人気ブログランキング |

【投稿】がれき広域処理は、放射能の汚染拡大を許容する違法のオンパレード

当ブログの読者から、重要な情報の投稿がありましたので、以下にご紹介します。

 がれき広域処理は、放射能の汚染拡大を許容する違法のオンパレード

 がれき広域処理が、放射能汚染を拡大し、孫子に血税と復興国債の負担を押しつけ、末代まで放射能による疾病を残すものであることが日々明らかになってきています。
 既に、がれき広域処理推進議員連盟が結成され、あなたのお住まいの都道府県や市町村に圧力を掛けに来るでしょう。時間に制約があり、質問時間の設定が極めて短い説明会などでは、寸鉄人を刺す質問、すなわち、違法性を指摘して、推進勢力を一打でノックアウトしていただきたい。
 その考えでこのQAを作りました。
 これに各地での経験及び知恵を付け加えてください。

 環境省のがれき広域処理サイト(http://kouikishori.env.go.jp/faq/)の「よくある質問」には、ずらりとがれき広域処理が安全あることを強調するQ&Aが並んでいます。説明会では、この答に沿って、素人の私達を煙に巻くような答弁がされるのではないかと思います。そのためには、予習が肝心。

 ここでは、がれき広域処理がいかに違法であるかを中心に、環境省の見解を衝いていきます。

 そのまとめは、次のとおりです。

① がれき搬出元自治体での放射能計測は誠に不十分なものにならざるを得ません。

② 福島第1原発からは31もの核種が放出されています。環境省はセシウムだけ気をつければよいとしていますが、それは大嘘。ストロンチウムなど沢山の核種が再拡大する危険が大きいのです。

③ 実際にがれき広域処理で焼却処理する過程で放射性物質は、バグフィルターで除去し切れません。これが食品、飲料水、空気の既存の放射能汚染に追加されます。

④ 焼却後の埋立(最終処分):1,810Bq/kgという、基準の1/5程度のもので処分場の周辺の地下水・河川等に、原子力規制基本法規の定め(1mSv/年)を超えるセシウムがすでに流出してしまいました(群馬県伊勢崎市)。

⑤ 指定廃棄物の基準8,000ベクレル/kgという基準は、御用学者と糾弾されている、そして福島原発事故の芽を摘めなかった方を委員とする原子力委員会が諮問した、違法な(1mSv/年に違反する)基準です。

⑥ 千葉県柏市は、「焼いた、しかし焼却灰が高度に放射性物質に汚染されていた。処分できない」状態です。焼けばこうなる。広域処理は私達の町に放射性物質を残していきます 

 それでは、具体的に検証を始めます。(以下は別添PDFファイルをご覧下さい)

◎がれき広域処理は、放射能の汚染拡大を許容する違法のオンパレード

◎8000Bq_kg以下の廃棄物の処分が違法な理由

 なお、本記事及び添付ファイルについての質問は@hexagon(ツイッター)さんまでお願いします。

***********************************

クリックで救える命がある。

by azarashi_salad | 2012-03-21 18:02 | 健康 <:/p>

<< 計算してみた 【転載情報】ある愛知県民の手紙 >>