「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<:/p>

◆放射能汚染時代に役立つ情報リンク

このところ、ツイッターで情報収集してばかりで全然更新していなかったので、タイトルの通り役立ちそうな情報のリンクをまとめておく。

1、放射能から身を守る(基本情報)

◆「放射能を正しく理解するために」(添削あり)

「疎開させない」ことを目的とすると、いかに事実が歪められるか。
文部科学省の資料を赤字で添削
元ファイル → http://bit.ly/mw02W7 (1.76MB)
添削者 http://twitter.com/shonowaki
参考→ http://twitter.com/shonowaki/status/70975771736416256
文部科学省 資料「放射能を正しく理解するために」

◆[イラスト]外部被曝と内部被曝をわかりやすく学ぼう

こちらの資料は、大変わかりやすく外部被曝と内部被曝を理解することが出来ます。お父さん・お母さんも、毎日お忙しいと思いますが、放射能の影響に対する知識を身につける必要があります。

◆「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」

こんなにゆるい日本の暫定基準値
これで安全ですか?給食大丈夫ですか?

2、放射能から身を守る(食品)

◆食品の放射能検査データ

厚労省公表の食品の放射性物質検査データからプレスリリース情報の追加を行い検索可能な状態にしたもので、(財)食品流通構造改善促進機構がボランティアで運用しています。

◆放射能ふりかけの状況5/20版

厚労省のPDFデータから4月1日以降のデータを書きだし。基準値以上▲、基準値以下▽、不検出○で表記。何も記号がないところはデータなし。

◆【放射性物質から身を守る】
・放射能汚染食物と飲食系企業
放射能汚染が東北・関東で広がる中で、飲食系企業がどこの産地でどう言う対応を取っているのかについてまとめました。

・外食産業
放射能汚染が関東・東北で広がる中、外食産業の対応や取り扱っている食材や飲料品の産地についてまとめました。

・ファミレス
放射能汚染が各地で進んでしまう中でも、外食はしたいもの。そこでどこを選べば良いかの参考になれば良いと思い、有名ファミレスの産地についてまとめました。

◆水産物の放射能汚染から身を守るために消費者が知っておくべきこと

(続き)

◆過去50年の水産物のストロンチウムのトレンド

◆水産物の放射性セシウム汚染の地理的な広がり

◆【放射能を取り込みにくい食べ物、取り込みやすい食べ物イラスト】

放射能汚染に感受性が低い食材/高い食材のリストを作成しました。

◆関東近辺において入手できる各国料理の食材ショップ(リスト)

3、放射能から身を守る(生活)

◆イラスト付き「放射能を少なくする家そうじ」

「家の水拭きそうじ」は多くの専門家の先生方が推奨している方法です。
水拭き掃除をすると、放射能数値は下がりました。いたって簡単で、単純です。

◆東京圏内の代表的な公園の放射線量マップ

東京圏内の代表的な公園の放射線量マップです。大人(地上高1m)と子供(地上高50cm)を意識して測定しました。

◆体験談★チェルノブイリに学ぶ - 女っぷり向上委員会

4、放射能汚染状況を確認する

◆福島大学原発災害支援フォーラム

福島大学原発災害支援フォーラムは、福島第一原子力発電所の事故災害について議論し、政策提言を行うために、専門の垣根をこえて教員有志により作られた組織です。

◆RadioisotopeWeb

放射能による環境汚染や放射性同位体に関する情報を提供します。また、各地で放射線量を測定して報告します。

◆福島第一発電の放射線汚染の影響

福島第一原発の放射線汚染の拡散状況、累積放射線汚染量、日本国内、近隣諸国、地球規模への拡散状況を見る。過去の原発事故:チェルノブイリ、スリーマイル島の事故をみる。今の福島の退避指示地域の現状を見る。

◆日本共産党 東京都議会議員団|申入れ・談話・声明

東京都内各地の空中放射線量測定結果について

◆3/15~4/1 都道府県別放射線マップ

5、余り大きく報道されていないが全国に放射能汚染が拡散する大問題

◆原発震災がれき全国焼却問題、愛知県版チラシ

◆愛知県資源循環推進課の対応

愛知県資源循環推進課に電話をして現状を聞きました。

◆原子力安全委員会の考え方

東京電力株式会社福島第一原子発所事故の影響を受けた廃棄物処理分等に関する安全確保の当面考え方

◆原発震災廃棄物・広域処理問題まとめ

東日本大震災で出た、放射性がれき(災害廃棄物)の広域処理問題についてのまとめです。

◆ツイッターやってる政治家一覧

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-06-13 11:57 | 健康 | Comments(0) <:/p>