「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<:/p>

最終処分場を見学して分ったこと(愛知県での受入は極めて不可能に近い)

●愛知県の最終処分場である「衣浦港3号地廃棄物最終処分場」を見学してきた。

衣浦港3号地廃棄物最終処分場の概要
区分面積埋立容量※用途
安定型区画8.4ha81万m3工業用地
管理型区画34.4ha457万m3工業用地
護岸・管理施設4.4ha―工業用地
計47.2ha538万m3―

a0008617_14562930.jpg


愛知県内の一般廃棄物処理場や産業廃棄物処理場から出たゴミの多くは、最終的にはこの最終処分場に埋立てられることになる。 ここに放射性物質で汚染された焼却灰や廃棄物を埋立てて本当に問題がないか、実際にこの目で確認して分ったことは以下の通り。

・安定型区域(写真の左側:不燃物、主に産廃用)は海とツーカーのため、有害物質を含むゴミは受入不可(「受入基準」により規制)。

・管理型区域(写真の右側:主に汚泥や焼却灰用)では、廃棄物に含まれる有害物質を浸出液処理施設で浄化処理して海に排水する仕組み。ダイオキシンや水銀などの浄化処理は可能だが、放射性物質の浄化機能はなし。管理型区域は海に汚染水が漏れないよう、二重に遮蔽シートを敷設しているが、遮蔽シートの寿命は不明とのこと(300年はもたないと思う)。

両区域共に埋立てが終了した後、6~7年間以上は土壌や排水の環境汚染モニタを継続し、環境への影響がなくなった時点で工場用地や緑地として再利用する予定。

この最終処分場で放射能汚染された瓦礫や焼却灰の処理が可能か質問したところ、説明してくれた職員の方は「セシウムは水に溶ける性質があるので、このような海に埋立てる処分場では不可能、処分出来るとすると陸の最終処分場ではないか」との回答。

そういえば、東京湾の処分場は直接海洋埋立てじゃなかったような気がするけど、大阪のフェニックスはどうなんだろう?

●ならばと、「衣浦港3号地廃棄物最終処分場」に引き続き、名古屋市の最終処分場である「名古屋市愛岐処分場」を見学してきた。

総敷地面積:109ha(ナゴヤドームの約22.6倍)
埋立面積:25ha(ナゴヤドームの約5.2倍)
埋立容量:444万m3(ナゴヤドームの約3.5倍)
埋立期間:昭和57年7月から埋立が完了するまで
主な施設:汚水対策施設、雨水排水施設、ガス抜き施設、廃棄物貯留ダム、小規模破砕施設、管理施設
建設費:約130億円(当初94億円、増量(一回目)32億円、増量(2回目)4億円、用地取得費含む)

a0008617_1534087.gif


名古屋市内の家庭ゴミの多くは、最終的にはこの最終処分場に埋立てられることになるので、ここに放射性物質で汚染された焼却灰や廃棄物を埋立てて問題がないか(衣浦港3号地廃棄物最終処分場の担当者は、海洋型の処分場では受入不可能なため、もし受け入れるとすれば陸上型の最終処分場ではないか、とコメントしていた)、実際にこの目で確認して分ったことは、愛岐処分場では放射能汚染された廃棄物の受け入れは99%不可能、その理由は以下の通り。

・愛岐処分場の浸出水処理施設では、放射能汚染は除去できないので排水処理が出来なくなる。(≒処分場が使用できなくなる)
・愛岐処分場の利用については多治見市と協定を交わしており、そのような環境に大きく影響がある受け入れを名古屋市の判断だけでは決定出来ない。
・名古屋市では、愛岐処分場のような広大な最終処分場を建設することは困難で今も延命措置中のため、処分場が使用不可となるリスクのある廃棄物を受け入れる余裕は無い。

見学の対応をしてくれた職員(所長)から「受け入れ不可能」との明言はなかったものの、「浸出水処理施設で放射能汚染の除去は不可能」とのコメントは重要な情報。

一方、「被災地の瓦礫はどうすれば処理できるか、専門家の目から何か良い方法はないか」との質問に対しては、「(安全ではないものを安全と見なすように)国の基準を変えるしかない」との回答(オイオイ)。
つまり、「放射能汚染された水を排出する」か「侵出水を排出しない」のどちらかしか選択肢がないので、「基準を変えて汚染水を排出するしかない」と言いたかったのだろう。

その排水は川や土壌を汚染するので、上水道や農業用水を汚染して二次汚染が発生する。地理的に、愛岐処分場から汚染が漏れたら真っ先に影響を受けるのは「庄内川(=土岐川)」か。
ということは、上水道は大丈夫だけど農業用水がアウト。

愛知県は、幸い土壌がほとんど汚染されていないのに農産物の汚染が心配だ。

【参考:浸出水流出事故】


●結局、設備や対策には何も手を付けずに「現行基準では安全ではないものを基準の変更で安全と思わせるしか方法がない」これが関係者の本音なのだろう、まさに環境省が進めていることと合致する。
何も変わっていないのに、昨日まで安全では無かったものが、基準を変えた瞬間に安全になる、んなわけないのに。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-30 15:05 | 健康 | Comments(0) <:/p>

「核汚染廃棄物」の広域処理について(速報:ついに首相まで登場)

●東日本大震災の災害廃棄物広域処理に関する質問書に対する国からの回答及び知事コメントについて

質問書

◎知事コメント
「情報やデータを得ることができず、不満足な内容」
「必要な事項を再度整理し、国に再質問するとともに、国として責任を持った対応をしていただくよう、強く要請してまいりたい」



【11/22中日新聞】
『震災がれき「広域処理を」首相、全国知事会で要請』
『国は安全基準示さず-がれきの汚染 愛知県に回答』

◎地方に要請する前に、ますは国が「核汚染廃棄物」に含まれる放射性物質総量の公表を。

●細野大臣~東日本大震災 災害廃棄物処理に皆さまのご協力をお願いします

総量3兆5500億Bq(推定)もの大量の放射性物質を、どのようにして100年以上の長期にわたり安全に管理・処分するつもりでしょうか。

◆想定問答を作ってみた


こちらは同じ中日新聞ですが、放射性物質の量だけ具体的なデータ(数字)を書かない不自然な記事です。

中日新聞:震災がれき 苦しむ被災地 宮城・石巻の仮置き場:暮らし(CHUNICHI Web)

ちなみに「震災がれき」に付いてくる放射性物質の総量が3兆5500億Bq(推定)と書けば、なぜ受け入れに反発するのか誰でも理解できるはずなのですが、そこをあえて書かずに読者をミスリードするのです。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-22 08:13 | 健康 | Comments(0) <:/p>

汚染廃棄物広域処理についてのマスコミ論調

環境省が、2011.11.2
「東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理の促進について」
を都道府県に送った。

これを受けて、今後は「こんな論調」の記事が増える可能性がある。

毎日新聞:クローズアップ(11/11)

毎日新聞:震災がれき:「放射性」と混同し難色(11/2)

先日、私たちが作成した「Q&A」を見た方からもこんな質問(○)がよせられたので、以下の通り回答(●)したところ。

「Q&A」

○現地では、がれきの山の火事が頻繁。ダイオキシンが発生しているときも多いと思います。夏はハエなどが沢山発生し、悪臭問題もあります。それらを放置しておいていいのでしょうか。私は大変、気の毒に思います。

●Q&Aにも書きましたが、震災から8カ月もの時間があったのに、瓦礫の火災や汚染について何も検討も対策せずに放置してきたのは環境省(および検討会)です。私も大変気の毒に思いますので、早急に火災や汚染対策について検討を行い、抜本的な対策を講じるよう環境省(および検討会)に訴えて頂ければと思います。(広域処理しても数年の時間がかかるので、火災や汚染対策にはなりません)

○岩手、宮城から全国へ広域処理するということになっても、がれきの場合は、焼却場などの中間処理施設と埋め立ての最終処理施設に行くだけで、セシウム汚染食品のようなダイレクトな住民汚染は招きにくいのでは。

●私たちは、一般廃棄物の焼却炉で放射能汚染された廃棄物を焼却することと、一般廃棄物の最終処分場に放射能汚染された焼却灰を埋め立てることについて、安全性が立証されていないことを問題視しています。それは、単に住民への影響だけにとどまらず、土壌や水源など周辺環境への影響も含めてです。(焼却灰からガス状の放射性セシウムが漏れている可能性や、最終処分場の遮蔽シートは完全ではなく、漏れ出たトラブルが過去に起きていることなども重要視しています)

○わが家の近くにも一般廃棄物処理場があるが、そこで、岩手や宮城のがれきを燃やし、その灰が最終処分場に運ばれるとしても、食品のセシウム汚染に比べればリスクが弱いように思うのですが…。

●もともと、一般廃棄物処理場は放射性物質を処分することを想定して作られていません。検討会で採用した実験用焼却炉のような特殊な排ガス処理装置に改修するならともかく、ノーマルの焼却炉のままでそのまま燃やすのは、余りにも無策と言わざるを得ません。また、これだけ放射性物質が大量になると濃度ではなく総量で管理・処分する必要がありますので、たとえ8000Bq/kg以下の焼却灰であっても8000Bq/kg以上の焼却灰と同様に、少なくとも水との接触を防止する対策が「必須」と考えます。

○そうはいっても、現在、岩手や宮城のがれきによる環境汚染に救援の手をさしのべないのは、理がないような気もします。

●現地の環境汚染に救援の手を差し伸べないと言っているわけではなく、放射性物質を拡散すべきではないと言っているのです。放射性物質を封じ込めるための対策であればいくらでも協力するつもりでいますが、拡散する案しか検討していない環境省(および検討会)の不備を、ぜひとも一緒になって指摘して頂ければと思います。

○Q&Aの、じゃあどうすればいいのか、の回答は実現不可能のような気がします。実現しても相当先になってしまいまうのでは。数年先とか。それまで、岩手や宮城のがれきがスローピッチの処理ですまされていいのでしょうか。

●実現不可能もなにも環境省(および検討会)は、広域処理以外は何も検討していないのです。環境省(および検討会)以外の専門家では、例えばこのような検討もされていますので、ぜひとも多角的な検討と最前の対策を講じるよう、私たちと一緒に訴えて頂ければと思います。

●最後に、私は被災地を一番困らせているのは、汚染した廃棄物を放置したままの東電であり、その次は、放射性物質を拡散することを承知の上で広域処理しか考えていない環境省(および検討会)だと思います。汚染廃棄物をめぐる昨今の論調は、汚染食品を避ける消費者を「風評被害」と言って悪者扱いする論調と重なって思えて仕方ありません。本当に被災地を困らせているのは誰か、受け入れを拒んでいる自治体やその住民なのでしょうか?


以上の通り、一見すると向こうが正義の味方でこちらが悪者かのような印象を抱いてしまいがちですが、良く読んで頂くとお分かりの通り、私たちが作成した「Q&A」は、少なくとも具体的なデータを明示したうえで、今のような無策のまま広域処理を進めることは問題だと指摘しています。これに対して相手側は、何ら具体的なデータを示さずに、ただ感情的に「現地が気の毒だ」とか、「汚染は招きにくい」などと主張しているに過ぎないことが分ります。

皆さんも、マスコミ報道のミスリードで誤解した方々から、上記のような質問をされるかもしれませんが、数千億、数兆ベクレルもの大量の放射性物質を、100年以上の長期にわたって封じ込め、安全に管理・処分できるという具体的なデータ提示がない限り、私たちが作成した「Q&A」は間違っていないと自信を持って答えて頂ければと思います。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-13 13:58 | 健康 | Comments(1) <:/p>

計算するんじゃなかった、orz

47都道府県の人口・面積・人口密度のランキング

首都圏土壌調査結果

○東京都
東京都の面積2,187.65平方km

都内の土壌汚染平均レベル30032Bq/平方m

東京都内の土壌にある放射性物質総量:約66兆Bq

○千葉県
千葉県の面積5,156.60平方km

千葉県内の土壌汚染平均レベル62359Bq/平方m

千葉県内の土壌にある放射性物質総量:約323兆Bq

○埼玉県
埼玉県の面積3,797.25平方km

埼玉県内の土壌汚染平均レベル81449Bq/平方m

埼玉県内の土壌にある放射性物質総量:約310兆Bq

○神奈川県
神奈川県の面積2,415.85平方km

神奈川県内の土壌汚染平均レベル19033Bq/平方m

神奈川県内の土壌にある放射性物質総量:約46兆Bq


ダメだこりゃ、orz

平均値が測定サンプルより低いことを祈るしかないが、このマップを見る限りそんなに甘くないだろうなあ。

○文部科学省による東京都及び神奈川県の航空機モニタリングの測定結果について(平成23年10月6日)



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-10 19:57 | 健康 | Comments(0) <:/p>

【転載】C-ラボ(市民放射能センター) 週刊ニュ-ス(2011年11月8日配信)

MLで入手したニュースの転載です。


 測定依頼が次々舞い込み、忙しい毎日です。測定時間が長いものは夜中に測定器を動かし、土日もほぼ休まず動かし続けて、何とか対応している状態。現在、申し込みがあってから約3週間待ちです。

■Topics1 関東の土壌汚染
 長野県南佐久郡の落ち葉から65.4Bq/kg、安曇野市の落ち葉から46.6 Bq/kg(セシウム合計)という結果が出ました。平米当たりに換算すると3千~4千Bq/㎡です。関東はもっとすごくて、練馬区の落ち葉で1280 Bq/kg、土で325 Bq/kg、世田谷区の土で290 Bq/kg、埼玉県羽生市の土で193 Bq/kgが出ています。平米当たりに換算すると、練馬区は21125 Bq/㎡、世田谷区は18850 Bq/㎡、羽生市は12545 Bq/㎡です。政府の航空機モニタリングでは1万Bq/㎡以下とされている地域で、まだら模様に線量の高い地域があるようです。
 東海地方では、愛知県名古屋市、大府市、知多郡、岡崎市、常滑市、豊田市、豊川市、三重県伊賀市、岐阜県本巣市の土を測定しましたが、いずれも不検出(検出限界10 Bq/kg未満)でした。愛知県内で汚染を確認できたのは新城市までです。(渡邉)

■測定うら話
○測定ボランティアの仕事は、検体の準備と測定、後片付けだけではありません。その結果のパソコン入力や依頼者への測定結果の郵送等などの事務作業もやるので、結構忙しく働いています。最初は測定器の周囲に雑然と置かれていた検体や備品がしだいに整理されて使いやすくなり、仕事もはかどるようになってきました。(H)

○測定ボランティアの登録はなんと40人以上になりました。月末に初めての懇親会を企画。どんな人がいるのかな。いろんな情報交換ができそうで楽しみです。(H)

■測定ボランティアのつぶやき
○名古屋市の中心地・オアシス21で開催されている朝市に行ったら、「放射能不検出」と表示されたお米が並んでいました。C-ラボで測定したということなので、「私、そこでボランティアしてます!!」と思わず声をかけて話が弾みました。「検出されないとは思っていたけれど、小さいお子さんを持つ親御さんの安心のために測った」そうです。(M)

○あまり測定に来られないけど、細々ながら続けたいと思っています。(M)


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-10 08:02 | 健康 | Comments(0) <:/p>

想定問答を作ってみた

放射能汚染された災害廃棄物の広域処理に対して、「福島の人はどうなってもいいのか」とか「東京はどうせ汚染されているから岩手の廃棄物を受け入れても問題ない」などの意見が寄せられていますが、みなさん大きな勘違いしていますので「Q&A」を作ってみました。

Q&A(チラシ)

想定問答(回答根拠付き)

原発敷地外に大量に放射性物質が出回ってない場合は、クリアランスレベルを厳守していれば環境への影響はほぼ無視できる程度だったかもしれませんが、これだけ大量の放射性物質を処分しなければならなくなると、濃度ではなく総量で考える必要があるということ。

受け入れが問題なのは災害廃棄物ではなく、それに一緒について来る大量の放射性物質なのです。

【参考資料】

東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理の促進について(平成23年11月2日)

東京都と岩手県の「災害廃棄物処理基本協定」に関する資料(平成23年10月11日:環境局)

東京都と宮城県の「災害廃棄物処理基本協定」に関する資料(平成23年10月11日:環境局)


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-11-09 12:51 | 健康 | Comments(2) <:/p>