カテゴリ:携帯( 5 )

<:/p>

FBのリスト分類にご注意

FBには情報整理用に友達を「リスト分類」する機能があります。

私が4月にA地域からB地域に引っ越したことも有り、この機能を使って友達をA地域とB地域に分類してそれぞれの友達リストに登録したところ、それらの友達に対してFBが勝手に「◯◯さんが◆地域を居住地として追加することをすすめています。プロフィールに追加しますか?」というメッセージを送りつけたそうです。

これは明らかなデマで、私は自分の情報整理用として友達をA地域とB地域にリスト分類しましたが、友達の皆さんに対して「居住地として追加することをすすめた」事実は一切ありません。

皆さん、FBのリスト分類にはご注意下さい。
(今は全てのリストから削除済です)

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2014-09-02 04:46 | 携帯 | Comments(0) <:/p>

◆同じニューズウイークにこんな記事も(備忘メモ)

iPadであなたはもっと馬鹿になる

◆デジタル機器は「人々を解放する」どころか、人間を奴隷化しているだけだと思う。ITジャーナリストにあるまじき発言に思われるかもしれないが、まあ聞いてほしい。
◆私たちがしていないことは? それは「考える」こと。情報を処理してはいるが、考えてはいない。2つは別物だ。
◆私たちの手には、情報伝達の新たなシステムとツールがある。問題は、伝達手段に気を取られるあまり、何が実際に伝えられているかという視点を失ったことだ。


こうした分野の素人である私が読むと「なるほど」とちょっと考えさせられる記事だが、専門家から見るとどうなんだろう。
[PR]

by azarashi_salad | 2010-05-17 06:25 | 携帯 | Comments(0) <:/p>

△ケータイ業界がようやく重い腰を上げた!

●<携帯マナー>電車などで自動オフ 通信事業者が10月開始 [毎日新聞: 08月23日 ]
 電機・通信関連企業でつくる「情報通信ネットワーク産業協会」は、電車や病院内で自動的に携帯電話の電源が切れるシステムなどの検討を始めるそうだ。
 携帯電話のマナー対策として、通話を控えるよう呼びかけるだけでなく、技術的に通話を制限する仕組みを議論するのは初めてだとか。

○このブログでは、携帯電話のマナー問題について、ユーザーの自発的なモラル向上だけに任せるのではなく製造者や販売者が一体となったとりくみが必要だ、と何度も指摘してきたが、どうやらようやく企業側も重い腰を上げたようだ。

 今回の検討では「電車や病院内に入ると自動的に電源が切れたりマナーモードに切り替わるなどの対策が技術的に可能かどうか」について議論されるようだ。
 しかし、携帯電話については①不要な電波を発射することによる医療機器等への影響と、②閉ざされた公共空間にもかかわらず、周りの迷惑を考えずに大きな音(声)を出すこと、の二点が主な問題となっているのだから、これらがしっかりと対策されるのであれば、あえて電源まで切らなくても良いのではないだろうか。

 例えば、地震災害など非常時の情報伝達用として地下鉄内でもラジオが受信できるような整備が進められているが、最近の携帯電話は通話やメール機能だけでなく、テレビやラジオ機能も合わせ持つ機種が増えているため、こうした機能まで失うのは少々もったいないような気がする。

 そこで、現在はあまり活用されていないが携帯電話には電波の送受信を禁止する「オフラインモード」が付いているので、①の「医療機器等への影響」については、電車やバスの優先席付近や病院内などの健康への影響が危惧される場所では強制的に「オフラインモード」になるような仕組みを検討してはどうだろうか。
 その結果、②の「迷惑な(声)」の防止にもつながると思うのだが。

○また、以前にもこのブログに書いたが携帯電話の所有者は全国で6000万人以上とも言われており、これらの全てが「音が出る電子機器」であることを考えると、②の「迷惑な音」については、携帯電話の「モード」に対する考え方を抜本的に見直し、音が出ないモードを「通常モード」にしてはどうだろうか。

 つまり、わざわざ「マナーモード」に設定しろ、などというからみんな面倒に思うのであって、携帯電話というものは「原則として外部に音を出さない電話」という認識が定着してしまえば、随分問題は解決されると思うのだが。

 ちなみに、私はもう随分前から携帯電話を「マナーモード」にしたまま使っているが、これまでのところ、それで困ったことは一度もない。

○なお、上の記事では「強制的に電源を切ると車両内での事件やトラブルで緊急に通報が必要になっても対応できない恐れがある」と指摘しているが、それはちょっと違うのではないかと思う。

 もちろん昨今の治安の悪化などを受けて、こうした緊急通報の必要性が高まっていること自体を否定するつもりはないが、多くの乗客は緊急通報のために携帯電話を所持しているわけではない。

 携帯電話だけにそうした手段を求めると、携帯電話を所持していないときに事件やトラブルが生じた場合は、どうすればいいというつもりだろう。

 逆に、車両内での事件やトラブルに備えて緊急通報手段が必要というのであれば、そのための設備は本来交通機関側が整備すべきであって、ユーザーが個人的に所持している携帯電話に頼るというのは、ちょっと筋が違うと思うのだが。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-08-25 20:41 | 携帯 | Comments(10) <:/p>

♪がんばってます長岡(2)

●前回のエントリーで長岡土産の事を書いたら、なんと地元長岡の坂牧さんから「山古志」がお勧めとのコメントを頂いた。(どうもありがとうございます)

○残念ながら、コメントを見たのが東京についてからだったので今回は写真の「吉乃川」を買ってしまったが、坂牧さんによると、この「山古志」は「幻の酒」になるかもしれないとのこと。
 長岡駅の売店で売っていたので、今度長岡に行く時はぜひ買おうと思っているが、もし興味がある方はお早めにどうぞ。

 ところで、前回書いた通り出雲崎の状況にも少し触れたいと思う。

 出雲崎は、日本海に面した海側の港町のため、今回の地震では特に大きな被害は無かったようだ。
 町並みは、海沿いの狭い地域に妻入りの木造住宅がひしめいているが、私が訪れた範囲では大きな被害の跡は確認できなかった。

 ただし、町全体では道路の損傷を中心に補修箇所は100箇所を超えているそうで、町の予算(一般会計)に匹敵するほどの復旧作業が予定されているとのこと。
 やはり、見えない所で色々と被害が出ているのだという。

 このように、復旧作業も広範囲で長期にわたることが予想されるため、息の長い復興支援が求められているそうだ。
 地震被害を風化させないためにも、このブログでも機会があるたびに、この話題を取り上げたいと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-19 13:46 | 携帯 | Comments(0) <:/p>

♪がんばってます長岡


●出張で、地震後というより生まれて初めて長岡にやってきた。

○月曜日の朝だというのに、東京発の上越新幹線「とき」はほぼ満席状態。乗客の格好からすると、そのほとんどがビジネス客のようだ。
 越後湯沢を過ぎたあたりから、周りの山々に残雪が見られる。関東より1か月以上戻ったような気温で、薄手の冬物スーツに代えてきて本当によかったと思う。

 今回の出張での訪問先は長岡市と出雲崎町。長岡といえば「酒どころ」。観光ガイドには「美の川酒造」「吉乃川酒造」が紹介されていたが、実際には地元の方の評判を聞いてからお土産に買おうと思う。
 今日これから訪れる予定の出雲崎は、江戸時代には「天領」として繁栄した港町で、今も「妻入り」家屋の町並みが残されているそうだ。

○ところで、長岡市内では地震による家屋の被害はそれほど無かったそうだが、家の中では食器棚が倒れたり風呂場のタイルがはがれたりして、結構大変だったらしい。
 昨日は、長岡から小木ノ城経由で出雲崎に至る国道352号線を通ったのだが、道路のいたるところに陥没や地割れ、崖崩れの跡が残されたままだった。
 道路の復旧は、まだまだこれからという印象を受けたが、このまま梅雨入りを迎えることを考えると、二次被害が起きないか心配である。

 ところで、長岡市は市町村合併により周りの三島町などを統合して新たな長岡市となったそうだが、復旧予算の配分などにも、こうした市町村合併の影響があるのかが少々気になった。
 一方の出雲崎町であるが、こちらは由緒ある「出雲崎」の名を残すために合併の道を選択しなかったと聞いた。
 その出雲崎の様子については、時間があればこの後に追記したい。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-17 13:45 | 携帯 | Comments(0) <:/p>