◆「問題提起」を整理してみた。

a0008617_1012214.gif
●前回の記事◇確かに「陳腐」かも知れないが(あざらしサラダ:10月23日)を「ブロガー新聞」と「ぷろとたいぷ」にトラックバックしたところ、またまたブウ*さんから「うーーーんと、以後、個別ページでやるのかなぁ?」の記事をトラックバックして頂きました。

○加えて、jackyhkさんとThisHappyWorldさんからもトラックバックを頂きましたが、お二人とも、どちらかといえば「規制強化すべきではない」との意見のようです。
 ただ、ブウ*さんも含めてお三方とも、どうも私が「一律的に法規制を強化すべき」と問題提起したように受け止めているようなので、そもそもの問題提起『公共の場における携帯電話の使用は規制すべき』を、指摘を受けた「誰が、どこで、なにを、どうする」に沿って、分かりやすく整理したいと思います。(3名からそのように思われていると言うことは、やはり私の書き方がまずかったのですかね)

 どこで:「公共の場」
 なにを:「携帯電話の使用」
 どうする:「規制する」
 誰がというと、これは「場合によって変わる」ので一律に書けなかったのですが、代表的な二つのケースについての私の考えは、以下のとおりです。

○まず、安全(人の命)に係わるようなケースについては「行政」が規制する
 (具体的には、自動車や自転車を運転中などの場合)
 一方、安全に係わるケースでなくても、みんなが円滑に社会生活を営む上で必要と思われる場合は、「企業」等が規制する
 (具体的には、公共交通機関の車内やコンサートホール内などの場合)

 ところで、ブウ*さんのトラックバック記事を読む限りでは、必要に応じて「企業」等が規制することについては異論がないようですから、「行政」による規制についての私の考えを述べたいと思います。

 私が「行政」による規制が必要と思う場合は、先ほども述べたとおり安全(人の命)に係わる場合に限定している、と受け止めて頂いて結構です。
 これについては、携帯電話に関する私の記事を、全て「ブロガー新聞」(第2号)にトラックバックしていますので、それらを読んで頂ければ理解してもらえるのではないかと思います。

 加えて、今回トラックバックして頂いた記事を読んで、自転車を運転中の規制について、どうしてブウ*さんと意見が分かれたのか原因が分かりました。
 この記事を読む限りでは、ブウ*さんは自転車を運転している者が「被害者」になる場合を想定しているようですが、私は「加害者」になる場合を想定しているからです。
(もしかすると、jackyhkさんも「被害者」を想像していませんか?一方、前回の私の記事にトラックバックを頂いたmemoireさんは、私と同じく「加害者」を想像しているようです。)

○私は、以前読んだ新聞のローカルニュースで、携帯電話で話しながら自転車を運転していた学生がお年寄りにぶつかって、そのお年寄りが怪我をしたという事件を知りました。
 そしてその事件のように、自転車とぶつかって怪我をしたり最悪の場合亡くなるのは、お年寄りや子どもたちなどの場合が多いと思います。
 だから、自動車を運転中の場合と同様に自転車についても安全上必要と思われるので、多くの犠牲者をだす前に「行政」による規制が必要だ、と問題提起しているのです。

 ただし、以上はあくまで「私の考え」ですので、皆さんにこの考えを押しつけるつもりはありません。
 もともと「ブロガー新聞」は、反論や賛成意見など多種多様な意見をトラックバック記事で集中することを目的としており、どの意見に一番共感できるかは、それらの記事を読んだ読者の方に判断してもらえばいいと思っています。
 その意味では、皆さんのトラックバックのおかげで「ブロガー新聞」の目的が少しは果たせたのかなと思っており、あとは、どの記事に一番共感したか読者アンケートでもできれば、「ブロガー新聞」がもっと活発になるのですが。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/tb.cgi/8436971
[PR]

by azarashi_salad | 2004-10-24 10:21 | 私説 <:/p>

<< ♪ほぼ同じ問題意識になりました。 ◇確かに「陳腐」かも知れないが >>