<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<:/p>

◆放射能汚染された災害廃棄物の全国処理について

1、はじめに
 
 放射能汚染された災害廃棄物の全国処理について、環境省が有識者とともに検討している「災害廃棄物安全評価検討会」での議論をふまえ、これまでの政府方針および問題点等について整理してみた。
 検討に必要な情報は主に以下のHPで公開されている。(原子力安全委員会など一部は別のHPにリンクしている)
 
◆環境省>東日本大震災への対応

2、「災害廃棄物安全評価検討会」について
 
 5/15に第一回検討会を開催し、7月末までに4回の会議を開催している。以下に、各検討会毎の議事要旨と会議資料、主な議題、検討状況を整理し、これをふまえた政府方針とその問題点について考えてみる。
 
【5/15】第一回災害廃棄物安全評価検討会議事要旨  
○会議資料
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/01-mat.pdf
 
●主な議題:①福島県内の災害廃棄物の当面の取扱い、②福島県内の災害廃棄物の処分方法
 
●検討状況:①「福島県内の災害廃棄物の当面の取扱いについて」(5/2:厚労省、経産省、環境省)は「原子力安全委員会の助言」(4/27)により「妥当」と判断。
②「福島県内の災害廃棄物の処理について(発言メモ)」(5/2:検討会)において、「仮置き場において放射性物質による汚染の状況をきちんと把握し、それを踏まえて処理方法を決めていく」ことを確認。
 
●政府方針:「福島県内の災害廃棄物の当面の取扱いについて」(5/2:環境省)  
○問題点:今回の災害廃棄物にクリアランスレベルを当てはめることは適当でないとしているが、十分な議論が尽くされておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
 
●政府方針:「東日本大震災に係る災害廃棄物の処理指針(マスタープラン)について」(5/16:環境省)  
○問題点:放射性物質による汚染について全く考慮されていない。
 
【6/5】第二回災害廃棄物安全評価検討会議事要旨  
○会議資料
1/8 [PDF:793KB]資料1、2、3
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_1.pdf
2/8 [PDF:2,774KB]資料4-1(1/2)
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_2.pdf
3/8 [PDF:2,662KB]資料4-1(2/2)
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_3.pdf
4/8 [PDF:2,311KB]資料4-2(1/2)
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_4.pdf
5/8 [PDF:2,742KB]資料4-2(2/2)
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_5.pdf
6/8 [PDF:2,151KB]資料5、6、7、8
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_6.pdf
7/8 [PDF:1,204KB]資料9、10、11
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_7.pdf
8/8 [PDF:893KB]参考資料1、2
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/02-mat_8.pdf
 
●主な議題:①災害廃棄物の処理を再開する福島県の市町村、②福島県内の仮置き場における災害廃棄物の放射性物質濃度の測定結果、③福島県内の災害廃棄物の処分方法等
 
●検討状況:①「災害廃棄物の処理を再開する福島県の市町村について」(5/27:環境省)において10町村の処理を再開。②10町村の仮置き場の災害廃棄物の放射性物質による汚染の寄与は極めて低いと判断。
 
●政府方針:「災害廃棄物の処理を再開する福島県の市町村について」(5/27:環境省)  
○問題点:仮置き場に搬入されたものがどの地域から搬入されたか確認することが必要、測定結果のばらつきの要因を検討することが必要(有識者コメント)であるにもかかわらず、見切りで処理を再開している。
 
●政府方針:「東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の影響を受けた廃棄物の処理処分等に関する安全確保の当面の考え方について」(6/3:原子力安全委員会)  
○問題点:クリアランスレベル(10μSv/年)を超えても安全と判断できるとしているが、科学的に十分な検証が行われておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
 
【6/19】第三回災害廃棄物安全評価検討会議事要旨  
○会議資料 1/6 [PDF:152KB]資料1、2
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/03-mat_1.pdf
2/6 [PDF:305KB]資料3
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/03-mat_2.pdf
3/6 [PDF:966KB]資料4
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/03-mat_3.pdf
4/6 [PDF:977KB]資料5-1、2、3
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/03-mat_4.pdf
5/6 [PDF:1,763KB]資料6-1、2、3
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/03-mat_5.pdf
6/6 [PDF:541KB]資料7、参考資料1
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/03-mat_6.pdf
 
●主な議題:①福島県内の災害廃棄物の処分方法等について
 
●検討状況:①「放射性物質により汚染されたおそれのある災害廃棄物の処理の方法」(案)(6/19:環境省)を了承。
 
●政府方針:「福島県内の災害廃棄物の処理の方針」(6/23:環境省)  
○問題点:可燃物を焼却可能としている。また8000ベクレル/kg以下の焼却灰や不燃物を埋め立て可能としているが、科学的に十分な検証が行われておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
 
●政府方針:「一般廃棄物焼却施設における焼却灰の測定及び当面の取扱いについて」(6/28:環境省)  
○問題点:焼却についてはバグフィルターの他に排ガス吸着能力を有している施設が必要(有識者コメント)としているが、科学的に十分な検証が行われておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
 
【7/14】第四回災害廃棄物安全評価検討会議事要旨(未公表)  
○会議資料
1/5 [PDF:464KB]資料1、2、3
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/04-mat_1.pdf
2/5 [PDF:2,592KB]資料4-1
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/04-mat_2.pdf
3/5 [PDF:2,750KB]資料4-2、4-3
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/04-mat_3.pdf
4/5 [PDF:2,493KB]資料5、6、7、8
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/04-mat_4.pdf
5/5 [PDF:3,411KB]参考資料1、2
http://www.env.go.jp/jishin/attach/haikihyouka_kentokai/04-mat_5.pdf
 
●主な議題:①福島県内の災害廃棄物の処分方法等
 
●検討状況:①(未公表)
 
●政府方針:「福島県内の災害廃棄物の処理における一時保管」(7/28:環境省)  
○問題点:
 
●政府方針:「一般廃棄物焼却施設における焼却灰等の一時保管について」(7/28:環境省)  
○問題点:
 
3、問題点のまとめ
 
○今回の災害廃棄物にクリアランスレベルを当てはめることは適当でないとしているが、十分な議論が尽くされておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
○「東日本大震災に係る災害廃棄物の処理指針(マスタープラン)」では、放射性物質による汚染について全く考慮されていない。
○仮置き場に搬入されたものがどの地域から搬入されたか確認することが必要、測定結果のばらつきの要因を検討することが必要(有識者コメント)であるにもかかわらず、見切りで処理を再開している。
○クリアランスレベル(10μSv/年)を超えても安全と判断できるとしているが、科学的に十分な検証が行われておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
○可燃物を焼却可能としている。また8000ベクレル/kg以下の焼却灰や不燃物を埋め立て可能としているが、科学的に十分な検証が行われておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。
○焼却についてはバグフィルターの他に排ガス吸着能力を有している施設が必要(有識者コメント)としているが、科学的に十分な検証が行われておらず、広く国民の合意が得られているとは言い難い。

(8/1一部修正)

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-07-31 21:36 | 健康 <:/p>

◆「未来につなげる・東海ネット」の結成集会に参加してきた

夕べは、福島原発事故が提起した様々な課題について、必要に応じてつながる市民団体「未来につなげる・東海ネット」の結成集会に参加してきたので簡単にご報告。

開場45分前、愛知県内で放射性廃棄物の問題に取り組んでいるメンバー(アイチミライさん、カーネルまげさん、wakahage31さん)と会場前で合流。

何しろ全員が初対面なので、私とカーネルまげさんはお互い目の前にいるのに携帯で話している始末、(^^;)アイチミライさんとwakahage31さんも初対面のはずなのに、こちらは何故だか一緒に登場、不思議だ。

4人揃ったところで、これまでの取り組み状況や周りの反応などをお互いに情報交換。
放射能汚染の被害は3月以降も何も改善されておらず、これからも拡大するだろうとの現状認識で一致。
wakahage31さんは、早速ガイガーで建物内を計測していたが、残念ながら数値を聞きそびれた。まあ驚くほど酷い数値ではないのだろう。

そうこうしているうちに集会の開場時間になったが、すでに会場内は椅子が足りないほど参加者で溢れていて立ち見も出る状態。金曜日の夜と言うことで主催者側は100名程度の参加を見込んでいたらしいが、どうみても150名は超えている。やはり東海地区でも放射能汚染に対する関心の高さがうかがえる。

はじめにチェルノブイリ救援・中部の河田氏による基調講演。

広島や長崎は外部被曝による被害が大きかったが、チェルノブイリと福島は内部被曝による健康被害が中心になるだろうとのこと。ウクライナでは、事故以降に食品の安全基準が強化されたが、日本の暫定基準はウクライナよりずっと甘いのだとか。
私もブログやツイッターで、内部被曝の対策として食品暫定基準の早期撤回と汚染瓦礫の全国拡散処理反対を訴えてきたが、やはり間違っていなかったようだ。

次に、本日の立ち上げに向けて準備してきた岐阜、三重、愛知の各団体からは、挨拶と現状報告があり、中でも岐阜県瑞浪市の(株)無重量総合研究所周辺が高レベル放射性廃棄物の処分場として検討されているという話を初めて聞き、まさに日本版の「100、000年後の安全」を想像して大変ショックを受けた。

最後は、「東海ネット」の目玉である「市民放射能測定センター」について。
本日500万円の測定器が納入されたので、8月からボランティア測定者を募って受け入れ体制の確立や自主基準値の設定などの準備を進め、9月初旬には測定を開始する予定とのこと。私も早速測定ボランティアに応募することにした。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-07-30 19:04 | 政治 <:/p>

【7/29】「未来につなげる・東海ネット」結成集会

福島原発事故が提起した様々な課題、その全部に共同で対処することはできないけれども、それぞれの団体・個人の活動を生かしつつ、情報交換をしながら必要に応じて横につながれるようなネットワーク「未来につなげる・東海ネット」の結成集会が行われるそうです。

日時:7月29日(金) 午後6時半~8時半

場所:名古屋YWCA ビッグスペース
(地下鉄栄駅徒歩5分)

プログラム
基調講演:河田昌東さん(チェルノブイリ救援・中部)
会の進め方の提案
参加各団体からのアピール
資料代:500円

「未来につなげる・東海ネット」の賛同団体には、「放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜」とか「核のゴミから土岐市を守る会」なども合流しており、このブログで取り上げている「放射性廃棄物の拡散防止」にも取り組んで頂けるのではないかと期待している。

また、「放射性廃棄物」と同様に大きな問題である食品汚染についても「市民放射能測定センター」の立ち上げを準備中とのことで、こちらも個人的に大いに興味があるところ。

とりあえず、7/29の結成集会での説明を聞いてみて、上記の目指す方向が同じなら参加を検討してみてもいいと考えている。(集会の報告は後日このブログにて)


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-07-25 10:04 | 政治 <:/p>

6/25:豊川市議会一般質問【放射能の状況と対応】

6/3にツイッターで呟いた冨田豊川市議が、議会での一般質問状況をアップしてくれましたので、ポイントだけご紹介します。

一般質問(とみた潤議員のHP:動画あり)

1、放射線測定状況について
→豊川市経済環境部長の回答
愛知県の測定データ(県環境調査センター:名古屋市北区)
・空間放射線量:0.04usv/h(通常と同じ)
・大気中降下物、水道水:未検出
・浄水場:未検出
・海水浴場:未検出

2、放射性瓦礫の受け入れについて
→豊川市経済環境部長の回答
・環境省協力依頼、受け入れ可能との回答(可燃性廃棄物6500トン/年)
・現行法では放射能汚染された廃棄物は市町村で処理できない
・放射性物質が付着した物については、一定の基準が出され国民の理解が得られるまでは極めて難しい
・国が一定の基準を示した場合は一律に対応したい

3、子供の内部被曝対策について
→豊川市経済環境部長の回答
・校庭の線量は測定していない
・給食の食材は、愛知県産米、県産および輸入小麦、牛乳は県産、農産物は愛知県産と東北以外の物を使用
・水道水は未検出、下水は異常なし

【7/17:追記】
豊川市の回答は以上の通りですが、県産の茶葉や浄水場からもセシウムが検出されており、いくつか問題点がありそうです。

愛知県産荒茶の放射性物質検査の結果について

愛知県企業庁の管理する浄水場から発生する浄水発生土の放射性物質の測定結果について

海水浴場水の放射能測定及び海水浴場砂浜における放射線量測定の結果について

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-07-06 21:01 | 政治 <:/p>