◆環境省のパブコメに異議あり

放射能汚染された廃棄物の全国拡散処理をするための法律(特措法)の施行を控えて、環境省がパブコメを実施しているが、良く見ると、今回のパブコメでは「指定廃棄物」の指定基準(この基準未満なら全国の家庭ゴミ処理場で拡散焼却処理できる)について、国民の意見を聞いてないのでは?

なるほど、パブコメの対象は「放射性物質汚染対処特措法第11条第1項、第25条第1項、第32条第1項及び第36条第1項の環境省令で定める要件案」となっているが、「指定廃棄物」の基準は第17条、第18条関連なので、やはり意見を聞いていないようだ。

この基準については、環境省の非公開会議である「検討会」資料で、8000Bq/kgと具体的な数字が書かれていたが、今回のパブコメ資料では、どこにも数字が見当たらない。

資料4-1:指定廃棄物の基準(8000Bq)

従来の家庭ごみ処理場で処理できた基準(クリアランスレベル=100Bq/kg)を、80倍の8000Bq/kgへと大幅に緩和する、今回の「特措法」で一番重要なポイントと言ってもよいのに、これは酷くないか。

環境省は、ここが一番重要な(反発が多い)ポイントだと分かっているから、わざとパブコメの対象から抜いたとしか思えない。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-10-20 06:04 | 健康 <:/p>

<< ◆環境省のパブコメへの意見(私案) ◆「どの程度、放射線を怖がる必... >>