<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<:/p>

【転載情報】3・11DAYS行動する会・第一回集会のお知らせ(3.26政府交渉ネットより)

3.26政府交渉ネット事務局より、広瀬隆さんのメッセージが届いたので以下に転載します。
山本太郎議員の応援団は蒼々たるメンバーですね。


◆3・11DAYS行動する会・第一回集会のお知らせ◆
          2013年7月22日     広瀬隆
みなさま、選挙終了直後に早速、満を持していたお知らせをお届けします。

山本太郎さんが当選したので、これからが本当の闘いです。
山本太郎さんが当選後に言ってくれました。「もうひとりじゃない」と。
国会の中に橋頭堡ができ、状況はまったく一変しました。
この橋頭堡を守り抜き、闘いの最前線にしていくために、何をすべきか。
残された時間を有効に活用し、再稼働を阻止するために、やれることをやります。
革命がノロシをあげました。向こう側の城砦の石垣を、これから一つずつ崩します。

実は、この日を予想して、私たちは先月末から動いてきました。
山奥に集まって、秘密結社を立ち上げ、「3・11DAYS行動する会」と名づけました。そのメンバーは、以下の通りです。いまさら紹介するまでもない人たちですが……

○藤田祐幸(慶應義塾大学の物理学者として、被曝労働など原発のあらゆる問題に取り組んでいたが、浜岡原発の事故をおそれて長崎県のド田舎・雪浦に隠遁し、畑仕事に熱中しているところに福島原発事故! ショックから立ち直ると、「生き残るのは九州だ」と叫び回って、現地の人間の魂をつかむことに徹する現実主義者)

○田中三彦(福島原発の設計者だったが、サイエンスライターに転身後、チェルノブイリ原発事故のあと原発のメカニックな危険性をわが国で初めて具体的に告発。一昨年来、福島原発が地震で損傷した可能性を鋭く指摘して、事故原因に衝撃の光を投じ、国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の委員として活躍してきた事故解析の第一人者)

○広河隆一(DAYS JAPAN編集長。フォトジャーナリストとしてチェルノブイリ原発事故現地で子供たちの救済に奔走してきたが、一昨年来、福島原発事故発生直後から現地入りして、放射能たちこめる危険地帯の実態を初めて全国に教える。今また沖縄に久米島保養所「球美(くみ)の里」を設立して福島県の被曝児童救済のため奔走中)

○中嶌哲演(福井県で原発設置反対小浜市民の会を死守し続け、若狭の原発銀座撤廃に尽力しつつ、全国行脚に奔走し、その大声が関西地方に響きわたる。西暦806 年に若狭国小浜に平和を祈願して創建された棡山(ゆずりやま)明通寺の住職。圧倒される名刹)

○相沢一正(原発発祥地の茨城県東海村の村議として、おそるべき利権に囲まれた世界で、畑仕事に光明を見ながら、脱原発とうかい塾を主宰して孤軍奮闘してきた東海原発反対運動のリーダー。現在は、東海第二原発の廃炉まであと一歩へと追い詰める)

○矢部忠夫(新潟県の柏崎市議として、また柏崎刈羽原発反対地元三団体共同代表として県内を引っ張る柏崎刈羽原発反対運動のリーダー。田中三彦氏と組んで「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」を柱に、地場産業の再生を積極的に模索しながら柏崎廃炉まであと一歩へと追い詰める)

○永田文夫/大信田尚一郎(おおしだ)(“三陸の海を放射能から守る岩手の会”の通信「天恵の海」を発刊して、六ヶ所再処理工場と、閉鎖された東海再処理工場の危険性を数字で実証して、鋭い警鐘を鳴らし続ける。青森県に向かって、放射能下流域の岩手県から精力的に啓蒙活動中の元教員コンビ)

○秋山豊寛(代々、江戸麻布周辺の火消の末裔。1990年日本人として初めて宇宙飛行士としてソ連のソユーズに搭乗し、日本最初の宇宙飛行士となる。その後も熱気球による世界最初のベーリング海峡横断に成功。TBSディレクターを辞職して福島県で有機自然農法に打ちこみ、農民塾を主宰して十数年、そこに福島原発事故が発生! 生活を根こそぎ奪われ、群馬から京都まで避難しなければならない羽目に陥るも、京都造形芸術大学を拠点に活動を再開。原発と憲法について憤激の発言を発信中。この時代にメールを一切使用しない奇人)

○広瀬隆(小生です)

これは、全国ネットワークです。ほかにも二人いますが、秘密会議の日に都合がつかなくて、参加できなかったのです。

会の名称「3・11DAYS行動する会」の通り、偽りなく、私たちは「行動する」ことを誓い合いました。
第一弾が、山本太郎さんを応援しての選挙当選でした。
第二弾として、田中三彦さんが、近くマスメディアに向かって、爆弾発言を投げかけます。期待してください。
第三弾が、今日のお知らせです。これは、広河隆一さんが編集しているDAYS JAPANを母体にして、8月18日から日本中に決起を呼びかける集会をスタートします。

○8月18日(日)、シンポジウム「もうがまんができない」
DAYS JAPAN/3・11DAYS行動する会共催。「行動する会」設立・第一回集会。
横浜市開港記念会館にて、開場18:30 、開演19:00 、入場料500 円。
場所--横浜市開港記念会館(横浜赤レンガ倉庫より徒歩10分。みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩1分。JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口より徒歩10分。横浜市中区本町1丁目6)。横浜赤レンガ倉庫は、みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩6分。

予約とお問い合わせ先:DAYS JAPAN
-- E-mail :yokohama2013@daysjapan.net

秋山豊寛さんが福島県民を代弁して、満身の怒りをもって語ります。
田中三彦さんが、原発問題の根幹について、怒りをもって語ります。
広河隆一さんが、被曝の実態のおそろしさを、怒りをもって語ります。

そしてメンバー全員が、怒りをもって語ります。

これから私たちは、全国に参ります。11月10日(日)、福岡市舞鶴公園で川内原発・玄海原発の再稼働反対の大規模な九州集会とデモがありますが、こうした重要な節目に、できる限り参加してゆきたいと、決意しています。お呼びください。どこにでも参ります。なぜこのメンバーかって?横浜でその秘密を明かします……
ご来場ください!

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-07-23 05:48 | 政治 <:/p>

今回の選挙結果について思うこと。

今回の選挙も自民党の圧勝、脱原発派や脱被曝派が推した候補者は軒並み議席を失った。非常に残念な結果だけど、実は投票前からある程度この結果は予想された。といっても不正選挙というのではなく、人々の意識に現れていたと言うことだ。

これは、名古屋で行われた三宅洋平の選挙フェスに行った直後の私のツイートだ。
『三宅洋平の選挙フェス、確かに凄い人だったけど、オクトーバーフェストの方が10倍ぐらいの人。これってどうなんだろうね、(^^;;』
あれだけ熱狂的な選挙演説に私は初めて参加したが、それでも世間一般の大半の意識がここに現れている。

選挙前は1%(支配層)と99%(被支配層)との闘い、という見方もあったが実際は10%(民主政治に目覚めた層)と90%(従来通りの層)との闘いだったのではないか。つまり脱原発派や脱被曝派は、圧倒的に数的不利な闘いであることを、どこまで自覚して闘ったかが問われているのだと思う。

その意味では東京で山本太郎氏と共産党候補が、大阪でも共産党候補が議席を獲得できたのは、90%の大きな壁に一穴を開けた結果と言えるかも知れない。しかし、その結果だけで終わってしまうことがないよう、今後は市民からの継続的なサポートや行動が求められる。

市民が民主的な政治を手にするためには国政選挙が全てではなく、身近な地方選挙からも変えていく事が出来る。例えば愛知では大村知事が瓦礫を強引に持ち込もうとしても、各自治体の反対で実現できなかった。その背景には市民が地道に地元地方議員に働きかけた影響が大きい。

今回の結果だけで諦めずに、こうした意識をずっと保ち続けて周りに広めていけば、いつかは10%が15%、20%へと変わっていくだろう。この比率が50%を超えたとき、初めて自分たちが求めている民主的な政治が実現するのではないだろうか。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-07-22 20:45 | 政治 <:/p>

【改訂版】ものすごく簡単な「がれき」と「お金」のはなし

①震災で2000万トンの「がれき」が発生した。(と思われていた)

②環境省は全国の自治体に400万トンの「がれき処理」の協力(広域処理)を呼びかけた。

③環境省は「がれき処理」に必要な「お金」として1兆円の復興予算を確保した。

④予算が確保できたので「がれき処理」に必要な「お金」は全額国が負担することになった。

⑤「がれき」を処理すれば国から1トン当たり2万円(被災地周辺)から10万円(遠隔地)の「お金」が貰える。

⑥「がれき」が「お宝」(補助金)に化けた。

⑦全国の自治体から「がれき」(=補助金)の受入希望が殺到した。

⑧しかし全国各地で「汚染」を心配する住民の反対運動が起きた。

⑨よく調べたら「がれき」の総量が450万トン減り広域処理の「必要性」が無くなった。

「必要性」が無くなったので殆どの自治体は「がれき」の受入を断念した。

⑪「総量」が450万トン減ったのに環境省は確保した復興予算を手放さなかった。

⑫そして「事業仕分け」で予算が減ったゴミ処理施設整備の「補助金」に復興予算を流用した。

⑬流用した復興予算を余らせたくない環境省は多くの自治体に「補助金」をばらまきたい。

⑭そこで「がれき」を受け入れなくても「検討」しただけで「補助金」を出すことにした。

⑮「補助金」に目が眩んだ自治体は「必要性」が無いのに「がれき」の受入れを開始した。

⑯しかし総量が減って「がれき」が残っていないのでどの自治体も前倒しで受入れを終了した。

⑰それでも「補助金」をばらまきたい環境省は現地処理を減らして「がれき」を配ることにした。

⑱大阪や富山で現在受け入れている「がれき」はこうして無理矢理作り出した「エアガレキ」だ。

「エアガレキ」だから強引に受入を決めた大阪や富山も前倒しで終了することになった。

⑳結局のところ「がれき」ではなく「お金」の広域処理だったが、それでいったい誰が喜んだのだろう。



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-07-21 21:00 | 政治 <:/p>

♪大須で宝探し(7/13)

この連休中は久しぶりに大須で宝探ししてきた。

お目当てはMB、何か掘り出し物はないかと探していたら、ASUSのP5QのJUNK品が1480円で売られているのを発見。中古でも5000円以上はするのでかなりお買い得だが、JUNK品なのでもちろん「動作保証無し」と書かれている。
a0008617_812578.jpg

買おうか買うまいか随分迷ったが、GW前に別の店で105円で買ったJUNK品のMBがきちんと動作しているので、1480円もするなら多分大丈夫だろう、と思って購入したらこれが大外れ、(>_<)

電源は入るもののウンともスンとも言わず、モニタにも何も表示されない。CPUやメモリを代えて何度かトライしたがどれもダメ。どうやら今回ばかりは動作不良品を掴まされたようだ。まあ、これも勉強、この店では二度と買わないようにしよう、(^^;)

別の店ではRADEON X800 GTOのJUNK品が300円で売られていた。この店は以前に買ったJUNK品もきちんと動作したので即購入。こちらは予想通り何も問題なく動作した。
a0008617_8125456.jpg

この店ではLGの19インチモニタも1980円で売られていた。こちらはJUNK品ではなく1週間保証がある中古品なので動作不良の心配はない。そういえば、ウチの15インチモニタも買ってそろそろ10年で、いつ寿命が来てもおかしくないから、安く買えるウチに買っておこうと思い購入。

a0008617_8131831.jpg


そもまま使っても面白みがないので、どうせなら縦型モニタにして、17インチモニタと並べてマルチモニタにしてみようと思いちょっとだけ改造。モニタを90度横回転するため邪魔になるスタンドを取り外して、コネクタ部分を写真のように背面に固定。(作業が汚いが、どうせ前からは見えないのでご勘弁)

a0008617_814974.jpg


右側のプライマリモニタは普通の17インチ、左側のセカンドモニタが縦型に改造した19インチ。(19インチモニタは15インチモニタの前に立てかけている)

a0008617_8143171.jpg


縦型モニタでブラウザを立ち上げて、ツイッターやFBのタイムラインを見ると、まるでスマホかipadのようでとても見やすい。これは思ったより使えそうだ、(^_^)v

a0008617_8145059.jpg

お目当てのMBは散々だったが、お買い得品も買えたので、まあ良しとしよう。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-07-15 08:20 | お薦め <:/p>