「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

<:/p>

◆一宮の一般廃棄物処理場を見学して分ったこと(9/29)

愛知県一宮市にある一般廃棄物の処理場(一宮市環境センター)を見学してきた。

環境省は、放射能汚染された災害廃棄物を普通の家庭ゴミと一緒に全国の一般廃棄物処理場で焼却処分しようと計画しているが、そんなことをして本当に大丈夫なのだろうか。

ゴミ処理の各工程毎に気がついた問題点を上げてみる。

1、収集したゴミは可燃物であることを確認してから「ゴミピット」に集められる。
◎「ゴミピット」は完全には遮蔽されておらず、ゴミの搬入口で大気と繋がっている。
a0008617_1155120.jpg

2、「ゴミピット」に集められたゴミはクレーンで焼却炉に運ばれる。
◎クレーンや炉の投入口にに引っかかったゴミを作業員が手で取り除くこともあるそうだ。
a0008617_11553644.jpg

3、焼却炉から出た煙はフィルターシステムで汚染物を除去した上で煙突から大気中に放出される。
◎フィルターはエアコンや掃除機のような交換式ではなく、機械的なシステムとして構築されており、定期的にメンテナンスして清掃しているそうだ。
a0008617_1155537.jpg

4、焼却炉から出た灰はコンベアにより「灰ピット」まで運ばれる。
◎100%自動ではなく一部の焼却灰は作業員が手で取り扱うこともあるそうだ。(青いプラスチックトレーに注目!)
a0008617_115663.jpg

5、システム全体を「中央制御室」で運転・監視している。
◎排気は法律で定められた基準レベルを守るようシステムで監視しているが、煙突から大気中に出る排気を直接測定していないそうだ。また現状では放射性物質の監視は行っていないそうだ。
a0008617_11561628.jpg

6、「灰ピット」に集められた焼却灰はクレーンで搬出車両に積み込まれる。
◎「灰ピット」も「ゴミピット」同様に完全には遮蔽されておらず、焼却灰の搬出口で大気と繋がっている。
a0008617_1156279.jpg

7、集められた焼却灰は「最終処分場」に埋立て処理される。
◎最終処分場では土壌に汚染が浸透しないよう専用のシート(2cm厚ほど)で保護した上で、雨水などはポンプで吸い上げて浄化してから河川に排出しているそうだ。埋立てた焼却灰の上から土を被せただけで完全に遮蔽しているわけではない。最終処分場は将来公園とかになるそうだ。
a0008617_11563796.jpg


以上が一般廃棄物処理場を見学して気づいた問題点だが、作業員はマスクもせずにゴミや焼却灰と同じ空気を吸っており、このまま一般廃棄物処理場で放射能汚染された災害廃棄物を一般の家庭ゴミと一緒に燃やせば、作業員のガン発生率が急上昇すること間違いなしと思われる。

職員の方に、ここで放射能汚染されたゴミを処理して問題ないか確認したところ、あくまで個人的な意見とことわった上で、最終的にはトップの市長の判断になるが、「技術的に可能」「処理容量に余裕」があれば受け入れざるを得ないだろう、とのこと。

「技術的に可能」かどうか一番よく知っているのは現場の方なので、「安易に問題ないと判断されないよう現場から声を上げて欲しい」と伝えておいた。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-30 11:53 | 健康 | Comments(2) <:/p>

◆有効な土壌汚染測定になるのでは

先日お知らせした市民放射能測定センターでは、わずか¥2000で土壌汚染の測定(検出限界:10Bq/kg)を受け付けている。

開所式案内

測定案内

測定依頼書

愛知県内には、幼稚園、小学校、中学校でおよそ2000校の学校がある。

これで、県内全ての居住エリアをほぼ網羅していると考えられるので、これら2000校のグラウンドの土壌検査を実施すれば、おおよその汚染傾向が判明するのではないだろうか。

¥2000×2000=¥4000000
わずか4百万円なので、測定センターが購入した測定器の値段(5百万円)よりも安い。
1回の測定時間が90分なので、2000回なら昼夜フル回転すれば125日(4カ月)で測定完了、事故後すぐに取り組んでいれば、とっくの昔に完了していたはずだ。

これで県内の居住地域の土壌汚染状況がほぼ把握でき、合わせて学校に子供を通わせている親の不安も解消できると思えば、一石二鳥だと思うのだが、愛知県の教育関係者のみなさんいかがですか。

a0008617_84315100.jpg


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-27 08:43 | 健康 | Comments(3) <:/p>

名古屋市の洪水ハザードマップ(コピー)

洪水ハザードマップの見方

千種区

北区

西区

中村区

守山区

緑区

天白区

港区

南区

瑞穂区

中川区

熱田区

東区

中区

昭和区

名東区

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-20 16:58 | 健康 | Comments(2) <:/p>

◆食品放射能測定ボランティア報告(9/15)

この日は2度目の測定ボランティア。
測定サンプルは、北海道産の「さんま」「さけフィレ」「するめいか」「しじみ」の4点。
結果は、「サンマ」と「さけフィレ」は不検出(検出限界10Bq/kg)
「するめいか」と「しじみ」は測定結果が出る前に終了時間になったので、次回ボランティア時に確認したい。

◎注意が必要な食材の測定データは以下の通り

チダイ(岩手)23Bq/kg
タラ(岩手)94.8Bq/kg
ほうじ茶(静岡産)169Bq/kg
紅茶(静岡産)116Bq/kg

●お茶は予想どおり高い数値だが、タラやタイも注意した方がよい。

◎逆に安全と思われる食材の測定データは以下の通り

かつお(三陸沖)不検出(4.5Bq/kg未満)
さくらます(知床)不検出(4Bq/kg未満)
ほっけ(知床)不検出(3Bq/kg未満)
米(宮城産)不検出(6Bq/kg未満)
玄米(愛知産)不検出(3Bq/kg未満)
玄米(高知産)不検出(4Bq/kg未満)
プラム(山梨産)不検出(3Bq/kg未満)

●戻りカツオは意外と大丈夫かも、北海道も知床方面は大丈夫かな。
米も思っていたほど汚染されていないようだ。


参考:名古屋生活クラブの放射能測定について(9/9更新)

ちなみに、この日は測定サンプルが無くなったので、近くのイオンで買い出ししてきた。
日頃は汚染されてなさそうな食材探しに苦労しているが、今日ばかりは汚染の可能性がある食材を探さなければならない。
で、買ってきたのが次の4品。

1、メグミルク特濃4.5(200Bq/kgが検出されたとネットで噂の牛乳)
2、岩手久慈漁港のさんま(食べて応援しよう東北キャンペーンの企画品)
3、茨城産さつまいも(JAなめがた)
4、岩手産りんご(きおう種)
「早生種で、出回りが9月一杯と短いので、見かけたらすぐに味わうことにしましょう」と書かれているので、今年のものみたいだ。

いずれも自宅用で買うのをためらう品ばかりだが、実際にどのような測定結果が出るか、次回測定ボランティア時に確認してみたい。

a0008617_10255100.jpg


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-19 10:31 | 健康 | Comments(0) <:/p>

◆市民放射能測定センター(通称C―ラボ) 開所式のご案内

以下の案内が来ました。
私は残念ながら仕事で参加できませんが、測定に興味が有る方はどうぞ。

日程:2011年9月25日(日)
時間:開場13時半 開始14時(終了予定時間16時半)
場所:市民放射能測定センター(C-ラボ)(名古屋市西区 名古屋生活クラブ内)
*名鉄犬山線・鶴舞線上小田井駅徒歩30分、東海交通事業城北線比良駅徒歩5分
*名古屋市営バス栄11系統・月縄手バス停徒歩3分 名駅12系統・月縄手又は比良口バス停徒歩3分
*地図

資料代:500円

プログラム

1. 市民放射能測定センターが購入した測定装置の概要と、食品中放射能自主基準の提案
講演:大沼淳一氏(C-ラボ運営委員)

2. 測定機見学
実際に使用する測定機のご案内をします

3. 茶話会
出席者の皆さんと原発事故のこと、放射能汚染のことなど思いを語り合いましょう

連絡先:名古屋市西区比良2-120 名古屋生活クラブ気付(担当:石田)
tel:052-501-0251(平日9:00~18:00)
tnet_sokutei@ray.ocn.ne.jp (C-ラボ直通メールアドレス)

※詳細はこちら

「測定費用」等については、こちらに記載されています。

測定可能核種:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137
検出限界=各30Bq/kg(10分測定※測定時間延長により、各核種5Bq/kg程度まで測定可)
測定費用:検出限界(各核種)
5Bq/kg4000円10Bq/kg2000円
(思っていたより安価な設定です)

ちなみに測定に必要な時間はおよそ以下の通り
5Bq/kg4000円→約360分
10Bq/kg2000円→約90分

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-18 14:45 | 健康 | Comments(0) <:/p>

【備忘録】名古屋~練馬の放射線量測定記録

ガイガーカウンター:SOEKS-01M(遮蔽あり)

a0008617_14212073.jpg


9/9 12:15 名古屋市営地下鉄東山線車内 0.08 マイクロSv/h

9/9 12:45 JR名古屋駅新幹線口(西口) 0.18 マイクロSv/h
報道されていたがやはり名古屋駅西口は高いなあ。

9/9 13:40 新幹線車内三河安城駅 0.11 マイクロSv/h

9/9 14:00 新幹線車内豊橋駅 0.10 マイクロSv/h

9/9 14:20 新幹線車内浜松駅 0.08 マイクロSv/h

9/9 14:30 新幹線車内掛川駅 0.11 マイクロSv/h

9/9 14:45 新幹線車内静岡駅 0.14 マイクロSv/h
お、明らかに上がった

9/9 15:00 新幹線車内新富士駅 0.10 マイクロSv/h

9/9 15:20 新幹線車内三島駅 0.10 マイクロSv/h

9/9 15:25 新幹線車内熱海駅 0.09 マイクロSv/h

9/9 15:40 新幹線車内小田原駅 0.11 マイクロSv/h

9/9 16:00 新幹線車内新横浜駅 0.11 マイクロSv/h

9/9 16:10 新幹線車内品川駅 0.12 マイクロSv/h

9/9 17:05 JR東京駅山手線ホーム 0.08 マイクロSv/h

●報道されていたが0.2までは上がらなかったものの、やはり名古屋駅西口は高かった。また新幹線の車内なので確実なことは言えないが、静岡駅で明らかに上がった以外は名古屋~東京間はどこも0.1前後で安定していた。

●ちなみに、この日は同じく上京中のぽてをさんと東京駅でご対面、と思ったらつなみさんも一緒だったのでちょっとビックリ。先日の議員会館での様子や谷岡議員の面談の様子などを情報交換し、これからもお互い連携して廃棄物問題に取り組んでいくことを確認した。

9/10 0800 練馬区某店室内 0.10 マイクロSv/h
これは名古屋と同じくらい

9/10 0815 練馬区某駅周辺道路沿 0.16-0.19 マイクロSv/h
名古屋の自宅周辺と比べると明らかに0.05くらい高い。

9/10 0830 練馬区某駅周辺室内 0.15 マイクロSv/h
室内でこの数値はちょっとビックリ。掃除と除染でどこまで下がるか。

9/10 08:40 練馬区某マンション植込み 0.21 マイクロSv/h
植込みは要注意‼後で大家さんに伝えよう。

9/10 11:00 練馬区某マンション室内 0.13 マイクロSv/h
掃除と除染前より0.02下がったが、今は洗濯ものを部屋干しして湿度が高めなので、乾けばもう少し下がるかも。

●練馬区の娘のマンション付近は、名古屋より明らかに0.05ほど高かった。またマンションの3階なのに室内が0.15前後と、掃除や除染をしても室外と殆ど変らなかった。多分掃除の仕方が悪いのだろう。

9/11 0830 練馬区某駅周辺道路沿 0.15-0.17(遮蔽なし) マイクロSv/h
今日は遮蔽なしで測ったが余り数値は変わらず。

9/11 0900 練馬区某駅前店内 0.09 マイクロSv/h
エアコンのせいか掃除のせいか、マンション室内より店内の方が明らかに低い。

9/11 0930 地下鉄副都心線池袋駅 0.06 マイクロSv/h
お、これまでで最小値だ。

9/11 0940 地下鉄丸ノ内線池袋駅 0.11 マイクロSv/h
副都心線から丸ノ内線までの連絡通路で0.20に急上昇したが、多分エアコンの影響だと思う。

9/11 0950 地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅 0.09 マイクロSv/h
高いと噂の文京区だが、車内のせいか、それ程高くない。

9/11 1000 地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅周辺 0.15 マイクロSv/h
練馬区と変わらないなあ。

9/11 1010 JR秋葉原駅周辺 0.16 マイクロSv/h

●練馬から池袋経由で秋葉原まで測定しながら移動したが、車内はどこも0.1前後、室外はどこも0.15前後で大きな変化は確認できなかった。

●3日間測定してみて感じたことだが、遮蔽をするとデータが安定する傾向にあるが、遮蔽が無くてもデータが増えることは確認できなかった。また、この機種だけの特徴かもしれないが湿度の影響が非常に大きいと思われ、空調のあるなしで測定データが大きく(0.05くらい)変動するので注意が必要と思われた。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-12 13:53 | 健康 | Comments(0) <:/p>

♪秋葉原で宝探し(9/11)

3.11の事故以降、半年振りに上京することになったので、観光客が減ったと言われる秋葉原の様子を見がてら、久しぶりに「宝探し」をしてきた。

まずは娘のマンションがある練馬から放射線量を測りながら地下鉄で御茶ノ水まで移動。
副都心線のホームは0.06(マイクロSv/h)と最小値だったが、丸ノ内線までの連絡通路で0.20へと急上昇。ちょっとビックリしたが、連絡通路はかなり蒸し暑かったので多分空調が効いてないせいだと思われる。

丸ノ内線では、高いと噂の文京区茗荷谷駅は0.09と普通の数値。御茶ノ水駅で外に出ると0.15、秋葉原もほぼ同じの0.16。
一昨日の品川駅や東京駅の数値を見ても、都内は大体この位の数値で、名古屋の住宅地よりは0.05ほど高いものの名古屋駅西口(0.18)よりは低い値のようだ。

秋葉原界隈の様子について、11時前から15時過ぎまで4時間ほどぶらついた印象では、今日は日曜日で歩行者天国なのに事故前と比べるとガラガラ。シャッターを閉めてる店もチラホラ見かけたので、只の定休日ならいいのだが。
海外からの観光客も激減しており、特に欧米人の姿は殆ど見かけず外国人と思えば中国人ばかり。先日見たニュースでは東京都の観光客数は昨年より30%減らしいので、当然と言えば当然かも知れない。
a0008617_1295187.jpg


肝心のお宝の方だが、4ポートのUSBハブが380円と最安値でゲット。最後の1個だったが、これまで500円を切る商品は見たこと無かったのでラッキーだ。また、P4-2.8GEのCPUと512MBのメモリをいずれも480円で発見したので両方ともお買いあげ。 これも最安値かと思ったら、帰る直前に覗いたソフマップで390円(780円の半額セール)のメモリを発見してちょっとショックだ、orz
a0008617_12131576.jpg

a0008617_12132891.jpg


最後は、歩き回って疲れたので「万世」地下のビアホールでランチビール。秋葉原といえば「肉の万世」が有名だが、ランチタイムは黒エビスの中ジョッキと揚げたてパーコーで660円、とてもリーズナブルでお気に入りの店だ。お土産にはスモークターキー(アメリカ産)を購入。
a0008617_12103095.jpg

a0008617_1210445.jpg


久しぶりのアキバ巡りはそれなりに楽しかったが、はやく事故が収束して以前のような活気有る秋葉原に戻ることを期待してやまない。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-12 12:14 | お薦め | Comments(2) <:/p>

◆民主党原発PT事務局次長との面談リポート

8月に愛知県内で開かれた谷岡議員のトークライブに参加した私たちのメンバーが、災害廃棄物の広域・焼却処理に関する「要望書」を議員に提出し、それを読まれた議員から面談の連絡を頂き、9/8、谷岡議員と直接意見交換をすることができた。

対応してくれたのは「民主党」の原発PT事務局次長を務める谷岡郁子氏。先月、愛知県内で開かれた谷岡議員のライブトークに参加したmasa2006さんが、wakahageさんから預かった「要望書」を谷岡議員に提出し、谷岡議員から、同じように活動しているメンバーも含めて直接皆さんの意見を聞きたいと連絡があり、wakahageさんの呼びかけで今回の面談が実現したというわけだ。

こちらは、wakahageさんに加えてmasa2006さん、オレンジさん、私(あざらしサラダ)の4名、向こうは谷岡議員と秘書の石原氏が対応してくれた。 約束の10時半に大須観音のすぐ南側にある谷岡議員の事務所を訪問する。国会議員の事務所を訪問するなど初めてのメンバーばかりなので全員ちょっと緊張気味だったが、今回の面談の調整をしてくれた石原氏がすぐに中に招き入れてくれたので一安心。

先客との打ち合わせが終わり、休む間もなく谷岡議員が私たちをテーブルに招いてくれて面談が開始。はじめにwakahageさんから先日提出した「要望書」について説明し、続いて私から追加資料について説明する予定だったが、議員からは「要望書は既に目を通しているが、あなた達は私に何をして欲しいのか」との先制パンチ。いきなり予定していた進め方とは違ってしまったが、私たちの要望の中心である「災害廃棄物の広域処理はクリアランスレベル以下にして欲しい」、「受け入れた災害廃棄物は焼却しないで欲しい」をストレートに議員にぶつけた。

それを聞いた谷岡議員からは、放射能汚染された廃棄物は福島に集めて処理した方がよいという考え方は理解できるが、そこに長く住んできて今も帰宅を望んでいる被災者の感情も配慮しなければならない。環境省が広域処理の方針としている8000Bq/kgは受け入れ難いと思うが、311以降の汚染されてしまった現実も受け止めて、1000~2000Bq/kg程度の廃棄物については広域処理しなければ被災地の復興が進まない、との回答。

この回答を聞いた直後は、やはり私たち地域の一住民と国政に直接係わる国会議員では考え方が違うのだろうかと思ったが、それでもめげずに私たちの問題意識や要望を訴え続けると、議員からは、廃棄物処理の技術的な方法論に踏み込むのではなく最終的な要望である環境を守ることに焦点をあてて方がよい、災害廃棄物の受け入れ拒否を全面に押し出すと地域エゴと受け止められかねないので、瓦礫の運搬や作業員の健康問題など受け入れた場合の問題点を整理してどのような対策を取るのか自治体に質問してはどうか、その際、解決すべき問題が多すぎて受け入れできなかった場合の被災地の方々への支援についても合わせて要望していけば、より多くの方々の賛同に繋がるのではないか、との助言を頂いた。

特に、「自筆の手紙を書くと重く受け止めてもらえる」「議員に議会で質問してもらう」「誰も反対できないような要望にする」などのアドバイスは、今後の進め方において反映していきたい。また、「瓦礫処理ではなく他の支援の方法はできないのかというスタンスで」や「真っ向勝負ではなく、別のアプローチもある」など、市民運動の先輩としてのアドバイスも大いに参考になった。

なお、災害廃棄物の処理に関する今後のスケジュールとしては、年内にも広域処理に必要な閣議決定が行われ、年明けには処理が開始されるようになるだろうとの見通しで、残された時間は余りない。

今回の面談でも、議員から私たちの要望が大きく前進するような回答は直接得られなかったが、私たちの要望が政府与党で直接活動している国会議員にも伝わっていること、さらには今後の進め方について一定のアドバイスも得られたので、引き続き地道な行動を進めていくしかない。

この他、原発の最新情報についても教えて頂いたが、関心が有る方はぜひ谷岡議員ご本人に直接ご確認下さい。

【参考】ママグループと意見交換(2011/9/8)
9月8日、先月に行われたトークライブに参加されたママたちのグループの方々と意見交換を行いました。ママグループの心配は放射能を浴びたがれきの処理問題でした。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-12 11:48 | 健康 | Comments(0) <:/p>

◆汚染のバロメータ?

環境省の資料を見ていて気付いたのだが、下の「一般廃棄物焼却施設」の焼却灰の汚染状況って、その地域の環境放射線量や土壌汚染のデータと重なるような気がする。(当然かもしれないが)

●16都県の一般廃棄物焼却施設における焼却灰の放射性セシウム濃度測定結果について

これを見ると、岩手県は一関市や奥州市が高汚染、宮城県はまんべんなく中汚染、山形県は山形市が中汚染、福島県は南会津以外は高汚染に思える。逆に、秋田県や新潟県(南魚沼市を除く)、山梨県、長野県は、比較的汚染が低いような気がする。

こちらは有名な「早川マップ」だが、一関、奥州、日立、那須高原、阿見、守谷など、汚染されている地域の焼却灰は線量が高い傾向にあると言えそうだ。

また、この一般廃棄物の情報と広域処理が計画されている災害廃棄物(下のリンク)の地域を見比べると、災害廃棄物の汚染状況も大凡想像がつくのではないだろうか。

●沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況

これを見ると、宮城県と福島県の災害廃棄物はいずれも汚染が濃厚なので広域処理すべきでないが、岩手県の瓦礫なら比較的汚染も低めのような気がする。
もちろん、最終的には受入れ前にきちんと測定する必要があるが、あくまでイメージとして参考になるのではないだろうか。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-06 11:33 | 健康 | Comments(0) <:/p>

◆災害廃棄物広域処理に関する現状について

●沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況(8/30:環境省)

○岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物は約2,320万トン、2014年3月までに処理完了を目指しており、8月末時点における仮置場への撤去率は約85%(福島県を除くと約90%)。
今後は仮置場の瓦礫処理が課題となるため、政府は災害廃棄物の広域処理を計画中。

●環境省災害廃棄物対策特別本部長協力要請に対するレスポンス(6/17:環境省)

○環境省の災害廃棄物広域処理の協力要請(3/14)に対する各自治体や関連団体のレスポンス。もっと多くの自治体が協力可能と回答していたと思っていたが、廃棄物処理は市町村の事業であるため、現時点で環境省が公式に「協力可能」と認識している市町村は、札幌市や新潟市、川崎市など11市のみの模様。

【参考】東日本大震災に係る災害廃棄物の受入協力について(新潟市)

○他の受入表明した自治体同様、「本市に放射能を帯びた災害廃棄物が搬入される恐れはありません」と市民に公言しているため、現時点では政府が一方的に決定した放射能汚染された廃棄物の広域処理を受け入れるかどうかは不透明。
ちなみに4月の受入表明を撤回した自治体は、これまで岐阜県の大垣市、下呂市、高山市、飛騨市、石川県の金沢市、輪島市、加賀市、能登市など広がりを見せている。

災害廃棄物 受け入れ方針撤回(岐阜県)

がれきの受け入れ待った 放射性物質を懸念(石川県)

【参考】東日本大震災により生じた廃棄物の受入処理へのご協力について(4/8:環境省)

○3/14付の環境省文書は見つからず、こちらは4/8付の協力要請文書。協力要請の理由に「衛生状態の悪化による病気の発生など、二次災害の発生を招く恐れがあり」と記載されているが、放射能汚染された災害廃棄物を広域処理する方が却って「二次災害の発生の恐れ」が増すため、汚染が確認された現状では本末転倒な協力要請といえるのではないだろうか。

*********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-09-02 12:27 | 健康 | Comments(0) <:/p>