<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<:/p>

環境省が「特措法」施行規則(環境省令)改正のパブコメを実施中

昨年春に出版した本『日本が“核のゴミ捨て場”になる日 (震災がれき問題の実像)』で警告したとおり、多くの国民には分からないように「核のゴミ」の規制緩和が進んでいます。
◆『日本が“核のゴミ捨て場”になる日 (震災がれき問題の実像)』(旬報社)

環境省が「特措法」施行規則(環境省令)改正のパブコメを実施中です。
(パブコメの詳細については以下のリンクで直接ご確認下さい)
◆「放射性物質汚染対処特措法施行規則第二十八条及び第三十条の一部を改正する省令案等の概要」に対する意見募集(パブリックコメント)について(環境省)

今回の規則改正について内容を確認したところ、廃稲わらや除染廃棄物など以外は、福島県も含めてほぼ全ての「特定廃棄物」が規制対象から外れ、「通常の廃棄物」として処理される可能性が濃厚です。
a0008617_14415716.jpg

この規則改正に対して何も声を上げず容認すれば、今後は指定廃棄物(8000Bq/kg超)や廃炉廃棄物へも規制緩和の対象が順次拡大されることは間違いありません。(詳細はこちらをご覧下さい)
◆パブコメ2016.2.24まで【「放射性物質汚染対処特措法施行規則第二十八条及び第三十条の一部を改正する省令案等の概要」】が狙うものは?

「特措法」基準(8000Bq/kg)の導入により、今でもクリアランスレベル(100Bq/kg)を超える「核のゴミ」がセメントや肥料の材料等としてリサイクルされており、今回の規則改正によって放射能汚染の拡散に拍車がかかることは確実です。
a0008617_14451586.jpg

震災がれき広域処理に反対して活動してきた私にとって、今回の規則改正は看過できない問題なので、ぜひ皆さんとこの情報を共有するとともに、ひとりでも多くの方がパブコメを集中することが重要です。

私が考えているパブコメ(素案)は下記の通りです。
この問題の原点に立ち返り「特措法」の廃止と原子力市民委員会が、特別レポート「核廃棄物管理・処分政策のあり方」の中で主張している「放射能汚染防止法」(仮称)の制定を訴えたいと思います。
◆「核廃棄物管理・処分政策のあり方」(原子力市民委員会)

パブコメ意見(素案):「特措法」を廃止し「放射能汚染防止法」(仮称)の制定を

・放射能汚染対処特別措置法(H24年1月1日施行)(以下、「特措法」)は「政府は、この法律の施 行後三年を経過した場合において、この法律の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする」と明記し、法施行から三年経過後の見直しを規定している。

・しかし環境省は、平成24年12月9日に「特措法」施行規則を改正(平成24年環境省令第34号)し、法施行一年以内にもかかわらず特定廃棄物に関する規制を緩和しており、法による規制を軽視していると言わざるを得ない。

・また「特措法」施行日がH24年1月1日にもかかわらず、前回(平成24年12月9日)の規則改正で見直された廃棄物(図2の「△」)は「平成24年1月1日以降に排出されたことが明らかなもの」を規制対象から除外しており、現状でも実効性の薄い規制と言わざるを得ない。
a0008617_14523124.jpg

・さらに今 回の規則改正で見直しを行う廃棄物(図2の「☆※1」)も「環境大臣の確認を受けた施設から生じる廃棄物」は規制対象から除外されるため、現行の規制を維持する廃棄物は「廃稲わら、廃堆肥、除染廃棄物、特定廃棄物の処理物」のみとなり、これまで以上に実効性の薄い規制となりかねない。

・そもそも原発事故以前の法規制では、放射性物質に関する基準(クリアランスレベル)は100Bq/kgであったにもかかわらず、80倍も緩和した基準(8000Bq/kg)を強行導入し、現在もダブルスタンダード状態のまま放置していることが「特措法」最大の欠陥である。
a0008617_1454109.jpg

・上記の通り、「特措法」及び同施行規則は数多くの矛盾や問題点を抱えており、地域環境および住民の安全を守る法規制として十分に機能し ているとはとても言い難い。

・放射性物質に関する法規制を「正しく改める」のであれば、まずはダブルスタンダードを解消するため「特措法」基準(8000Bq/kg)をクリアランスレベル(100Bq/kg)に戻す、これこそが本来行うべき「見直し」の方向性である。

・このため、環境省は今回の規則改正を直ちに中止するとともに、速やかに「特措法」を廃止し、放射性物質に関する基準をクリアランスレベル(100Bq/kg)に一元化した上で、安全規制面を強化した「放射能汚染防止法」(仮称)を制定するなど、放射能汚染の監視および規制を強化すべきである。

※「パブコメ」はこちらから意見出可能です。(個人情報の入力は任意です)
◆「放射性物質汚染対処特措法施行規則第二十八条及び第三十条の一部を改正する省令案等の概要」に対する意見募集(パブリックコメント)について(e-GOV)

※上記パブコメ素案をそのままコピペすると文字数制限をオーバーするので適宜手直しして活用ください。

【参考情報:2/14追記】
パブコメ対象の「特定廃棄物」見なおしと平行して「指定廃棄物」見直しが報道されています。
◆2016.2.4【8000Bq/kg下回れば通常処分、環境省案 原発事故の指定廃棄物、解除手順提示】関連ツイートまとめ

この問題について環境省に電凸して確認したフォロワーさんからの情報。

「指定廃棄物」の「指定解除」が実施された場合、例えば、廃稲わらの場合、特定廃棄物の適応条件をチェックして、要件を満たせば、特定(一般・産業)廃棄物として残る、ということでした。

以下はこの「回答」に対する私の所見です。

環境省回答の通り、汚染廃棄物には「特措法」による「指定廃棄物」としての規制と「特定廃棄物」としての規制が二重に課せられています。しかし政府・環境省は双方の規制を緩和して、全ての汚染廃棄物を「通常の廃棄物」として処理できるよう法改正(および規則改正)を検討しています。

「指定廃棄物」が「特定廃棄物」として残れば、自治体が求めている処分なんか出来ないので「通常の廃棄物」として処理できるよう省令を改正すると思われます。それが「要件を満たせば」の意味です。「省令改正」は「法改正」と違って国会審議が不要なので見直しのハードルが低いのです。

つまり、最終的には「全ての廃棄物を『通常の廃棄物』としてリサイクル処理可能」とすることが、政府・環境省の狙いと思われます。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2016-01-31 15:07 | 政治 | Comments(2) <:/p>

♪サブPCでWin10無償アップグレードにトライ(その3)

以前にWin10に無償アップグレードしたサブPCだが、マザーボードの交換とグラフィックボードを増設したら一部のデバイスが認識されなかったのでWin7に戻したが、この週末から再びWin10にアップグレードしてモニタを継続中だ。

(その2)で報告したとおり、アップグレード後はガジェットやエクスペリエンス機能、CCCなどが使えなくなったが、それ以外は概ね問題無く動作している。

Win10のウリの一つである新ブラウザの「エッジ」はまだ余り試していないが、日頃よく使うアプリケーションのChrome、Msオフィス、一太郎、ワンセグチューナー等は、使用中にフリーズすることもなく順調に動作しているようだ。

日頃よく使うシステム管理ツールのSyncToy、cpu-z、HWmonitor、CrystalDiskInfo、PartitionMaster、TodoBackup等も問題なく動作しており、これまでのところOSの変更に起因する大きな不具合は確認できていない。

Win10に変更して気になる点と言えばWindowsUpdateが自動的に実施されること。Win7ではUpdateファイルのダウンロードやインストールのタイミングをユーザー側で自由に設定できたが、Win10だとMS側のタイミングで一方的にアップデートされる。

また「Wi-Fiセンサー」という怪しげな機能が初期設定で「ON」になっているのも気になる。これは公衆無線LANに自動接続するための機能だが、自宅で使用するデスクトップPCで公衆無線LANに接続することはないので、直ちに「OFF」に変更した方がよいだろう。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2016-01-24 15:20 | お薦め | Comments(0) <:/p>

宝探し(1/16)

2016年最初の宝探しは、いつものパソコンショップでノートPCのJUNK品が1000円の捨て値で売られているのを発見。CPUにC2Dを搭載しスペック的にはまだまだ現役で使えそうだが、BIOSが起動したりしなかったりするのでJUNK品とのこと。

分解して修理すれば復活できそうな気がするが、今回は時間もないので使える部品を取り外して流用することにした。といっても流用できるのは東芝の2.5インチHDD(120GB)ぐらいなので、部品だけの価値なら売値と同じ1000円程度。

一見するとそれほどお値打ちではないように思えるが、実はこのHDDにはOS(Win7 Home)とオフィス(MSオフィス2007パーソナル)がインストール済みだという。ソフトの価値だけでも5000円以上するので十分お値打ちといえる。しかもオフィスはインストール用のDISK付きだ。

そこで取り外したHDDを昨年購入した中古PCに実装してOSを起動し、オンラインによるライセンス認証も無事に完了した。以前はWinXP時代のMSオフィスXPパーソナルを使用していたが、これでソフトもバージョンアップできて良い新年を迎えることが出来た。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2016-01-24 15:17 | お薦め | Comments(0) <:/p>

宝探し(12/20)

少し遅くなったが前回の宝探しについて報告。昨年末も同じだが、この時期はお値打ち品が出回るようで、いつものパソコンショップで中古パソコンの「お宝」を発見。自作品とのことだがケースも中身もまるで新品のようにピカピカの良品だ。

その中古PCの構成は、マザーボードにギガバイトのGA-X58A-UD3R(LGA1366)を実装。3世代前とは言えハイエンドクラスの製品なのでパーツの価値は7000円程度。CPUもハイエンドクラスのCore i7 950(3.0G)を実装しておりパーツの価値は5000円程度。
a0008617_15415967.jpg

メモリはトリプルチャンネル対応なのでCFDのデスクトップメモリPC3-10600(DDR3-1333)1GBを3枚実装していた。パーツの価値は2000円程度。もう少しメモリ容量を増やす必要があるが、手持ちの2GBメモリ3枚と交換すれば良い。

グラフィックボードはNvidiaのGeForce GTX 460を実装していた。ゲームマシンとしても使える高スペックでパーツの価値は4000円程度。光学ドライブはLITEONのSATAマルチドライブを実装しておりパーツの価値は1000円程度。
a0008617_15373787.png

電源ユニットは無印だが650W電源を実装しておりパーツの価値は2000円程度。目立つ傷もなく中古とは思えないほど綺麗なケースはAntecのTHREE HOUNDREDを使用しておりパーツの価値は2000円程度。
a0008617_15375176.jpg

HDDなどのストレージデバイスだけは未実装だが、上記の通りパーツ価格の合計23000円程度の中古パソコンが、ほぼ半値の12000円で売られていたので衝動買いしてしまった。Core i7 2600を実装するメインPCと比べると性能は劣るが、LGA1366マザーボードは6コアCPUにも対応しているので拡張性もあり今後が楽しみだ。

今回はJUNK品ではなく動作保証の中古品なので、電源を入れるともちろんBIOSは正常に表示した。次にWin7インストール済みのSSDを実装してOSを起動したところ、こちらも正常に起動しオンラインによるライセンス認証も問題なく完了した。

エクスペリエンスの評価はCPU/メモリが7.5/7.5、グラフィックも7.5/7.5で、ストレージのみ7.7、サブPCとして使うには上々の性能だ。Core i7 860と同じ初代モデルとはいえハイエンドクラスのマザーボードとCPUなので動きも軽快だ。

MB:GA-X58A-UD3R
CPU:Core i7 950(3.0G)
MEM:PC3-10600(DDR3-1333)2GB×3
VGA:GTX 460
SSD:TS64GSSD340(64GB)


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2016-01-24 15:09 | お薦め | Comments(0) <:/p>