「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

<:/p>

☆もう一度安全について考えないか

●<日航機墜落事故>日航社員が御巣鷹の尾根を清掃登山 [毎日新聞 05月28日 19時16分 ]

 520人が犠牲となった日航機墜落事故の現場「御巣鷹の尾根」で、日本航空の社員有志が清掃登山を行ったそうだ。
 清掃登山は、91年から始まり毎年5月下旬に登山道を清掃している。今年は85年に入社した社員が「もう一度、安全について考えないか」と呼びかけ、約60人が参加したとか。


○あの悲惨な事故から早20年が経ちました。
 このところトラブル続きの日本航空を見ていると、事故直後に誓った「二度とこのような悲惨な事故を起こさない」という思いが、もう風化しているのではないかという気がします。
 そうした中、日本航空の社員有志がおこなったこうしたとりくみについては、もっと社会に大きく伝えたいものです。

 ただし、この清掃登山はあくまで有志の個人的なとりくみであり、日本航空という組織としてのとりくみではありません。
 日本航空の社員総数は、グループ全体で見ると5万人を超えるそうで、こうした組織における60人を多いと見るか少ないと見るか、意見が分かれるのではないでしょうか。

 さらに、私としては組織のトップがこうしたとりくみに参加していないことも気になります。
 これで、日本航空という組織全体に「二度と事故を起こさない」という思いが本当に伝えられていくのでしょうか。 

 いくら社員が「安全を見直そう」と思っても、社会全体と組織のトップに安全に対する理解がなければ、必ず安全は低下してしまいます。
 利益の追求や経営の効率化が叫ばれる中、「当たり前」と思われている安全に対してどれだけのコストがかけれらるかが、今の公共交通機関に問われている重い課題ではないでしょうか。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-29 13:48 | 社会 | Comments(1) <:/p>

【企業人の個人的情報発信のメリットについて考える】

●ブログタイプに見る日本のブログブームというもの(FPN:4月28日)

 日本における守秘義務の定義は限りなくグレー。
 日本の「仕事」の定義は、その会社における人格が、私生活の人格ともオーバーラップしているようなところもありますから、この守秘義務のグレーな定義が、自動的にネットでの情報発信に対する後ろめたさにつながっている印象もあります。(中略)
 ただ、個人的には大企業に属していた人間なので、大企業の人にも是非個人情報発信の価値を分かってほしいなぁ、などと思ってしまうわけですが、果たしてこの流れを支援するにはどうすれば良いのでしょうか?


○FPNメンバーの徳力さんのこの問題提起について考えて見ました。

 雪印、三菱、日本航空、JR西日本。いずれも日本を代表する大企業ですが、国民の安全に直結すか事故や不祥事を起こして、企業イメージを大きく落としてしまいました。

 これらの企業に共通する特徴として、組織の中での風通しの悪さが指摘されています。
 「現場」の問題意識が組織のトップに正しく伝わらず、あるいは組織のトップが正しく理解せず、最終的に大きな事故や不祥事へと結び付いたのではないかと言われています。

 ならば、ブログを使って企業人が「現場」から個人的に情報発信することにより、こうした事故や不祥事を未然に防ぐことができないものでしょうか。

 もちろん企業に守秘義務がある以上、個人が発信できる情報は限られるかも知れませんが、ブログを通じて組織の外から問題意識を訴えることにより、風通しの悪さを補えるのではないかと思うのです。

○一方で、こうした不祥事や事故を起こした企業にしてみれば、一度悪化した企業イメージを回復するのは並大抵ではありません。
 ましてや、JR西日本に対する報道を見ても分かる通り、マスコミは、これらの企業に対する悪い情報を取捨選択して伝える傾向にあります。

 したがって、こうした逆風の中では、マスコミに頼ることなく「現場」から積極的に情報発信して、ユーザーの信頼を取り戻すことも必要ではないでしょうか。

 もちろん、こうした「現場」からの情報発信を実現するためには、守秘義務を徹底する一方で匿名性を確保するなど、いろいろと課題のクリアが必要だとは思いますが、「現場」で働く者にしてみれば、居酒屋で愚痴をこぼすよりもブログを書く方が建設的ではないかと思っています。

 まだ、頭の中がうまくまとまっていませんが、
 「現場」にとってのメリット・デメリット
 「組織」にとってのメリット・デメリット
 「社会」にとってのメリット・デメリット
を整理して、もう少しこの問題について考えてみたいと思います。

【5/29:一部修正】
 分かりにくい中途半端な文章と自覚していますので、少しづつ修正していきたいと思います。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-29 13:48 | 私説 | Comments(0) <:/p>

♪泡立ちぐらす


●先日のエントリー(♪ビール工場を見学してきた)で、「泡立ちぐらす」をお土産に買ったことを報告したが、これがなかなかのヒット商品だった。

○写真を見て頂くとお分かりの通り、ビールは別メーカーの黒ビールだが、クリーミーな泡が何とも言えず、このグラスで飲むビールは最高!
 グラスを代えただけで、こうも「味わい」が違うのかと思わずビックリ。
 当分、手放せそうにありません。y(^^)y
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-22 13:47 | お薦め | Comments(0) <:/p>

【ブログの現状(「現実の社会」を意識したコミュニケーション)について考える】

●小島さんのブログ「ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘」からTBして頂いたエントリー(Webサイトの現状)や松岡さんのブログ「すちゃらかな日常」からTBして頂いたエントリー(匿名の心理、実名の心理~暴言の抑止力になるものは?)を拝読し、今回は「ブログの現状」について私なりに考えていることを書いてみたいと思います。

○少し前、某大学の教授をお招きした講演会に参加しました。
 この講演会では「社会的ネットワークの役割」をメインテーマに「人とのつながり」について詳しく説明して頂いたのですが、その中で、教授は渡辺深氏の著書「転職のすすめ」をとりあげて、次のとおり紹介しています。
①社会資本としてのネットワークは、情報経路を構造化し、役立つ情報への接近を可能にしたり、影響力のある他社への接近によって、労働者のキャリア形成において重要な役割を果たす。
②労働者と職業を結びつける就職情報は、労働市場に広く行き渡っているのではなく、社会関係に埋め込まれているので、労働者のネットワークがキャリア形成にとって戦略的な資源となる。
③日本の男性労働者では、強い紐帯が多くの情報や望ましい転職結果をもたらすという傾向がみられた。頻繁に会い、親密度の高い、強い紐帯を形成することが転職において戦略的な資源になることが明らかである。しかしながら、このような強い紐帯を中心にした企業社会は変動しつつあり、全体として「閉鎖型ネットワーク」から「開放型ネットワーク」への移行期にあると考えられる。
④これから重要になるのは、強い紐帯だけではなく、弱い紐帯を通じて結ばれる、自分とは異なる人々、異なる才能をもつ人々、異なる文化をもつ人々との出会いという弱い紐帯がキャリア形成において大きな効果を発揮する時代になるだろう。

○この教授は、あくまで「現実の社会」における「人的ネットワーク」について説明していたのですが、この話を聞いた私は、真っ先に「ブログ」を思い浮かべてしまいました、笑。

 ①で述べられている「役立つ情報への接近」については、もちろんインターネットの普及を避けては語ることが出来ません。
 一方、②で述べられている「社会関係に埋め込まれている」とは、「ネットの社会」ではなくて、あくまで「現実の社会」のことを指しています。
 そして、その「現実の社会」が③で述べられているように「閉鎖型ネットワーク」から「開放型ネットワーク」への移行期にあるというのです。
 このような社会状況をふまえれば、④で述べられている「自分とは異なる人々、異なる才能をもつ人々、異なる文化をもつ人々との出会い」のためには、不特定多数の方々とのコミュニケーションを可能とするブログというツールが大きな役割を果たすのではないか、と私は思っています。

 実際、私はこれまでの自分の交流関係ではありえなかった多くの方々と、ブログを通じて知り合うことができました。そうした方々の中には、メールのやり取りをするようになった方もいれば、実際にお会いした方やこれからお会いする予定の方々もいます。まさにブログというツールのおかげで「弱い紐帯を通じて結ばれる人的ネットワーク」が構築されたと言っても過言ではありません。

 ただし、ブログがこうしたコミュニケーションツールとして機能するためには、ネット上の言論とはいえ、やはり「現実の社会」を意識したコミュニケーションが欠かせないと思いますが、これに対して「ブログの現状」はどうでしょうか。
 このブログがリンクしているだけでも、小島さん大西さんめたかさんガ島通信さん松岡さんのブログで、ブログにおけるコミュニケーションのあり方について語られています。
 しかし、これらの記事に書かれている現状を見る限りでは「現実の社会」を意識したコミュニケーションはまだまだ少ないように思われて、少しもったいないような気がします。

○繰り返しますが、ブログは「自分とは異なる人々、異なる才能をもつ人々、異なる文化をもつ人々」との出会いを可能にする非常に優れたコミュニケーションツールです。
 ただし、これからの時代ますます重要になると言われている「弱い紐帯を通じて結ばれる人的ネットワーク」を構築するためには、ブログにおけるコミュニケーションを「現実の社会」を意識したコミュニケーションへと変えていくことが不可欠だと思います。
 そして、そのための仕組みをブログ全体でどのようにして作っていくのか、私たちブロガーにアイデアが求められているのかも知れません。

【5/22:追記】
 なんか、大層なテーマをつけたわりにはあまり中身がなくてすみません。m(_ _)m
 こちらの、めたかさんの記事と併せて読んで頂くことをお勧めします。
●ネットも「現実」の一部である(at most countable:2005年05月19日)
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-21 13:47 | 私説 | Comments(0) <:/p>

♪がんばってます長岡(2)

●前回のエントリーで長岡土産の事を書いたら、なんと地元長岡の坂牧さんから「山古志」がお勧めとのコメントを頂いた。(どうもありがとうございます)

○残念ながら、コメントを見たのが東京についてからだったので今回は写真の「吉乃川」を買ってしまったが、坂牧さんによると、この「山古志」は「幻の酒」になるかもしれないとのこと。
 長岡駅の売店で売っていたので、今度長岡に行く時はぜひ買おうと思っているが、もし興味がある方はお早めにどうぞ。

 ところで、前回書いた通り出雲崎の状況にも少し触れたいと思う。

 出雲崎は、日本海に面した海側の港町のため、今回の地震では特に大きな被害は無かったようだ。
 町並みは、海沿いの狭い地域に妻入りの木造住宅がひしめいているが、私が訪れた範囲では大きな被害の跡は確認できなかった。

 ただし、町全体では道路の損傷を中心に補修箇所は100箇所を超えているそうで、町の予算(一般会計)に匹敵するほどの復旧作業が予定されているとのこと。
 やはり、見えない所で色々と被害が出ているのだという。

 このように、復旧作業も広範囲で長期にわたることが予想されるため、息の長い復興支援が求められているそうだ。
 地震被害を風化させないためにも、このブログでも機会があるたびに、この話題を取り上げたいと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-19 13:46 | 携帯 | Comments(0) <:/p>

♪がんばってます長岡


●出張で、地震後というより生まれて初めて長岡にやってきた。

○月曜日の朝だというのに、東京発の上越新幹線「とき」はほぼ満席状態。乗客の格好からすると、そのほとんどがビジネス客のようだ。
 越後湯沢を過ぎたあたりから、周りの山々に残雪が見られる。関東より1か月以上戻ったような気温で、薄手の冬物スーツに代えてきて本当によかったと思う。

 今回の出張での訪問先は長岡市と出雲崎町。長岡といえば「酒どころ」。観光ガイドには「美の川酒造」「吉乃川酒造」が紹介されていたが、実際には地元の方の評判を聞いてからお土産に買おうと思う。
 今日これから訪れる予定の出雲崎は、江戸時代には「天領」として繁栄した港町で、今も「妻入り」家屋の町並みが残されているそうだ。

○ところで、長岡市内では地震による家屋の被害はそれほど無かったそうだが、家の中では食器棚が倒れたり風呂場のタイルがはがれたりして、結構大変だったらしい。
 昨日は、長岡から小木ノ城経由で出雲崎に至る国道352号線を通ったのだが、道路のいたるところに陥没や地割れ、崖崩れの跡が残されたままだった。
 道路の復旧は、まだまだこれからという印象を受けたが、このまま梅雨入りを迎えることを考えると、二次被害が起きないか心配である。

 ところで、長岡市は市町村合併により周りの三島町などを統合して新たな長岡市となったそうだが、復旧予算の配分などにも、こうした市町村合併の影響があるのかが少々気になった。
 一方の出雲崎町であるが、こちらは由緒ある「出雲崎」の名を残すために合併の道を選択しなかったと聞いた。
 その出雲崎の様子については、時間があればこの後に追記したい。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-17 13:45 | 携帯 | Comments(0) <:/p>

♪ビール工場を見学してきた


●行きつけのコーヒーショップ(プロント)で招待券をもらったので、今日は東京府中市にある「サントリー武蔵野ビール工場」を見学してきた。

○「サントリー武蔵野ビール工場」は、JR武蔵野線「府中本町駅」から徒歩で約10分歩いたところにある。(駅が随分混んでいると思ったら今日は競馬がある日らしい)
 今日は一人で工場を訪問したため、他の団体の方々と一緒に見学させてもらう。(見学は最低二人からとのこと)

 案内の女性の方の説明を聞きながら、工場内を一週見学したのだが、残念ながら今日は製造ラインを停止していたため、肝心のビール製造過程は生で見ることができなかった。
 1時間ほどビデオを中心に工場内を見学した後、いよいよお待ちかねの試飲タイムである。

 まずは、武蔵野工場で出来たばかりの「丹沢水系モルツ」をピルスナーで頂いたのだが、やはりクリーミーな泡が最高である。
 続いて、「南阿蘇・外輪山水系」「天王山・京都西山水系」「丹沢水系」「赤城山水系」の4種類の「天然水モルツ」を飲み比べ。個人的には「南阿蘇・外輪山水系」が最も美味しく感じられた。
 最後に「プレミアムモルツ」をピルスナーで頂いたところで、そろそろ酔いが回ってきて味がよくわからなくなった。(笑)

 折角なので、お土産に「泡立ちぐらす」と「モルツ」のセット(1000円強)を買って帰ることにする。グラスが違うと、毎日ビールが美味しく飲めるに違いない、笑。

【5/15:追記】
 明日から、出張で長岡&出雲崎に行ってきます。震災後というより初めて訪れる場所です。(地震で崩れている場所も訪問する予定)
 とりあえずは、お弁当を新幹線車内に持ち込まず(笑)、出来る限り現地で食事や買い物をしようと考えています。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-15 13:44 | お薦め | Comments(0) <:/p>

★運転だけに専念して欲しい

●昨日、都内某所でバスに乗ったときの話です。

○そのバスの運転手は、運転している間中ずっと「右に曲がります」「信号待ちで停車します」「段差があるのでご注意下さい」「整理券をおとり下さい」「整理券が曲がっていると機械が読み取らない場合があります」などと乗客に呼びかけていました。

 いや、別にこのアナウンス自体に不満がある訳ではありませんが、バスを運転しながらそんなに他のことばかり気にしていて、肝心の運転が疎かになりはしないだろうか、と非常に気になりました。

 バス会社にしてみると、こうしたアナウンスは乗客に対するサービス向上のつもりかも知れませんが、尼崎脱線事故を契機に公共交通機関における安全の在り方が大きく問われています。

○JR西日本は、未だに「安全を犠牲にした」ことを認めていませんが、例えばこのバス会社が運転手に運転以外の作業を課すことは、確実に「安全を犠牲にしている」と言ってもいいのではないでしょうか。

 もちろん、この運転手にしてみれば会社の方針に従っているに過ぎないわけですが、いざ事故が起きた場合は、この運転手の責任が真っ先に問われる訳です。
 そして、恐らくこのバス会社も運転手に全ての責任をかぶせて、JR西日本と同じように「安全を犠牲にしたつもりはない」などと言い訳することでしょう。

 しかし、本当に安全を犠牲にしないというのであれば、こうしたサービスを付加したければ、車掌を復活させるとか機械に肩代わりさせるなどして、運転手にさせるべきではないと思うのです。
 このバス会社は、運転手にこうした運転以外の作業を課すことが安全を低下させていることについて、もう少し真剣に考えるべきではないでしょうか。

 そして、わたし達ユーザーもバス会社などの公共交通機関にこうした無理なサービスを求めず、「安全に勝るサービスはない」と意識を変えることが必要ではないかと思います。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-15 13:43 | 無駄話 | Comments(0) <:/p>

△書くべきことはあるはずだが?読売社説

●大西さんのブログ記事(よほど書くことがないのかな?読売社説)で、5月13日の読売新聞社説「TBS盗用問題 報道倫理に対する背信行為だ」が紹介されています。

○この社説では、TBSのHP上に掲載されているスポーツコラム「DUGOUT」が、読売新聞やな毎日新聞などの記事やコラムを盗用していたとして、「報道倫理の観点からも非難を免れない」と批判しています。
 これに対して大西さんは、JR西日本の記者会見で暴言を吐いた読売新聞記者の件を例に挙げ、「ジャーナリストにとって盗用は、確かに大きな問題だと思いますが、自社の恥ずかしい行動には何も触れないと言うのはいかがなものか」と問題提起していますが、私も全く同感です。

 確かに、この記者の件については読売新聞は「脱線事故会見巡る不適切発言でおわび」の記事を掲載し、すでに大阪本社の社会部長名でお詫びの談話を発表しています。
 その中で「日ごろから、日本新聞協会の新聞倫理綱領、読売新聞記者行動規範にのっとり、品格を重んじ取材方法などが常に公正・妥当で、社会通念上是認される限度を超えないよう指導してきました。今回の事態を重く受け止め、記者倫理の一層の徹底を図ります」と反省の言葉を書いています。

 しかし、この談話に書かれているように、読売新聞が本当に今回の事態を重く受け止めているのであれば、「報道倫理」について社説でまで取り上げて問題提起すべきテーマは、「TBSの盗用問題」ではなくて自らの報道倫理問題ではないでしょうか。
 私は、自社が「報道倫理」に関する不祥事を起こしているにもかかわらず、わざわざ他社の不祥事を取り上げて批判するこのような読売新聞の姿勢に、「本当に事態を重く受け止めているのだろうか」と疑問を抱いてしまいます。

【5/14:追記】
 書きかけの中途半端な文章をアップしてしまいましたので、以下のとおり追記します。どうも失礼しました。m(__)m

○そもそも、今回のJR西日本の脱線事故に関する報道の問題は、単に一記者の「報道倫理」だけの問題だったのでしょうか。

 前回私がエントリーした記事(☆マスコミ報道への怒り、あきらめ さまざまな声)には多くの方々からTBやコメントが寄せられましたが、それらの意見の多くは『私たちが本当に望んでいる報道は、事故再発防止に役立つ情報であるのに、「問題の本質」とは思えない部分に焦点を当てた報道が続いている』ということではなかったでしょうか。

 そして、マスコミがあのようなゴシップ情報を「視聴者のニーズ」と受け止めているのであれば、マスコミ自身も「利益追求のために安全を軽視している」と批判してきたJR西日本と同じ徹を踏んでいると言えるのではないでしょうか。

 私は、今回のJR西日本報道に限らず昨今の報道内容を見ていると、テレビだけではなく新聞報道までもが「ワイドショー化」しているように思われて仕方がありません。
 読売社説も、せっかく「報道倫理」をテーマに問題提起するのであれば、ぜひともこうした観点からマスコミ全体の報道スタンスが脱線していないか、を問うような問題提起をしてほしいと願ってやみません。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-14 13:42 | 社会 | Comments(0) <:/p>

♪「母の日」と大江戸温泉物語

●GWを利用して、故郷(四国)から母(65歳)が上京中。

○今日は「母の日」ということで、久しぶりの親孝行を兼ねて、お台場にある「大江戸温泉物語」に行ってきた。
 GWも今日が最終日のためか、開館(11時)の20分前に着いたにもかかわらず、10名程度しか並んでいない。結構空いているようだ。

 開館時間になり、まずは受付で入館手続きをする。事前にネットで調べておいた「花コース」(昼食、お土産、巾着付きで¥5000)を頼むが、受付の職員が良く分かっていないらしく、何度も奥に入っては上司に聞いている。(コースの利用者は余りいないようだ、笑)

 受付でロッカーのキーを受け取った後は、全員が更衣室で浴衣に着替えるシステムだ。(館内は専用浴衣オンリーとのこと)
 更衣室を一歩出ると、江戸時代を思わせる町並みが現れ、まるで「千と千尋の神隠し」みたいだ。

 湯屋(大浴場)には天然温泉と書かれており、サウナやジェットバスなど色々な浴槽があるが、露天風呂に入るにはまだ少々肌寒い。
 1時間ほどゆっくり入浴した後は、2階にある「休み処」で一休み。ここにはテレビ付のリクライニングチェアがあり、ゆったり気分で休むことができる。

 今回は頼んだ「花コース」には、1階にある料亭「川長」の「花御前」が付いている。一の膳は、口取りと刺し身に和風ステーキ。二の膳は、天麩羅と味噌汁と漬物に炊込みご飯。いずれもなかなか美味で、これで¥5000なら結構お値打ちではないだろうか。

 今回は5時間ほど滞在したのだが、館内では歌謡ショーなども行われており、今度は子供たちと家族連れでも一日楽しめそうだ。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-08 13:42 | お薦め | Comments(0) <:/p>