「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

<:/p>

△「公」意識はトップダウンこそ重要

a0008617_23451576.gif●「私」でなく「公」の意識を(中日新聞社説:12月31日)
 二〇〇六年が暮れます。振り返れば、あちこちで「私(たち)さえ良ければいい」という自己中心主義が目立つ年でした。あらためて「私」と「公」を考えます。
 「賢い主婦はスーパーで手前に並んでいる古い牛乳を買う」
 日本新聞協会が募集した「新聞広告クリエーティブコンテスト」の最優秀賞に選ばれた作品「エコ買い」の惹句(じゃっく)です。牛乳パックに記したこの言葉の横に説明書きがあります。
 <自宅の冷蔵庫では古い牛乳から飲んでいるのに、スーパーでは新しい牛乳を買っていませんか? 新しいのから売れていくと、そのぶん古い牛乳は売れ残ってしまいます>

○本日大晦日の中日新聞社説は、今の日本社会について次のように警鐘をならしている。
 日本の社会が平等、公平重視から競争、効率優先に変わり、貧困や失業、病気などさまざまなリスクを直接個人に負わせる構造に変質しかけているようです。「小さな政府」政策や規制緩和などの“改革”で、社会保険や補助制度といった安全ネットがほころび始めたからです。
 こういう世の中でいいのですか。「私」中心の生き方は、リスクの個人化と重なって、「私」へのしっぺ返しを招きかねません。社会全体の幸福を考える、新しい「公」の創造と参加が求められます。今年の漢字に選ばれた「命」は、地域と人が支え合ってこそ守られ、輝きます。

 個人的には、この社説の主張に頷ける部分も多いのだが、一つだけ欠けているとすれば、こうしたとりくみはボトムアップではなくてトップダウンが重要ではないかという点である。

○社説では、「電車の中で足を投げ出して座ったり、携帯電話を使ったりする姿はもう日常茶飯です。図書館で借りた本のページや写真を切り抜いたりする被害も増えたといいます。」と社会全体の「公」意識低下を嘆く一方、「会社の利益になるなら何をやってもいいというモラルハザード(倫理観の欠如)も目に余りました。ガス機器メーカー「パロマ」の湯沸かし器をはじめ、エレベーターやシュレッダーなどの不具合が発覚し、製品の安全性を軽視した死傷事故が相次いだのはその例でしょう。」と日本経済を牽引する企業もこうした個人と何ら変わりがないと指摘する。

 にもかかわらず、社会全体の「公」意識を見直す具体的な対応策として、上の引用で紹介した牛乳のように一番最初に市民の行動を例にあげるあたりがどうにも違和感がある。

 そもそも市民の意識が「公」から「私」中心になったのは、やたらに競争主義や効率重視を主張してきた経済団体や、安易に自己責任という言葉を多用してきた政治家達による影響が大きいのではないか。
 ならば、市民の意識を「私」から「公」に変えるのも、ボトムアップではなくてトップダウンでなければいけないのではないか。

○振り返って、この国のトップと言われる方々は何をしているのだろう。

 自らが会長を務めた企業が「偽装請負」を行っていたにもかかわらず、何ら社会的責任をとることなくその地位に留まり続ける前及び現日本経団連会長。
 村上ファンドに多額の自己資金を預けて私腹を肥やしていたにもかかわらず、今も平気でその地位に留まり続ける日銀総裁。
 「小さな政府」を目指して税金の支出を徹底して効率化することが仕事のハズなのに、「効率化」どころか自らの政治資金収支報告書を偽装し、国民に対して十分な説明も行わない前行革担当大臣。

 上げればキリがないのでこの辺でやめておくが、本気で日本社会に「公」意識を取り戻したいのであれば、まずはこうしたトップの「公」意識から変えることが必要だろう。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-12-31 16:05 | 政治 | Comments(0) <:/p>

▲「サラリーマン以外」優遇社会?

a0008617_234641.gif●35キロオーバー…鶴保議員、罰金7万円(読売新聞:12月31日)
自民党の鶴保庸介参院議員(39)(和歌山選挙区)が10月、大阪府内で、制限速度を35キロ超過して乗用車を運転したとして、和歌山区検から道交法違反(速度超過)の罪で略式起訴され、今月20日に和歌山簡裁から罰金7万円の略式命令を受けていたことがわかった。

○記事には長野市内の国道で乗用車を時速95キロ(制限速度60キロ)で運転し、府警河内長野署に道交法違反容疑で検挙された」と書かれているが、60km制限の一般国道を95kmで運転する行為は、もし死亡事故を起こしていれば「危険運転致死傷罪」が適用される可能性が高い悪質な違法行為である。

 このように、酒気帯び運転に勝るとも劣らない危険な行為であるにもかかわらず、鶴保議員は「搭乗時間が迫っていたので、ついスピードを出し過ぎた。今後は襟を正す」との弁解のみで議員辞職など考えていないようだが、国民の代表である国会議員として本当にそれだけで済ませていいのだろうか。

○一方、先の飲酒運転撲滅キャンペーンでは「酒気帯び運転したら一律懲戒免職にすべき」とまで世論を煽ったマスコミまであったのに、今回の報道ではそのような批判を感じさせないが、一サラリーマンと違って権力を持つ国会議員に対しては色々と配慮しているということか。

 このブログでは、飲酒運転則懲戒についてもこれまで「サラリーマン以外には抑止効果にならない」と主張してきたが、今回の例などを見ても本当に今の社会は「サラリーマン以外」優遇社会に思えて仕方がない。

 同じような違法行為を犯しても、サラリーマンは「懲戒解雇」でサラリーマン以外は「反省」で済ます、法治国家として本当にそれで正しいのだろうか。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-12-31 11:56 | 社会 | Comments(0) <:/p>

▽TMの問題っていつの間に「高コスト」に変わったのか

a0008617_2347049.gif●<政府>タウンミーティング衣替え、年度内に再開方針(毎日新聞:12月31日)
政府は30日、廃止を決めたタウンミーティング(TM)に代わる新たな「対話の場」を06年度中にスタートさせる方針を固めた。TMは1回当たりの費用が1000万円を超え高コスト体質が批判を集めたことから、体育館など身近な施設を使用。簡素なイメージを強調し、コストも200万~300万円程度に抑える。

○タウンミーティングが批判された最大の問題は「政府(一部政治家)の都合の良いように世論を操作していた」ことではなかったか。
 いつから批判の対象が「高コスト体質」に変わったのだろうか。

 国として「IT国家戦略」方針を掲げているのだから、予算をかけずに国民の生の声を聞きたいのであればネットを活用するなどして国民の声を拾えばいいと思うのだが、まだ(世論を操作するだけの)準備が整っていないということか、笑。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-12-31 11:03 | 政治 | Comments(0) <:/p>

▼この居酒屋チェーンの管理責任は?

a0008617_23483589.gif●世田谷の22歳女性殺害 那須野容疑者「食事断られもうダメ」と供述(産経新聞:12月31日)
東京都世田谷区のアパートで居酒屋アルバイト、斉藤静香さん(22)が殺害された事件で、逮捕されたバイト仲間の那須野亮容疑者(28)が警視庁北沢署捜査本部の調べに、犯行のきっかけを「食事に誘ったが断られた。ふられて、もうダメだと思った」と供述していることが30日、分かった。乱暴目的で斉藤さんの部屋に侵入したことを既に認めているが、捜査本部は一方的に好意を募らせた那須野容疑者が思いがかなわず、身勝手な犯行を計画したとみて追及する。

○記事には「居酒屋チェーン」と書かれているだけで、具体的な名前が伏せられているが、どうしてだろう。マスコミは、この企業の管理責任を問題視していないのだろうか。

 記事には「働いていた店舗は12月中旬にオープンしたばかりで、更衣室が男女兼用の時期が数日間あり、この間に鍵を抜き取ったとみられる」と書かれているが、男女兼用にもかかわらず施錠できないロッカーを置いていたのだろうか。それともロッカーも置かれていないような状態だったのだろうか。

 いずれにしても、それが事実だとすると今回の犯罪を可能とした背景として、当然この居酒屋チェーンの管理責任も問われてしかるべきと思うのだが、マスコミ各社はどう捉えているのだろうか。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-12-31 10:46 | 社会 | Comments(1) <:/p>

♪2006年の総括

a0008617_2349213.gif●2006年を振り返ってみると、去年に引き続き今年も余りブログを更新できなかった。

○元旦のエントリー(♪2006年、新年のご挨拶。)に、今年の目標として①ネット接続環境を改善する、②エントリー数アップ、③リアルで新たにブロガーの方々とお会いするの三つを掲げたが、ネット接続環境は相変わらずザウルスが中心で、エントリー数は昨年の149件からさらに減って60件とまるで週刊状態で、来年はさらに月刊状態になりそうな勢いである。

 唯一達成できた目標は3番目のみで、先日の「密会」(忘年会)で初めて「彰の介」さんとお会いすることができた。
 こうした結果については、ブログ以前にネット接続時間そのものが減っているから当然といえば当然かも知れないが、この変化の原因については、もう少し詳しく分析すべきかも知れない。

○思えば、2年前に東京での単身赴任を始めてからネット環境が大きく変わったこともあるが、一番影響しているのは仕事の内容やペースが変わったことのような気がする。

 もともと技術系の現場で20年近く同じような(正確には少しずつ変化していたのだが)仕事を続けてきたため、仕事以外の情報に自ら積極的に接していないと世間から取り残されてしまうのではないかという思いがあり、こうしたブログを立ち上げた。

 今は、現場を離れて若干管理めいた仕事をするようになったため、そうした仕事に慣れるのに苦労していることもあるが、仕事がら日頃から多くの情報に接する機会が多いため、自ら情報に接しようという積極性が失われているのかも知れない。

 加えて、出張や残業も以前とは比べものにならないほど増えたので、これまではネット接続していた時間を家事や休息にあてることも多く、時間効率が悪いザウルスでまでブログを書こうとは思わなくなってきている。

○こうした状況をふまえると、以前のようにブログを続けるためには、①自ら情報に接しようとする積極性を取り戻すこと、②そのためにも楽にネット接続できる環境を整備すること、に尽きるのかも知れない。

 そこで、具体的にどのようにネット環境を整備するかであるが、①余り気乗りしないが以前に断念したyahooBBのADSLを引くか、②いつでもケータイでネット接続できるようにauの「ダブル定額」を契約するか、③それとも他にもっと良い方法を探すか。
 いつもここで悩むのですが、よければ皆さんのお知恵をお貸し下さい。

 では、来年も「あざらしサラダ」をよろしくお願いします。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-12-31 10:21 | 無駄話 | Comments(0) <:/p>