<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<:/p>

♪秋葉原で宝探し(5/25~27)

先週末は、上京に合わせて久しぶりに秋葉原で「宝探し」をしてきた。
前回の秋葉原散策は観光客もまばらで、まるで地方都市かと思うぐらいガラガラだったが、今回は事故前の賑わいが戻ってきたかのように、3日間とも大混雑だった。

先月は大須の宝探しでお値打ちのMBを入手したので、今回の宝探しはCPUとメモリ、ビデオカードの掘り出し物が目当てだが、最初にゲットしたのはなぜかモバイルルーター、w

「ソフマップ」でシンセイのURoad-8000が380円、NECのAtermWM3300Rが860円だったので迷わず両方ともお買い上げ。モバイルルーターは今もWM3300Rを使用中だが、いずれの製品もバッテリー交換できるところが気に入っており、この値段なら予備としてストックしておいても損はない。

a0008617_219328.jpg

a0008617_2192665.jpg


続いて「じゃんぱら」ではCPUの掘り出し物を発見。
Pentium D 930 (3.0G)が500円、Core 2 Duo E6300(1.86G)が780円だったので両方とも購入。

a0008617_21243448.jpg


ビデオカードはSAPPHIRE RADEON X1300を980円と少し高めで購入したので後で後悔。というのも日曜日に同じ「じゃんぱら」で上位機種のSAPPHIRE RADEON HD 4550が980円という超掘り出し物を発見し、さらにドライバCDが欠品だったので680円にまけてくれたからだ。

a0008617_219414.jpg

a0008617_2195282.jpg


お目当てのCPUとビデオカードを2枚ずつ手に入れて残りはメモリだけだが、メモリは相性があるので余り冒険できない。月曜日は「ツクモ」でDDR2 PC2-6400 1GB 2枚組が1480円だったのでちょっと高めだけど購入。すると、これと全く同じメモリが「ドスパラ」と「ソフマップ」でバラで500円で売られていたので、予備も含めて3枚購入。

a0008617_21231989.jpg


これでお目当てのお宝は全て手に入れた。いずれも単価500円程度の中古かジャンク品ばかりだが、今週末はこれらを使ってメインマシンのグレードアップを図る予定。

◆メインマシン(現状)
・MB:GB 81G1000(FSB800)(S478)(DDR-400×4)(AGP)
・CPU:P4(FSB800)3.0G(S478)
・MEM:512MB(DDR-400)×4
・VGA:RADEON X700(AGP)
・ベンチマーク:65502(CrystalMark 2004R3)
(ALU 9386、FPU 8169、MEM 7232、HDD 4732、GDI 3860、D2D 4242、OGL 27881)

◆メインマシン(グレードアップ)
・MB:ECS G31T-M(FSB1333)(LGA775)(DDR2-800×2)(PCI-E)
・CPU:Core 2 Duo (FSB1066)1.86G(LGA775)
・MEM:1GB(DDR2-800)×2
・VGA:RADEON HD 4550(PCI-E)
・ベンチマーク:


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-05-28 20:06 | お薦め <:/p>

【転載情報】青木さんからのメールより

324政府交渉ネットからの転送です。拡散お願いします。

6月3日(月)院内集会参加の呼びかけ
「がれきの広域化政策の責任追及と被災地の2次被爆を阻止!」
―やらなければならないのは「被災者支援法」による被災者支援が急務―

◎民主党政権下、環境省主導で進めた広域震災廃棄物(放射性廃棄物瓦礫)の全国広域化がほぼ終息、政策自体が実質破たんした。各地の市町村が「手を挙げただけで補助金」を受け取れる巨額の復興資金(すべて国民の税金)の流用化は、環境省の広域化政策自体が抱えていた問題に起因する。

◎環境省が進めてきた広域化政策の作成過程やその内容を点検し、(大阪府堺市の事例では、驚愕の事実が市民の調査で判明)破たんの要因そして流用化と言う違法行為になぜ走ったのかに迫りながら、今密かに進められている東白川郡鮫川村青生野十日塚(さめがわむらあおのとおかつか)への指定廃棄物の焼却処理問題、バイオマス事業と言う名目で進められている塙町のバイオマス建設について言及して行きたい。

◎各地の市民住民の粘りづよい反対運動の成果により、全国広域化はほぼ中断させたとはいえ、被災地での汚染がれきの処理や、東日本全域での汚染廃棄物の危険な処理は、今も日々続いている。環境省が計画したこれらの政策に任せていては、再び環境中への汚染のばらまきとなり、未来を閉ざす廃棄物政策となる。これらについてどうすべきなのかをがれきの全国広域化を破たんさせた地平から考えたい。

◎さらに被災者を襲う2次被爆を止めさせ、「被災者支援法」による実効性のある被災者支援を、広域震災廃棄物(放射性廃棄物瓦礫)反対を行なったすべての人々は注視する必要がある。

日時: 6月6日(月) 場所:参議院会館(丸の内線「国会議事堂前」有楽町線「永田町」)
B-104会議室  参加費 500円   ※各地の資料配布持ち込み歓迎

開場: 12時30分 議員会館入り口 通行書配布
開演: 13時
15時:記者会見
16時:休憩
16時30分:各地の交流

<準備:拡大事務局スタッフ午前10時30分集合>

テーマ

がれき問題の現状と各地の課題

1) 3・26政府交渉ネット事務局からの現状分析―3・26政府交渉ネット事務局-
<各地の受け入れ反対の継続する闘いと弾圧との闘いや訴訟>

 報告
① 大阪
大阪市舞洲工場での本格受け入れ(2月1日)と反対活動への刑事弾圧
大坂府堺市への環境省の復旧予算流用化
② 富山
最終処分場 池多の闘いと告訴と看板破壊攻撃
高岡の本格受け入れ 4月26日と復旧予算流用化
③ 北九州市  民事訴訟の進行  北九州市への持ち込みへの疑問。
④ 静岡 島田市  市長への最終処分場地権者の訴え 桜井市長の落選
⑤ 他

2)指定廃棄物の焼却-東白川郡鮫川村青生野十日塚(さめがわむらあおのとおかつか)&バイオマス発電-東白川郡塙町(はなわまち)
※(予定)7月6日(土)「東白川郡地域一帯の二次被曝を許すな!」現地シンポジュームへの全国からの参加要請。

3)被災者支援法による実効性のある被災者支援を!
(発言者)国会議員、市民他

メディアコーディネーター 杉山義信

放射性廃棄物全国拡散阻止!
3・26政府交渉ネット
http://gareki326.jimdo.com/

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-05-25 09:42 | 政治 <:/p>

【スクープ】瓦礫の広域処理はやっぱり環境省の予算消化が目的だった。

当ブログでは、1年以上前から瓦礫の広域処理は復興予算の流用・無駄遣いだと指摘してきた。

これまで公表されているデータだけでも環境省主導の予算消化政策だと十分説明できるが、大阪の瓦礫反対運動メンバーが情報開示請求した資料により、その具体的な全貌が明らかになった。

◆開示文書を時系列で整理した要点まとめ。【必見】

要するにこの事件の本質は以下のとおりである。

各自治体は廃棄物処理施設の整備を計画して国に満額の補助金交付を要望していたが、「事業仕分け」により省最大の予算支出項目(権益)である「循環型社会形成推進交付金」の予算カット(10%程度を縮減)を迫られた環境省は、財源確保の面から事業計画見直しの危機に直面していた。

一方、東日本大震災で発生した震災瓦礫の処理には1兆円を超える復興予算が投入されることが決まり、そこで環境省が目を付けたのが潤沢な復興予算を「循環型社会形成推進交付金」に流用することだった。

環境省は「循環型社会形成推進交付金」に従来の「一般枠」に加えて新たに復興予算を原資とする「復旧・復興枠」を設け、事業仕分けで減らされた予算の穴埋めを計ることを企んだ。

しかし瓦礫総量の見直しにより広域処理の必要性が無くなり、また地域住民の反対もあって各自治体による瓦礫の受入れが難航し、「復旧・復興枠」での補助金交付を要望する自治体は伸び悩んでいた。

そこで「復旧・復興枠」の予算を使い切りたい環境省は、清掃工場を建設・改修中だった堺市をターゲットにして、自治体が要望していないにもかかわらず無理やり「復旧・復興枠」で補助金を交付した「送りつけ商法詐欺」だったというわけだ。

事故直後は本当に被災地支援が目的だったのかも知れないが、その後、瓦礫の総量が減って広域処理の必要性が無くなったにもかかわらず、環境省や政治家が執拗に広域処理に拘る理由、それこそが今回明らかになった「復旧・復興枠」の予算消化だ。

詳細はこちらのブログを読んで欲しい。
◆復興予算約86億円が大阪府堺市に交付されていた件について


震災瓦礫の広域処理を利用した復興予算流用は、大阪だけでなく全国各自治体に様々な形で復興予算がばらまかれており、以下で紹介する愛知県の「特別交付税」も同じ流れから交付されたものと思われる。

【転載情報】
愛知県が昨年夏がれき受入れ断念してからかなり経ちますが、その後受入れ検討費用がどうなったのか、先週愛知県へ問い合わせました。

資源循環推進課の原野さんによると、検討費用は復興予算ではなく、特別地方交付税*としてこの3月に国からお金が出たとのことです!(怒!)
特別地方交付税は国からまとめてボンっとお金が入るので内訳はないが、総務省からこちらが要請した瓦礫受入れ検討費用(県が環境省に報告)はその中に入っていると連絡あったとのこと。

現在24年度の決算作業中で正式なものができるまで時間がかかるとのことでしたので、環境部でほぼかたまっているものでよいので、がれきに関しての支出と特別地方交付税の収入(内訳種別ごと)が分かるものを情報公開請求しました。

がれき受入れを検討しただけで復興予算をもらった自治体や環境省に批判が殺到したので、市民に分からないように特別地方交付税という形で国が費用を出したのかもしれないと思いました。

原野さんはお金の事はあまりよく分かっていないようでしたので、環境政策課(予算・経理)に聞いた方がよかったかもしれません。

議会や環境委員会でその後、検討費用の国からの補填に関して質問は出たのか聞いたところ「そういう話題は出なかった」と。時間が経つと大村知事の責任問題もうやむやになってしまいますね。そうさせない為にも県や県議(特に地域振興環境委員会の議員)に対してこの問題を追求していかなくてはと思いました。

※特別地方交付税 地方交付税の一つ。普通交付税で措置されない個別、緊急の財政需要(災害による被害など)に対する財源不足分に見合いの額として算定され交付される。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-05-25 08:55 | 政治 <:/p>

「がれき広域処理の課題」教えます

東日本大震災の影響で発生した岩手県と宮城県のがれきについて、「広域処理」のめどが立ったことなどから、環境省は目標どおり、来年3月までにすべてのがれき処理が終わる見通しになったと発表しました。しかし、広域処理を巡っては、各地で放射性物質に対する不安から反対運動が相次ぎ、環境省では課題を検証し、今年度中に新たな処理の指針を取りまとめることにしています。
◆がれき広域処理 めど立つも課題検証へ(2013年5月8日:NHK)

「環境省では課題を検証し、今年度中に新たな処理の指針を取りまとめる」とのことだが、最大の課題は、政府・環境省の「無謬性への拘り」と「予算至上主義」だろう。

そもそも本来の目的は「瓦礫の処理」であるにもかかわらず、宮脇教授が提唱し被災地でも要望の声が強い「森の防潮堤」などの処理案をほぼ無視し、瓦礫の総量が激減したあとも政府・環境省はあくまで広域処理に固執し続けてきた。

どうしてここまで広域処理に固執するかというと、ひとつは政府方針に対する「無謬性への拘り」だ。

そもそも想定外の災害・事故という緊急事態にもかかわらず、「政府は絶対間違わない」という官僚と政治家のつまらないプライドやメンツに拘り、政府方針として広域処理を表明した以上、「世紀の愚作」とまで酷評されても最後まで広域処理にこだわり続ける必要がある、というわけだ。

これに加えて「予算至上主義」も環境省と各自治体が広域処理に固執する大きな理由だ。

すでに瓦礫を受け入れていた埼玉や静岡、北九州などの自治体では瓦礫の受入量を大幅に減らして前倒し終了する一方、大阪や富山、新潟、神奈川など住民の反対で受け入れが難航していた自治体では、自治体と政治家が地元マスコミを誘導して強引な受け入れを決定するという、明らかに矛盾する対応を取っているが、その理由が環境省の予算から説明出来る。

すでに新聞やテレビでも報道されているとおり、瓦礫の広域処理は環境省が進める「循環型社会形成推進交付金」と密接な関係にある。「事業仕分け」により「循環型社会形成推進交付金」の予算を減らされた環境省が目を付けたのが瓦礫処理目的で手にした1兆円をも超える潤沢な復興予算だ。

「この交付金、自治体が清掃工場などの焼却施設やリサイクル関連施設などを整備する際に経費の1/3を原則として交付するというもので、予算ベースで年500億円程度。国の予算としては決して大きな額ではありませんが、全体で2000億円程度しかない環境省の予算の中では最大の支出項目の一つです」
◆池尻成二・練馬区議のブログ

上記のとおり「事業仕分け」により予算の縮減(10%程度を縮減)を迫られた環境省と廃棄物処理施設の整備を計画していた自治体は、財源確保の面から整備計画見直しの危機に直面していたが、そこに「神風」のように現れたのが潤沢な復興予算だ。

下図の通り、H23年度以降は「循環型社会形成推進交付金」に占める「復興枠」(財源は復興予算)の比率が2割を超えており、多くの自治体で瓦礫を広域処理できなければこの予算の大半を返上しなければならなくなる。
a0008617_12362278.jpg

「循環型社会形成推進交付金」は、もともと2000億円程度しかない環境省の予算の中では最大の支出項目、まさに「屋台骨」とも言える事業であり、この事業で2割もの予算を返上することは何が何でも避けたい。つまり「予算=省益」を確保したい環境省は何が何でも復興枠を使い切りたいというわけだ。

このため、広域処理の必要性について具体的な数字で説明できないにもかかわらず、「被災地の要望」を錦の御旗に掲げてでも広域処理を推し進めなければならない、というのが広域処理の「裏の目的」だ。

政治家や自治体、マスコミまでが、未だに「被災地復興のため」という耳障りの良い言葉で納税者を誤魔化しているが、本当は広域処理の政策ミスを認めたくない政府(政治家及び官僚)と、廃棄物施設整備に係る予算確保に環境省及び受け入れ自治体が血眼をあげている構図、というのが瓦礫広域処理の本来の姿である。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-05-08 12:37 | 政治 <:/p>

♪大須で宝探し(4/21)その後(5)

以前の動作チェックで正常と思われたジャンク部品だが、その後のチェックでCPU(P4 551 3.4G)のみ不良(その他は正常)と確認できたので、以下の各構成でベンチマークを測定してみた。(いずれもATA100のテスト用HDDを使用して測定)

◆テストMB①
・MB:MSI 915GM6(FSB800)(LGA775)(DDR2-533×4)(PCI-E)
・CPU:P4(FSB800)3.0G(LGA775)
・MEM:512MB(DDR2-533)×4
・VGA:GMA 900(OB)
・ベンチマーク:44305(CrystalMark 2004R3)
(ALU 9603、FPU 10224、MEM 8497、HDD 5021、GDI 1717、D2D 7035、OGL 2208)

a0008617_541593.jpg


◆テストMB②
・MB:MSI 865GM3(FSB800)(S478)(DDR-400×2)(AGP)
・CPU:P4(FSB800)2.8G(S478)
・MEM:512MB(DDR-400)×2
・VGA:82865G(OB)
・ベンチマーク:39401(CrystalMark 2004R3)
(ALU 9094、FPU 9617、MEM 7043、HDD 4184、GDI 1592、D2D 5733、OGL 2138)

a0008617_5414522.jpg


◆テストMB③
・MB:ASUS P4P800VM(FSB800)(S478)(DDR-400×4)(AGP)
・CPU:P4(FSB800)2.8G(S478)
・MEM:512MB(DDR-400)×2
・VGA:82865G(OB)
・ベンチマーク:38615(CrystalMark 2004R3)
(ALU 9026、FPU 9106、MEM 6877、HDD 4319、GDI 1532、D2D 5622、OGL 2133)

a0008617_21241471.jpg


◆メインマシン
・MB:GB 81G1000(FSB800)(S478)(DDR-400×4)(AGP)
・CPU:P4(FSB800)3.0G(S478)
・MEM:512MB(DDR-400)×4
・VGA:RADEON 700X(AGP)
・ベンチマーク:65502(CrystalMark 2004R3)
(ALU 9386、FPU 8169、MEM 7232、HDD 4732、GDI 3860、D2D 4242、OGL 27881)

a0008617_542137.jpg


◆サブマシン
・MB:ECS G31T-M(FSB1333)(LGA775)(DDR2-800×2)(PCI-E)
・CPU:P4(FSB800)3.0G(LGA775)
・MEM:512MB(DDR2-667)×2
・VGA:GMA 3100(OB)
・ベンチマーク:44184(CrystalMark 2004R3)
(ALU 9843、FPU 10479、MEM 8980、HDD 4944、GDI 1552、D2D 6719、OGL 1667)

a0008617_542416.jpg


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-05-08 05:40 | お薦め <:/p>

♪大須で宝探し(4/21)その後(4)

「宝探し」(PCパーツ収集)が趣味で、怪しいジャンク品を買ってきては動作チェックばかりしているから、各パーツの動作チェックが簡単に出来るよう「テストベッド」(試験台)を作ってみた。

◆テストベッドの構成は以下の通り
・ケース&電源:
・HDD:テスト用(IDE)
・ドライブ:CDR(USB)
・キーボード&マウス:USB
・モニタ:15インチSP付(アナログ)
(以下増設カードチェック用MB)
・MB:MSI 865GM3(S478)DDR-400×2(AGP)
・MB:MSI 915GM6(LGA775)DDR2-533×4(PCI-E)

a0008617_8231682.jpg

a0008617_8232564.jpg

a0008617_19423725.jpg

横倒しにしたケース上に置いたMBに電源ケーブル等を直接接続できるよう、ケースの排気口からケーブル類を引き出してある。

◆メインマシン
・ケース&電源:
・HDD:システム(SATA)、データ(SATA)
・ドライブ:DVDR&DVD(IDE)
・MB:GB 81G1000(S478)DDR-400×4
・VGA:RADEON 700X(AGP)
・キーボード&マウス:USB
・モニタ:17インチ&15インチ(アナログ)(USB-SP)

a0008617_846438.jpg

a0008617_7153016.jpg

a0008617_8235392.jpg

10年以上前のスペックだが、XPで主にネット用で使用する分には何ら支障なし。

◆サブマシン
・ケース&電源:
・HDD:システム&データ(SATA)
・ドライブ:DVD&DVD(IDE)
・MB:ECS G31T-M(LGA775)DDR2-800×2
・VGA:(PCI-E)
・キーボード&マウス:USB
・モニタ:15インチSP付(アナログ)

a0008617_859514.jpg

a0008617_824353.jpg


このMBだとCPUにCore2 Quadが使用でき、OSもウインドウズ7に対応しているので、XPのサポートが終了したあともしばらく使えそうだ。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2013-05-04 07:35 | お薦め <:/p>