人気ブログランキング |

【「Googleニュース日本版」に対する提言】

a0008617_11585036.gif
●前回の記事【「ブロガー新聞」創刊号に対する提言】(あざらしサラダ:10月8日)に対してhasenkaさんが『Googleが始めればいいのに』(辺境からの遠吠え:10月9日)の記事をトラックバックしてくれたが、確かにこの試みは面白そうだ。

○hasenkaさんが言うとおり、当初鳴り物入りだった『Googleニュース日本版』だが、今ひとつ評判が良くないようだ。
 私も開設当初は閲覧していたのだが、掲載しているニュース記事が既存の新聞社のサイトを見ているのと大した違いが無く、残念ながらそれほどの魅力を感じない。

 その原因は、hasenkaさんが言っているとおり『主要新聞の幾つかが抜けているから』かも知れないが、私は『ネットは新聞を殺すかblog』の湯川氏が『最終的には必ずリンク、トラックバックを受け付ける参加型のニュースサイトというゴールにたどりつく、とわたしは確信している。その時点で、グーグルニュースは本来の強みを発揮することになるだろう』と述べているとおり、トラックバックを受け付けていないことが最大の原因ではないかと思っている。

 だからhasenkaさんが言うように、『この仕組みでGoogleがブログの記事を拾ってきて集約すれば面白い。似たような話題はまとめられカテゴリー別に分けられる。そしたら一つのトピックにどういう意見があるのか見渡せるし、気になった記事にTBする事も可』というアイデアには、「参加型ジャーナリズム」への大きな可能性を感じる。

 Googleがこの仕組みを採用すれば、個人の記事は例えば人気サイトである『週刊!木村剛』で紹介されるだけでも大きなインパクトを産むことになり、その記事から別の記事へと数珠繋ぎ上にトラックバックが連鎖するような気がする。

 hasenkaさんは、似たような試みとして「エキサイト」の『ブログニュース』を紹介してくれたが、こちらでは『エキサイト編集部が選んだおすすめブログ発信のニュース』が掲載される仕組みとなっている。
 この「ブログニュース」には現在96サイトが登録されており、エントリ別クリックランキングやサイト別クリックランキングにより、どのブログ記事が人気があるか分かる。
 しかし、残念なのは「ブログニュース」に掲載されているのがブログ記事のタイトルのみだということ。ここで本文の一部を大きく取り上げて紹介したり、トラックバックを受け付けるようにすれば、もっと魅力が出るのではないだろうか。

 とりあえず、この「ブログニュース」に「あざらしサラダ」を自薦してみたが、いつも文句ばかり書いているので、果たして採用されるどうか。(笑)

この記事へのトラックバックURL
http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/tb.cgi/7825832

by azarashi_salad | 2004-10-09 12:05 | 私説 <:/p>

<< ★タクシーとコンビニのコラボ 【「ブロガー新聞」創刊号に対す... >>