<   2005年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

<:/p>

【ニュース記事品質強化月間】△不完全の見本のようなニュース

a0008617_1231262.gif●先生に相談し命名 カラーギャング、少年6人を恐喝などで逮捕(産経新聞:10月25日)
 夜桜を意味する「ナイトブロッサム」と命名したカラーギャングを結成し、恐喝を繰り返したとして、警視庁少年事件課は恐喝などの疑いで、東京都八王子市の私立大一年の男子学生(19)ら少年六人(十六-十九歳)を逮捕した。
 少年らは白い服装で統一して行動する「カラーギャング」で、今年四月ごろに結成。互いを「総長」「部長」などと呼び合っていたという。
 また、チーム名を命名する際には、通学する大学の英語担当の先生からもアドバイスを受けていた。
 調べでは、少年らは今年五月十四日未明、多摩市落合の路上で、神奈川県の大学一年生の男子学生(19)に「何見てる、待てよ、シカトするな」などと因縁をつけ、男子学生から現金約九千四百円を脅し取った疑い。
 少年らは同様の手口で十一件の余罪を自供しており、警視庁で裏付けを急いでいる。

○先日報じられたこのニュース。
 また不良教師が、と読者に思わせるセンセーショナルな見出しが付いているので、てっきり次のようなことを想像してしまった。

学生「おー、センセーよう。俺達今度ギャングを結成するんだけど、一発で相手がビビるようなスゲー名前ねえかなあ?」

教師「それなら”ナイトブロッサム”にしろよ。これならビビって誰でもすぐ金出すぜ」

 これなら確かに批判されて当然の行為かもしれないが、実際はどうだったのだろうか?

 記事には、「また、チーム名を命名する際には、通学する大学の英語担当の先生からもアドバイスを受けていた」としか書かれていないので、もしかするとこうだったのかもしれない。

学生「センセー、夜桜を英語でなんて言うか教えろよ」

教師「そんなことも分からないのか。”ナイト”と”ブロッサム”を使ってよく考えてみろ」

○後者の場合も「英語担当の先生からもアドバイスを受けていた」と書いてもウソではないが、それこそ因縁のようなものだろう、笑。

 では、こういう不完全の見本のようなニュースがどうして平気で全国紙に載るのだろうか?
 おそらく意図的に「教師=悪」という世論を作り出したいのか、そうでなければ記者の能力が低下しているかのどちらかだろう。

 ブログが、こうした不完全なニュースを補完できればいいのだが、そのためにはもっと現場からの情報提供が不可欠だと思う。

【追記】
○今回、ガ島通信さんも同様のエントリーを書かれているが、しばらくはこうした「不完全ニュース」を特集してみようと思う。
 ニュースでは情報が不十分と指摘した部分について、少しでも補強できる方がいらっしゃれば、どうかコメントかTBで情報提供をお願いします。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-29 16:48 | 社会 <:/p>

♪ブログ・ジャーナリズムを読んだ

a0008617_1228692.gif湯川さん高田さんガ島さんのブログで紹介されていた「ブログ・ジャーナリズム ~300万人のメディア」を読んだ。
(ガ島さん、どうもありがとうございます)


○「はじめに」で湯川さんが述べている通り、ブログとジャーナリズムに対するお三方の「認識の微妙な違い」が読み取れて、非常に面白かった。

 湯川さんは、いわゆるアルファブロガーと呼ばれる有名ブログ中心ではなくて、もっとどこにでもあるような普通のブログが一つに集まって新しいジャーナリズムを形作っていくのではないか、と見ているようだ。

 これに対して高田さんは、ブログは一つのツールに過ぎず基本はあくまで社会的な活動にあり、社会活動に結び付かなければ社会に影響力を与えるようなメディアにはならない、と考えているように思えた。

 ガ島(藤代)さんは、三名の中では一番ブログの可能性を評価しているようで、今回の衆院選における自民党とブロガーの懇談会等を例に上げ、すでに社会に影響を与え始めていると受け止めているようだ。

○私の個人的な考えでは、以前にも述べた通り、ブログはあくまで新聞やテレビなど既存メディアを補完するものになるのではないか、と思っている。

 本文で高田さんが述べているとおり、新聞記事を書いている記者やテレビのコメンテーターは、例えば科学的・技術的なことにそれほど精通している訳ではない。

 これは当たり前のことで、専門的な情報については、それらを仕事にしている現場のプロが最も詳しい。
 だから、表面だけをかじった「素人」が無理に限られた紙面に情報を収めようとすると、結果的に間違った情報が記事として紙面を飾ることになる。


 別に学者でなくてもいいから、現場を一番よく理解している専門家がブログを書いて情報を補完することにより、こうした間違いを改めるだけでなく、より詳しい情報を望んでいる読者の要求にも応えることができると思うのだ。

 もちろん、こうした補完情報が本当に正しいかどうかをチェックする役割も必要になるだろう。
 それをブロガー同士でチェックするか、ジャーナリストと呼ばれる方々が調査してチェックするかはまだ見えていない。

○巻末に掲載されている★著者のおすすめブログ★では、藤代さんから「マスコミ報道の疑問点を分析したり、提言したりしています。ブログを通じての円滑なコミュニケーションづくりにも力を入れ、冷静かつ温かみあふれるエントリーに、ファンが多い。人格攻撃はタブー、飲み過ぎの状態でコメント等は書かないなど5つの『ブロガーズ・マナー』を提唱しています」と、大変過分なご紹介を頂きました。

 なかなか、目指すようなブログになっておらず反省することも多々ありますが、どうか今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-29 09:54 <:/p>

▲ゾンビのような「サラリーマン増税」

a0008617_12233289.gif●<政府税調>06年度改正の議論開始 定率減税全廃を提言へ(毎日新聞:10月25日)
 政府税制調査会(首相の諮問機関、石弘光会長)は25日、総会を開き、06年度税制改正の議論を開始した。99年に景気対策として導入した所得税と個人住民税の定率減税は07年の全廃を提言する見通しのほか、国から地方への3兆円の税源移譲を実現する仕組みも議論する。政府は社会保障関係費の増大に対応するため、07年度にも消費税を含めた税制の抜本改革に踏み切る方針だ。06年度改正はその“地ならし”といえ、11月末にまとめる答申は、財政再建に向けた増税路線を明確に示す内容となりそうだ。

○衆院選が終わり、自民党が「いわゆるサラリーマン増税はしない」とあれほど公言していたのがウソのように、サラリーマン層にとっては「痛み」としか思えない増税話が、ゾンビのように次から次へと蘇ってきた。

 前回の記事で紹介した「酒税改正」もその一つと言えるが、先日のテレビの谷垣財務大臣の発言を聞いて唖然とした。
 財務大臣は、所得税と住民税の定率減税については「景気が回復状況にある中、継続する必要性が無くなった」と全廃の方向性を示す一方、同じ小渕政権時に導入された法人税減税については「税率を上げると企業が日本から離れて税金を納めなくなる」ため、元に戻す考えはないと言う。

 少なくとも我が家の家計は、回復状況どころかこの2年間で給与所得が100万円以上減少しているのだが、サラリーマンの家計は本当に回復状況にあるのだろうか。
 以下は「日経」が行った春の賃上げ交渉の結果に関する調査結果である。

●賃上げ率1.58%、2年ぶり前年下回る・最終集計 [2005年5月18日:日経産業新聞]
 日本経済新聞社が17日まとめた2005年賃金動向調査(最終集計、4月22日時点)によると、平均的な賃上げ率は1.58%となり、2年ぶりに前年の上げ幅を下回った。
 中国向け需要の拡大で製造業を中心に業績は回復しているが、IT(情報技術)関連の在庫調整などで収益環境には不透明さもある。人件費の硬直化につながる賃上げよりも一時金(ボーナス)で従業員に報いる企業の姿勢を反映している。
 全産業の賃上げ率は前年を0.04ポイント下回った。賃上げ額は4797円で、前年に比べ109円減少した。一方で、年間一時金の1人当たり支給額は前年比2.91%増の160万9008円で、増額率は前年を0.36ポイント上回った。

○この結果を見ても、やはり一般サラリーマン層の給与所得は回復と言うにはほど遠いのではないだろうか。
 その一方で企業業績の方はというと、以下のとおり「好調」のようだ。

●2005年度および2006年度企業業績見通し[2005年度 第2次予想]
 大和総研では企業業績見通しの改訂(前回2005年6月の2005年度第1次予想に続く、2005年度第2次予想)を行った。
 アナリストの予想を集計注1) 注2)した、金融を除く全産業ベース(業績集計対象310社から金融機関を除いた300社合計=DIR300)の経常利益は、2005年度予想が4.5%増益、2006年度予想が9.4%増益。
 企業業績は、過去3期間(2002年度73.3%増益、2003年度24.7%増益、2004年度24.5%増益)に比べ増益率は鈍化するが、2005年度、2006年度も増益基調を維持、2002年度から2006年度まで5期連続増益が見込まれる。

○企業業績が好調なのは、経営者の成果だけではなくて、多くのサラリーマンが「痛み」に耐えながら頑張ってきたからだと思うのだが、こうした頑張りが全体としての賃上げに反映されないから家計収入は伸び悩んでいる。

 一方で、前回も書いたが取りやすいところから取るだけでなく、収入が伸びているところから取らずに伸び悩んでいるところから取ろうとするから家計支出は増える一方だ。

 こうした「ねじれ現象」を改めようとしないから、余裕が少ない層はますます生活に「余裕」が無くなるのではないだろうか。

 大体、「税率を上げると企業が日本から離れて税金を納めなくなる」というのであれば、そういう企業にこそ自民党が日頃から主張してはばからない「愛国心」を強く訴えるべきと思うのだが。

●愛国心、国防に決意 自民の憲法前文素案判明(共同通信:10月8日)

 とここまで書いたところで、こんなニュースが飛び込んできた。一度解体して出直したらどうだ、財務省。

●<財務省旅費>水増し分1109万円に 113人を処分 [ 10月28日:毎日新聞 ]

 財務省は28日、航空機の割引運賃を使って国内出張したのに、正規運賃などの領収書を添付して水増し請求していた事例が、00年4月~今年8月末の5年5カ月で計579件あり、水増し分が1109万円に達すると発表した。不正に請求していたのは税関、財務局、国税庁などの職員計328人で、減給9人を含め、不正を認識していた113人を処分した。


【10/29:一部修正】
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-28 23:06 | 政治 <:/p>

△「勝ち組」「負け組」はお嫌いですか

a0008617_12174016.gif●先日のエントリー(♪あなたは「勝ち組Iそれとも「負け組」)に、コメントとTBでご意見やご質問を頂いたので、少しばかり補足したいと思う。

○先日のエントリーでは、巷で言われている「勝ち組」「負け組」あるいは「セレブ」などが意味するものについて、もっと身近な問題として考えてもらうため、分かりやすい例をあげてあえて極端な表現を使用した。
 しかし、何も個人の人生観まで重ね合わせる必要はない、と私も考えている。

 私は、dawnさんやひろさんのコメントにあったように、金銭的な尺度だけではなくて、もっと精神的な尺度でものごとを考えるためには、やはり生活にある程度の「余裕」というものが必要ではないかと考えている。

 その意味では、支出が増える一方で所得が伸び悩む中、「第3のビール」を購入してなんとか家計をやりくりしている層と、そんな気苦労などする必要もなく「プレミアムビール」を購入している層とでは、明らかに生活に対する「余裕」が異なると思う。

 今回の酒税改正は、単に取りやすいところから取るというだけでなく、そうした「余裕」の少ない層にターゲットを絞った政策といえるだけに、二重にタチが悪いと思っている。

○にもかかわらず、政界はまだしも財界からも反対の声が聞こえて来ないのはなぜだろうか。

 バブル崩壊以降、多くの企業で人件費の削減が行われ、多くのサラリーマン層に我慢を強いてきたのではなかったか。ならば、多くの社員が困るから止めて欲しいという声が、せめて財界からは聞こえてきてもいいのではないだろうか。
 唯一聞こえてくる反対の声が、「売上が減るから反対」というビール業界の声だけというのはちょっと寂しくないか。

○前回のエントリーは、こうした事実を正面から受け止め、自分たちがどういうポジションに属していて、どう反応すればいいかを考える良いきっかけになると思った。

 ただし、繰り返すがどちらの層に属していても、人生の「勝ち組」「負け組」だなんて一喜一憂する必要がないことは、あえて言うまでもない。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-24 23:46 | 社会 <:/p>

▲中越地震から一年

a0008617_12123753.gif●今日で中越地震から一年が経過した。

○小島さんのブログ記事(新潟中越地震、まもなく一年)でも取り上げられており、テレビも、当時は全てのチャンネルで地震関連の番組が報道されていたが、あれから一年経った今はどうなっているのだろうか?
 そんな今日のテレビ番組欄に注目してみた。

●10月23日(日)の番組表 [地上波/東京/24時間表示]

○これを見れば一目瞭然だが、中越地震関連の番組はNHKの4つに対して、民放各社は日テレとテレビ朝日がそれぞれ一つずつだけである。
 特にNHKは、16時から18時まで2時間にわたって特集番組を組んでおり、民放とは熱の入れようが違うことが分かる。


 一連のNHKバッシングにもかかわらず、私がNHKの番組を評価して受信料を払い続けている唯一の理由は、こうしたところにある。
 こうした番組方針だけは、スポンサーベッタリの民放では、とうてい真似ができないからだ。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-23 18:10 | 社会 <:/p>

♪ゆずの村【再掲】

ゆずの村
●ゆずの村(ぽん酢しょうゆ:馬路村農業協同組合)

○私が生まれた高知の「ぽん酢しょうゆ」です。
 鍋だけでなく生野菜や焼き肉など色々な料理によく合い、一度これを使ったら他の「ぽん酢」は買えなくなります。(笑)

 彰の介さんのブログ記事(無駄論的美食倶楽部(2))にTB。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-23 13:47 | お薦め <:/p>

♪おたまはん【再掲】

おたまはん

●卵かけご飯醤油「おたまはん」(吉田ふるさと村:醤油)

○(株)吉田ふるさと村こだわりの卵かけご飯醤油「おたまはん」。もちろん無添加です。
 卵掛けご飯にお好みの量をかけて、お召し上がり下さい。
 その他にも、卵焼き、冷奴、納豆などにもお使いいただけます。

 島根空港の売店で見かけて、お土産に買って帰ったら、これが大当たり。
 日本の朝ご飯は、やっぱりこれしかない。

 彰の介さんのブログ記事(無駄論的美食倶楽部(2))にTB。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-23 13:45 | お薦め <:/p>

▽他人の懐具合ばかりを批判するとっても「お上品」なマスコミ

a0008617_1330692.gif●5号館のつぶやきさんのブログに(公務員たたきの一環としての教員たたき)という記事がある。
 記事の方にもコメントしたのだが、この件について取り上げていた先日のテレビ朝日の報道について書いてみたい。


○まず驚いたのが、この件にコメントしていたアナウンサーやニュースキャスター、コメンテイターの論調である。
 彼らは、誰ひとり自らの所得や待遇については言及することなく「Aに比べてBは貰い過ぎ」的な批判に終始していたが、「人の懐具合具合ばかり批判しているけど自分達はいくら貰っているの」と疑問に思うと同時に、見ていて非常に「下品」に感じた。

 唯一、江川昭子さんのみが「ニュース等で報じられているダメ教師は一部に過ぎず、多くの真面目な教師は持ち帰り残業や休日返上で一所懸命やっている。そうした仕事量と所得とを多面的に比較しないで一概に貰い過ぎとばかり断言できないのではないか」と反論していた。

 まさにそのとおりで、私の同級生も高校の教師をしているが、彼の実質労働と給料を比べてみても、とても貰い過ぎているとは思えない。

 これについては、5号館のつぶやきさんも以下のとおり述べている。
 私が知っている小中学校の先生は、たとえ月給が国民の平均よりも4万円高かろうが、休日や自宅でまで公用をこなし、給料以上の仕事をしている強い印象があります。もちろん、中には「月給泥棒」と呼ばれるような生活をしている先生もいるかもしれませんがそれはどんな職業にもいるはずで、現場で働いている先生方はどんなに手を抜きたいと思っても、そうそう抜けない状況にあります。あたりまえのように高給取りの重役や社長さんや会長さんなどのように優雅に暮らしている人はいないと思います。
 そんな現場にいる人に対して、彼らよりも遙かに遙かに高い給料を取っていると思われる東京証券取引所会長などという雲の上にいるような人が「お前らの給料は高すぎる」などと良くも言えるなあというのが正直な感想です。

○そういえば、先の総選挙以降、テレビ朝日の公務員バッシングが「快調」な気がしてならないが、おそらくこの影響が多分にあるのではないだろうか。

●公務員給与引き下げ方針伝える 前原民主代表が労組側に (2005年10月04日朝日新聞)
 民主党の前原代表は4日、連合に加盟する官公部門の労働組合「公務公共サービス労働組合協議会」(公務労協)の幹部と会談し、「人件費やさまざまな待遇についても、無駄があれば削っていく」と、国家公務員の給与水準などを見直す考えを伝えた。

 世論を意図的に誘導するのは、NHKよりも民法のほうがお上手なようだ、笑。
 先ほどのエントリーで「勝ち組」「負け組」と書いたばかりだが、「負け組」同士で足の引っ張り合いしている場合ではないと思うのだが。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-23 13:31 | 社会 <:/p>

♪あなたは「勝ち組」それとも「負け組」

a0008617_1220545.gif●一億総「中流」時代は、もはや過去の話。

○社会のあらゆるシーンにおいて「勝ち組」と「負け組」への二極化が着々と進んでいるが、「強き者」には甘くやさしく、「弱き者」には冷たくて厳しい社会の「舵取り」を見ていると、世の方々はまだ『自分は「負け組」ではない』と思い込みたい方が、多いように感じられてならない。

 そんなあなたの「勘違い」を正してくれるのが、財務省が検討を進めている「酒税法」の改正だ。

●第3のビール増税検討=財務省、酒類簡素化へ [ 10月18日 共同通信 ]
 財務省は18日、2006年度税制改正に向けて、原材料や製法によって10分類している酒類を最少で3グループ程度に再編し、酒類間の税率差を縮小する方向で検討に入った。低税率が適用されているビール風味アルコール飲料「第3のビール」への増税と併せて、ビールに対する減税も検討する。

○いやあ、分かりやすい。
 この「税制改正」に腹を立てている方々、そう、あなたは立派な「負け組」と自覚した方がいい。

 だって、「勝ち組」の方々は本物の「ビール」を飲んでおり、「第3のビール」なんてわざわざ好んで飲まないから。
 そして、彼らが飲む「ビール」は安くなるから、反対する必要がない。

 えっ、私?

 もちろん「○○組」に決まっているじゃないか、笑。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-23 08:54 | 社会 <:/p>

▲「偶然」それとも「わざと」?

a0008617_12194046.gif●航空無線の電波が一時停止 混信か、米軍に調査を依頼 [ 10月21日 共同通信 ]
 21日午前11時23分から35分にかけ、千葉県館山市と伊豆諸島の新島、大島にある3カ所の航空無線施設で、電波が次々に一時停止する障害が発生した。

○昨日、こんなニュースが報道された。
 ほとんど注目されない小さなニュースだったが、その前日には、こんなニュースもあった。

●<電波障害>羽田空港周辺の電波リスト提示 国交省 [ 10月20日 毎日新聞 ]
 羽田空港で着陸用距離測定装置が外部からの電波の影響で誤作動し、滑走路が使用できなくなったトラブルで、国土交通省の佐藤信秋事務次官は20日の記者会見で、同空港や周辺の無線施設で使用している電波リストを在日米軍や防衛庁に提示したことを明らかにした。同省は米軍などが使っている周波数を把握していないため、混信に注意するよう求めている。

○これについては、もともとはこの事件が発端のようだ。

●違法電波で羽田空港の50便遅れ 滑走路、約3時間閉鎖[2005年10月17日 朝日新聞]
 17日午前9時ごろ、羽田空港のA滑走路で、着陸機に滑走路までの距離を知らせる「距離測定装置」が異常値を示すようになった。違法な電波の影響とみられ、国土交通省はA滑走路を同11時45分ごろまで閉鎖した。この影響で、日本航空や全日空の着陸便約50便が最大1時間遅れた。
 総務省の調べでは、電波は神奈川県横須賀市の米軍横須賀基地から出ていた可能性があるといい、国交省とともに調査している。同省によると違法電波による滑走路閉鎖は初めて。

○混信に注意するよう申し入れた翌日に立て続けに電波障害が発生するなんて、随分タイミングが良すぎると思うのだが、21日の電波障害は本当にただの偶然なのだろうか?
 もしかすると、たちの悪い「アメリカンジョーク」のような気がしないでもない。

 ちなみに、17日の朝日新聞ニュースでは「違法電波」と書かれているが、実は、米軍が使用する電波については「電波法特例法」により以下のとおり規定されている。
 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約に基づき日本国にあるアメリカ合衆国の軍隊がその用に供する無線局については、電波法(昭和二十五年法律第百三十一号)の規定にかかわらず、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の定めるところによる。

○こんなところにも「日米地位協定」の壁があり、仮に米軍が発した電波が国内法上は違法であったとしても、法律違反として扱うことが可能かどうかは微妙といえそうだ。

 いずれにしても、国民の安全に直結する問題だ。
 関係省庁には、しっかりとした対応を望みたいものである。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-22 16:06 | 社会 <:/p>