は全てのネットの「書き手」が新聞記者以上に勉強しているなどと言うつもりはありませんが、特定の分野に限っていえば、新聞記事以上に深い知識と考察を披露しているブログは数多く存在していると思います。
 そして、このようなブログを閲覧することにより、日頃不満に感じている新聞記事を補完している自分に気づくのです。

○一方、湯川さんは、同記事の【追記】として『現代の読者が持つ問題意識「知のピーク」は、新聞がかつて社会全体にふんわりと被せていた膜を随所で突き破っていると書いた。全体としての知の水準が新聞を超えているのではないが、個々人が関心を持つ特定の問題意識では、本当にあちこちで凌駕されている』という団藤さんの文章も紹介しています。

 例えば、先日の記事(△不幸な事故を繰り返さないために)にトラックバックして頂いたecotakaさんのブログ記事(ヒューマンエラー 竹の塚踏切事故を考える)や同ブログの一連の記事で紹介されている数々の「考察」「意見」などは、まさに団藤さんが指摘するとおり、特定の問題意識では新聞記事の水準を凌駕していると言ってもいいのではないでしょうか。

 前回の記事(【メディアの公共性について考える(2)】)でも書きましたが、ブロガーの多くは、私と同じように新聞やテレビなどから発信される『国民を代表するとされている「意見」』に対して「ちょっと違うよ」と不満を感じているからこそ、ネット上で自らの「意見」を直接発信したいと考えるようになったのではないかと思います。

 このように見ると、すでにブログは、新聞では紙面による限界やその他様々な事情により載せられない視点からの「考察」や「意見」を「補完」している、と言ってもいいのではないかと思うのですが。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-03-27 15:25 | 私説 <:/p>

<< ▼現役記者のご意見を伺いたい 【メディアの公共性について考え... >>