<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

<:/p>

◆拝啓 武田邦彦先生

以下のメールを武田邦彦先生に送りました。
tak@leaf.ocn.ne.jp

本日(4/26)の中日新聞に、
◆がれき受け入れに波紋 「放射能怖い」愛知で苦情殺到との記事が掲載されました。

記事を良く読むと、県に寄せられた苦情は「放射能怖い」ではなくて「放射能を拡散するな」だと思うのですが、至極当然の声だと思います。

というのも、愛知県は福島県の廃棄物受容れを早々と表明したものの、「放射能に汚染されたごみが持ち込まれることはない」と説明するだけで、受容れにあたっての放射能汚染の検査方法や受容れ基準、受容れ後の処理方法など、県民に対して具体的な説明が全くされていないからです。
具体的な検査方法や受容れ基準値を明らかにしないまま、受容れ処理のみ見切り発車で既成事実化する政府や県に対して、県民が行政の不備を指摘しているだけなのです。

ましてや、政府は「原発周辺の汚染が懸念されるがれきを搬出するわけではない」と説明していますが、従来の規制値を無視して子供の被曝基準を放射線職業人なみに引き上げて「安全」と主張するような政府を、無条件に信じろという方が無理です。

武田先生もブログでご指摘されていたとおり、福島原発から放出された放射性物質は、農作物にも川にも瓦礫にも同じように降り注いでいると考えられますが、瓦礫の処理に当たって、農作物や水道水のような厳格な検査が可能とは到底思えません。
ましてや、瓦礫の処理にそんな手間隙や予算をかけるぐらいなら、先生がブログで提案している「クリーン福島」・大作戦に、その予算や知見などのリソースを回すべきだと思います。

放射能汚染された廃棄物処理の問題は、川崎市からはじまってもはや全国的な課題となっています。武田先生は、現在名古屋市の(環境担当)政策アドバイザーだとお聞きしていますので、ぜひとも放射性物質を拡散しない瓦礫処理の提案を名古屋から積極的に発信し、それを全国に展開する流れを作って頂きますようお願いします。

私たちは、その提案が全国に拡がるよう努力したいと思います。

名古屋市民より

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-26 14:04 | 健康 <:/p>

♪3名の専門家

原発事故が発生して以来、情報ソースとしてチェックしている3名の専門家。

●ryugo hayano(ツイッター)
情報開示の見本のようなツイート。

●吉岡律夫(メモ)
危険と安全の双方を科学的に解説している。

●武田邦彦(ブログ)
一般向けに分かりやすく解説している。

恐らく、他にも色々な専門家が重要な情報を発信していると思うのだが、まだたどり着けていない。

追加
●小出裕章(非公式まとめ)

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-23 15:01 | 健康 <:/p>

◆【悲劇】市とマスコミによって悪者にされた川崎市民(川崎市ゴミ騒動の真相)

行政とマスコミ報道を安易に信用してはいけないと言う好例。

先日のブログ「◆市とマスコミが作った「デマ」というデマ?(川崎市のゴミ処理問題)」でもふれたが、本件は誤解した市民が騒いだ騒動などではなく、市とマスコミによって市民が悪者にされた悲劇である。

以下に、時系列でその根拠を説明する。

1、【4月8日】に川崎市が報道発表した資料では、放射性廃棄物の扱いに関して全くふれられておらず、「事前」に検討していた事実を示す情報は一切無い。

4月8日、川崎市は以下の「報道発表資料」をプレスリリースし、それに基づきマスコミ各社は以下のような報道を行った。

●「平成23年4月8日報道発表資料」
「本市では、廃棄物(粗大ゴミ)処理については、中越地震の際、柏崎市の粗大ゴミを列車(コンテナ)で川崎市に移送して処理した実績あり。今回も列車(コンテナ)や船での移送について各関係者と調整を行っていく。」

●川崎市、福島から震災の粗大ごみ受け入れ(4月8日読売新聞)
「市長によると、被災地の粗大ゴミは、貨物列車で運搬し、川崎市内の処理施設で焼却する。既にJR貨物と調整を進めており、月内にも始まる見通し。」

この記事が嘘でないなら、4月8日の時点で市長は「4月中にもゴミの処理を始める」方針をマスコミに表明している。

2、【4月13~15日】ところが、その後4月12日までに市民や市議会議員などから「放射性廃棄物の処理」について適切でないと指摘されたことを受けて、4月13日に急遽「市の見解」を公表し、4月15日の時点では「具体策は何も決まっていない状況」(市民情報室)と当初(4月8日)市長が表明した計画(月内にも始める)を「計画変更」している。

●被災地から発生した災害廃棄物の処理について(4/26)
「災害廃棄物の本市への受入れにあたりましては、災害廃棄物の処理に関する全体的な計画が示された段階で、その計画に基づき、関係自治体とも協議しながら、健康と安全を第一に処理の体制を検討していくこととなります。また、放射能を帯びた廃棄物については、低レベルであっても、移動が禁止されておりますことから、本市で処理することはありません。」

●「放射能ゴミ受け入れるな」川崎市に抗議殺到(4月15日オルタナ)
「阿部孝夫市長が4月7、8日の両日、被災地を訪問した際に廃棄物の処理の協力を表明。同市は2007年の新潟県中越沖地震でも、柏崎市の粗大ゴミを鉄道輸送で受け入れ、無償で焼却処理した実績がある。ただしその処理は国や被災した自治体などと協議した上で行い、「具体策は何も決まっていない状況」(市民情報室)だ。」

市は「放射能を帯びた廃棄物については、低レベルであっても、移動が禁止されておりますことから、本市で処理することはありません」と説明しているが、どうやって測定するのか、またその基準値はいくらかなど、受け入れて処理するために必要な情報は全く明らかにされていない。(検討していないから決まっていないのだろう)

上記のように、放射性廃棄物の処理については解決すべく課題が山積しており簡単なことではない。市長がマスコミに対して「月内にも始まる見通し」と述べた事実が、4月8日の時点では放射性廃棄物の扱いについて全く検討しないまま、受け入れを公表したことを裏付けている。

3、【4月13~15日】さらに、同市の「しまざきよしお」市議がツイッターで「私は昨日(4月12日)見直しを求めました。協議の結果、受け入れは中止となりました。」と、当初(4月8日)は放射性廃棄物の扱いについて全く検討していなかったことを内部告発している。

●しまざきよしお市議のツイッター(4月13日)


●「きちんと説明を」 被災地のごみ処理 市長表明受け市議 川崎(4月15日東京新聞)
市議の一人は「(市議選中に)何も知らされないまま、市長が受け入れを表明したので驚いた。勝手に決めすぎだ」と憤る。「多くの市民が放射能汚染に神経質になっている中で、どこの廃棄物をどういう形で持ってくるのか、きちんと示さなければ、市民の理解は得られない」と苦言を呈する意見が相次いだ。

以上のように、当初は放射性廃棄物について何も考えないまま「月内にもやりましょう」と安易に引き受けた市長の指示を受けて、こちらも何も考えないまま「市で処理します」と報道発表した川崎市。
(もう一度4月8日の報道発表資料をよく見て欲しい。放射性廃棄物の処理について事前検討していれば、4ページの資料のうち3ページにわたって市長の写真を載せるなど、普通ありえないだろう。)

これに対して、市民や市議から「普通のゴミ処理場で放射性廃棄物の処理は問題ではないか」と当たり前の指摘があったため、あわてて「放射性廃棄物の処理は当初から予定していないので冷静に」と「後出しジャンケン」のような弁解をしたのが真相と思われる。

つまり「行政のミス(放射性廃棄物の処理について十分な検討もないまま、処理することだけを先走って公表した不備)を指摘した市民に対して、市が(誤解して苦情したクレーマーが多くて困っている)と責任転嫁しているだけ」なのに、マスコミは揃いも揃って「事実誤認で苦情」などと「デマに踊らされた市民」を強調した報道を続けており、本来は放射性廃棄物の処理について問題提起してヒーローになるはずだった川崎市民が、すっかり悪者に仕立て上げられた悲劇である。

●東日本大震災:川崎、粗大ゴミ受け入れ 事実誤認で苦情2000件超す /神奈川(4月14日毎日新聞)
「川崎市が東日本大震災で大量に発生した木材などの粗大ゴミを受け入れる方針を決めたことを巡り、「放射能に汚染された廃棄物が持ち込まれる」などと誤った情報がネットなどに書き込まれ、市に苦情が寄せられる事態となっている。」
「阿部孝夫市長は毎日新聞の取材に「とんでもない勘違いで腹立たしい。過剰反応しないでほしい」と語った。」

なお、もし苦情が寄せられる以前(4月8日)の時点で、川崎市が放射性廃棄物の扱いについて検討していた事実を示す根拠(資料)があれば、是非提供して欲しい。

それにしても、こうした事実関係を時系列に追わずに記事を書く記者や、平気で市民を悪者にする市長、何も事実確認しないままマスコミ報道を鵜呑みにして市民を批判する市長がいるなど、困ったもんだ。

●熊谷俊人(千葉市長)ツイッター(4月14日)



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-16 11:16 | 社会 <:/p>

◆市とマスコミが作った「デマ」というデマ?(川崎市のゴミ処理問題)

「放射能汚染ゴミ」誤解の苦情

川崎市の阿部孝夫市長が東日本大震災で大量に発生した災害廃棄物を受け入れる方針を表明したところ、「放射能に汚染されたゴミなど持ってくるな」という苦情が市に殺到する事態になっている。市は13日、「放射能汚染が確認された廃棄物を持ち込むことはありません」とする説明をホームページに掲載するなど、対応に追われている。

いや、誤解して当然だろう。
下は4月8日の同じ読売新聞記事。

川崎市、福島から震災の粗大ごみ受け入れ

被災地の粗大ゴミは、貨物列車で運搬し、川崎市内の処理施設で焼却する。
阿部市長は「福島県は地震、津波、原発、風評被害の『四重苦』に苦しんでおり、(福島で育った)自分も身を切られる思い。早期復興に役立てれば」と話した。

4月8日の記事では、「原発」というキーワードが出てくるのに、「放射能汚染が確認された廃棄物を持ち込むことはありません」などと言う説明はどこにもない。

本来、低レベルでも放射能汚染されたゴミは、通常の産業廃棄物とは別に特別な処理が必要。このため、不安に思った方が4月12日に川崎市に問い合わせたところ、市の担当者は「測定して問題のないゴミだけを受け入れる」と回答したとのこと。(私のツイッターにその旨の報告があった)

「測定して問題のないゴミだけを受け入れる」との回答は、「低レベル(基準値内)であれば放射能汚染されたゴミを受け入れて処理する」とも解釈でき、「放射能汚染が確認された廃棄物を持ち込むことはありません」とはちょっとニュアンスが異なるのではないか。

市は13日、「放射能汚染が確認された廃棄物を持ち込むことはありません」とする説明をホームページに掲載。(こういう後出しジャンケンは非常に気に入らないが・・・)

●被災地から発生した災害廃棄物の処理について

もしかすると、あまりの市民の反響に驚いて「放射能汚染が確認された廃棄物を持ち込むことはありません」と方針変更したのかも知れないが、いずれにしても今回の件は当初の市とマスコミによる情報提供不足がいたずらに市民の不安を煽ったために起きた騒動であり、「デマ」とひとくくりにして片づけることには大いに違和感がある。

●当初の川崎市の報道資料

それにしても、市民の最大の関心事と思われる放射性廃棄物について全くふれずに、4ページ中3ページを使って写真を載せるセンスが私には理解できない。
(みんなが放射能汚染に対して敏感になっていることが分かっているのに、どうしてマスコミは放射能汚染されたゴミが含まれるかどうか確認しなかったのだろうか?そちらの方が疑問)

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-14 08:01 | 社会 <:/p>

◆被災児童のホームステイ

1カ月かけ「計画避難」 原発20キロ圏外5市町村

今後、これらの地域から計画的に避難するにあたっては、一時的な子供たちの受け入れ態勢を整備することが急務である。
グーグルから、現時点(4/12)における「東日本大震災による被災児童のホームステイ」に関する情報をまとめてみたが、下記の1府2県2市では到底足りそうにもなく、早急に全国的な拡がりが求められる。

●大阪府
東日本大震災による被災児童のホームステイ希望者の募集

●神奈川県
神奈川県 お子様方のホームステイのご案内

●奈良県
東北地方太平洋沖地震の被災児童・生徒のホームステイ受け入れボランティアを募集します!

●長野県茅野市
被災児童生徒のホームステイ

●石川県七尾市
東日本大震災での被災児童生徒を受け入れるホームステイ家庭を募集しています!

●高知県東洋町長のブログ
当面、数十戸程度ですが、宿舎と食料と衣類とは、無料で提供するつもりです。特に子供を抱えたお母さんたちは、一刻も早く東洋町に避難してください。東洋町は核を拒否し、福祉の町を建設中です。連絡先 0887ー29-3111

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-12 16:20 | 健康 <:/p>

【緊急】◆大人の責任(これだけは止めなければ)

■校庭活動に放射線基準…文科省、福島県に提示へ(読売新聞 - 04月10日 03:19)

以下でも書いたとおり、福島原発による放射能汚染は先の長い取り組みになることは理解できるが、だからといって安易に基準を緩和するのではなく、頼むから基準を守るための方策を検討して欲しい。

◆児童避難準備 提言書(2011年4月8日)

記事では「一部の学校で比較的高い濃度の放射線量や放射性物質が検出されており、体育など屋外活動の実施可否について早期に基準を示す必要があると判断した」として、文科省は「児童生徒の年間被曝(ひばく)許容量を20ミリ・シーベルト」とする方向で検討しているようだが、これは現在の基準値(1ミリ・シーベルト/年)の20倍で、大人(女性)の放射線作業者に適用される基準値と同じである。

(参考URL)

水道水や食品の暫定規制値についても同じことが言えるが、大人の都合を子供たちに押しつけることは、決してやってはならない。

子供たちの健康を最優先に考えて声を上げるのは、私たち大人の責務といえる。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-10 12:15 | 健康 <:/p>

◆児童避難準備 提言書(2011年4月8日)

「震災子ども安心ネット」がとりまとめた福島原発周辺地域における児童避難準備の提案に賛同し、場末の「いちブロガー」ではありますが賛同人として参加することにしました。

◆児童避難準備 提言書(2011年4月8日)

主旨は、福島原発の爆発による放射性物質について、特に放射線に対して感受性の高い子どもたちへの影響を考慮し、子どもたちに安全な生活を保障し、成長や学習の機会が充分に提供されるよう、政府に対して児童の避難に関する提言を行うものです。

福島第一原発が爆発した直後の3/16に書かれた内田樹氏の「疎開のすすめ」では、
『放射性物質への耐性の脆弱な妊婦や幼児を第一とし、次に春休み中の児童生徒学生で、被災地や支援拠点にとどまる喫緊の必要がないものへ西への移動を組織的にすすめる。文科省や厚労省はすでにそのような疎開プランの立案に取り組んでいると私は信じている』
と書かれており、私も同様の期待をしていましたが、残念ながら現時点においてまだ政府から具体的な「疎開プラン」の話は聞こえてきていません。

◆「疎開」のすすめ

一方、福島県が発表している「20㎞~30㎞圏付近環境放射能測定結果(暫定値)」では、飯舘村飯舘村役場の3/15、16:00から3/31、24:00までの半月分のデータを積算するとおよそ6000マイクロシーベルトになり、わずか半月間で「胃のX線集団検診」を10回も受診したことに相当します。

◆もはや犯罪レベル

こうした中、一時はIAEAによる日本政府に対する避難勧告も検討されていましたが、その後の「追加測定の結果、平均値が避難基準を下回った」としてこの勧告も見送られました。しかし、平均値が基準を下回ったからといってもIAEAの避難基準(1000万ベクレル)を大きく上回る2000万ベクレル超の高濃度汚染地域が存在する事実に変わりはなく、周辺に住んでいる方々にとってみれば、自分の生活範囲が60万~2000万ベクレル超のどのレベルか分からず極めて不安な環境におかれたままです。

◆平均値の犠牲者

昨夜の「NHKスペシャル東日本大震災・1カ月原発 事故の行方を検証」で解説していた元原子力安全委員会・元委員長の松浦祥次郎氏らによりますと、福島第一原発から放射性物質の流出が止まるまでには3年から4年、原子炉が安定するまでには数十年の長い時間が必要だろうとのことで、もはや事態の長期化はさけられない見通しにあります。

つきましては、未来ある子供たちにとってこのような不安定な環境を少しでも改善するよう、本提言にご賛同いただける方は、ぜひ本ブログまたは以下までご連絡いただきますようお願いします。

「震災子ども安心ネット」

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-10 09:55 | 健康 <:/p>

◆4/2~4/5の拡散予想(byドイツ気象局)

東京にいる「チビあざらし」のために情報提供
時刻はいずれもUTCなので要注意!
(うまく表示されない場合はSafariで見て)

◆4/2 00:00~4/5 00:00(UTC)(アニメ)

◆4/4 00:00(UTC)

◆4/5 00:00(UTC)

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-02 22:38 | 健康 <:/p>

◆平均値の犠牲者

飯舘村の避難 基準値を下回る

IAEAによると、飯舘村で3月19~29日に採取された15地点の土壌サンプルを測定した結果、ヨウ素131の平均値は1平方メートル当たり約700万ベクレルで、IAEAの避難基準のひとつである1000万ベクレルを下回った。ヨウ素131の半減期は約8日。15サンプルには、60万~2000万ベクレル超の幅があったという。

いくら平均値が避難基準を下回ったからといって、2000万ベクレル超の地点があった(ある)事実に変わりは無いだろう。
(極端なことをいえば、日本全体で平均値を取った結果、福島原発の直ぐそばにいても安全だ、といっているのに等しい)

飯館村に住んでいる方にとって見れば、自分の生活範囲が60万~2000万ベクレル超のどのレベルか分からないではないか。

であれば、せめて属する自治体内で一箇所でも避難レベルのデータが得られたならば、安全サイドにバッファをとって避難勧告を出すべきだと私は考える。

避難した後、もし結果的に大丈夫であっても、結果的に危険だったよりは良いではないか。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-02 18:44 | 健康 <:/p>

♪心機一転

以前の職場を昨日で退職し、今日から心機一転、新しい職場。
といっても「出戻り」なんで結構知った顔ばかり、w
それよりも、7年ぶりに我が家から通勤できるのがちょっと嬉しい。

通勤時間は、これまでとほぼ同じドアツードアで1時間半位だが、始業時間が以前より1時間早いので、その分早起きが必要か。

今日は早速定期を買ったのだが、いつのまにか名古屋地区も首都圏同様、「manaca」というICカードが導入されていた。

a0008617_18594796.jpg


今のところJRでは使えないが、地下鉄と名鉄の両方で使えるのは非常に便利。しかも「PASMO」と違って割引(マイレージ)が付いてくるのが、何でも「お値打ち」を求める名古屋らしくて嬉しい。(「PASMO」の割引はバスだけだからね)

でも6ヶ月定期だと18万円もかかるのに、クレジットカードが使えず現金しか受け付けないってどうなんだろう。もう少しユーザーの身になって考えて欲しいなあとも思うが、この辺が名古屋クオリティなのかも、w

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2011-04-01 19:01 | お薦め <:/p>