「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スポーツ( 7 )

<:/p>

◆編集の可視化(思い込みも結構危険)

◆ミクシィで、先日の世界フィギュアを放送したフジテレビの映像で意図的な編集行為があったとの情報が流れていたので、あらためてネットで流れていたライブ映像とフジの放送とを見比べてみた。

その結果、分かったことは以下の通り。

1、フリー演技の映像(4分間)はどちらも同じで編集していない。
これは私も意外だったので、思い込みに反省したい。

2、演技終了後の歓声や観客のクローズアップが異なる。
ライブの映像では歓声はそれほど大きく聞こえず、スタンディングオベーションも余り映っていないが、フジの放送では歓声が大きく聞こえ、スタンディングオベーションしている一部の観客をクローズアップしているように見える。

3、キス&クライで点数が出るまでの間に放送していたリプレイが異なる。
ライブ映像では転倒シーンが2回放送され、特に2回目はスローで長めの映像だったので、もしかするとこの印象が強く残っていたのかもしれない。フジの放送では、2回目のリプレイの代わりにキム・ヨナ選手のアップが放送されていた。

以上の通り、歓声や観客のズーム、失敗シーンのリプレイの違いなどは、意図的な編集と思えなくもないが、「捏造」や「情報操作」と大騒ぎするほどの編集行為は認められなかった。

それよりも、こうしたマスコミによる編集行為の可視化が少しずつ可能となってきたことを、私たちがどう評価していくかが問題ではないかと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2010-04-03 13:31 | スポーツ | Comments(1) <:/p>

△姑息な見出しのつけ方

a0008617_9384235.gif●小泉首相、夏は米で野球観戦? ジュリアーニ前NY市長が招待(産経新聞) - 3月14日

 折しもワールド・ベースボール・クラシック(WBC)二次リーグの米国戦で日本が“疑惑の判定”で惜敗した直後。首相は同日夜、首相官邸で記者団に「珍しいね。相撲の判定より難しいんじゃないかな」とポツリ。ジュリアーニ氏の訪米要請には「今後、国会の状況を見ながら検討していきたい」と語った。


○前回のエントリーでも取り上げたとおり、この日は日本中があの「疑惑の判定」に関心が高まっており、日頃から「アメリカのポチ」と揶揄されている小泉首相がどのような発言をするか注目されていた。

 テレビでは、どうやら「相撲の判定より難しい」なんて訳の分からない発言をしたことが伝えられていたので、yahooニュースで確認してみると、上の記事を発見した。
 ただし、この見出しから記事中に首相発言が書かれていることを想像することは難しく、見出しの付け方で編集する側の意図が分かると言われるが、さすがは産経新聞、随分姑息な見出しをつけたものだなあと思う。

 先に書いた通り、この日は日本中が小泉首相の発言に注目していたのだから、普通に考えると次のような見出しと記事になると思うのだが。

●「相撲より判定難しい」 首相、WBCの米国戦で by 共同通信社

 小泉純一郎首相は13日夜、野球の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグの米国-日本戦で、日本が審判員の判定変更で勝ち越し点を逃したことについて「(飛球を)取った方と(三塁走者が)スタートしたのが同時だからね。相撲の判定より難しい」と述べた。
 首相は「いい試合で勝てそうな状況だった。日本もよくやるなと(思った)」と今後の健闘に期待を込めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。


○ところで、上の記事を見るとこのニュースはどうやら共同通信の配信だと思われるが、yahooでもエキサイトでもこのニュースは掲載されておらず、唯一この配信記事を掲載していたのがMLBのサイトだけだったというのが何とも興味深い。

 マスコミ各社は、かつての「痛みに耐えてよく頑張った」のような、首相の支持率アップにつながりそうな発言のときはこぞって記事を掲載するのに、今回のように、もしかすると支持率低下につながるかもしれないような発言のときは記事にするのを遠慮している、と思われても仕方がないのではないだろうか。

【3/19:追記】
 やっぱりというか、案の定こちらはyahooニュースに掲載されていた。
 しかし、こんな見え見えなことをするんだ、笑。

●「負け組」もあきらめないで=WBC準決勝進出を歓迎-小泉首相(時事通信) - 3月17日
[PR]

by azarashi_salad | 2006-03-18 09:05 | スポーツ | Comments(2) <:/p>

▼いくら一流選手を集めても審判が三流ではねえ

a0008617_937299.gif●日本、米にサヨナラ負け WBC2次リーグ開幕 [ 03月13日 共同通信 ]

【アナハイム(米カリフォルニア州)12日共同】野球の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は12日、2次リーグが開幕し、当地での1組第1試合で日本は優勝候補の米国に3-4でサヨナラ負けした。


○まあ、この件についてはタイトル以上でも以下でもないのだが、笑。

 ただし、アメリカのマスコミ各紙で今回の判定に批判的な報道が目立っていることは、評価してもいいのではないだろうか。

●判定変更に批判的 WBC日米戦で米各紙(共同通信 3月13日)

 【ニューヨーク13日共同】野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグの米国-日本で、西岡(ロッテ)のタッチアップでの生還の判定が覆ったことは、13日付の米各紙でも取り上げられ、判定変更に批判的な論調が目立った。


○もし立場を変えて、日本に有利な判定だった場合、日本のマスコミ各社はどのように報道したのだろう。
 自信をもって、客観的に報道したと胸を張れるマスコミはどのくらいあるだろう。
 意外と、審判が判定したらそれに従うのがルールである、のようなご都合報道をしたりして、笑。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-03-13 23:37 | スポーツ | Comments(0) <:/p>

▲「勝って当然」的報道が最大の敗因かも

a0008617_9351453.gif●<フィギュア>浅田真央、得意ジャンプでミス 世界ジュニア [ 03月10日 毎日新聞 ]

 9日行われたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子フリーで、大会2連覇を狙った浅田真央(グランプリ東海ク)は得意のジャンプでのミスが響き、2位に終わった。ショートプログラム(SP)では鮮やかに決めたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になり、終盤のジャンプでもミス、SP2位からの逆転優勝はならなかった。


○フィギアスケートの世界ジュニア大会で、2連破を期待された浅田真央選手が惜しくも敗れた。
 負けたことは自体は残念に違いないが、早いうちに負けることを経験して次のステップにつなげるためには、今回の敗戦は真央ちゃんにとって貴重な経験になったことと思う。

 ところで、記事には「体調には問題がなかった。モスクワ、北京などシニア大会では挑戦者の立場で臨んだが、ジュニアの大会では守りに入ってしまった」との山田満知子コーチの分析が紹介されているが、敗因は果たしてそれだけだろうか。

 実は、このところスポーツで同様の現象が続いている。

●<カーリング>「チーム青森」後輩の中学生に敗れる波乱 [ 03月10日 毎日新聞 ]

●米がカナダにまさかの敗戦!王ジャパンに勝機到来 [ 03月09日 夕刊フジ ]

○これらは、いずれも「勝って当然」と思われていたチームがよもやの不覚を取ったケースとして報じられているが、先に紹介した浅田選手のケース同様、試合前から「勝って当然」的な報道が繰り返されており、それが選手に必要以上のプレッシャーを与えたことは想像に難くない。

 もちろん、試合でたたかう選手にはそうしたプレッシャーに打ち勝つことが求められるわけだが、トリノオリンピックの成績に対して「しっかり敗因分析せよ」的な報道をしているマスコミ各社は、自らの報道が原因で成績を悪くしているかもしれないことについて、しっかり分析しているのだろうか。

 スピードスケートの加藤選手やアルペンスキーの佐々木選手、スノーボードの成田、山田選手など、大会前にメダル候補と言われていた多くの選手が、本来の実力を充分発揮することができずメダルを獲得することができなかった。
 私は、マスコミの「勝って当然的報道」がなければ、もしかするともう少し成績がよかったのではないかと考えているのだが、マスコミ各社は「もしかすると自分たちの報道にその一因があるかもしれない」と考えるようなことはしないのだろうか。

 一方、「勝って当然」的な報道(というか本人の発言)が繰り返されているにもかかわらず、実際に勝ってしまうボクシングの亀田選手はすごいとしか言いようがないのだが、こちらはあのキャラクターが災いしているのか、一見勝利をたたえた報道をしているものの、その裏では「負けたら思いっきり叩いてやる」的な印象を受けるのは私の気のせいだろうか、笑。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-03-12 09:30 | スポーツ | Comments(4) <:/p>

♪クールじゃない荒川選手も素敵です。

a0008617_11573671.gif●mixiで猫手企画さんから教わった荒川選手の帰国後初の公式メッセージ(■ありがとう p(^o^)q)を見ました。

○荒川静香選手と言えば、トリノオリンピックで日本女子フィギアスケート初の金メダルを獲得し、おそらく今日本で最も注目されているであろう女性ですが、メッセージの文章から受ける印象は24歳の「普通の女の子」そのものです。

 「クールビューティー」と呼ばれる落ち着いた雰囲気の荒川選手も魅力的ですが、このメッセージのような暖かみを感じさせる荒川選手も素敵ですね。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-03-04 17:17 | スポーツ | Comments(0) <:/p>

♪クリスマスプレゼントは誰の手に

a0008617_13295192.gif●<フィギュア>女子SP トップ荒川、2位村主、浅田は3位 [ 12月24日 毎日新聞社 ]
 フィギュアスケートのトリノ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日の24日は、東京・代々木第1体育館で女子ショートプログラム(SP)、アイスダンスのオリジナルダンス(OD)、男子フリーが行われた。代表枠3を争う女子は、04年の世界チャンピオン、荒川静香(プリンスホテル)がほぼ完ぺきな演技を見せ68.76点でトップ、村主章枝(avex)が2位につけた。グランプリ(GP)ファイナル優勝の浅田真央(グランプリ東海ク)はジャンプでミスして3位スタートとなった。4位に恩田美栄(東海学園大職)が入り、中野友加里(早大)が5位、安藤美姫(中京大中京高)は6位。

yodaway2さんも絶賛していた全日本フィギュアの女子SP。
 私もテレビで観戦していたが、とてもハイレベルですばらしい演技だったと思う。

 浅田選手と安藤選手が若干のミス(私のような素人は気がつかなかったが、笑)があったそうだが、トリノ候補として有力視されている6人の選手たちが、それぞれベストを尽くしたといっても良かったのではないだろうか。

 今日はクリスマス、サンタクロースからプレゼントを貰えるのはどの3選手か。
 今夜も全日本フィギュアから目が離せない。

a0008617_13301285.jpg○ところで、昨夜は名古屋に帰らず東京でイブを過ごしたが、いつも買い物に出かける元住吉(川崎)の「ブレーメン通り商店街」も、写真のようにデコレーションしていて、クリスマスムードいっぱいだった。

 「東京ミレナリオが今年で見納め」ということなので、今夜は写メールでも撮って名古屋まで送るとするか。
(フィギュアに間に合うように帰らないとね、笑)

a0008617_15273319.jpg【追記】
・16時現在、丸の内はすごい人が並んでいる。ちょっと後悔。
・17時過ぎにイルミネーション点灯、丸の内から有楽町まで30分弱歩く。
・フィギュアの結果はネットで見てしまったが、テレビ放送に間に合うように帰るとする。(途中で元住吉の焼鳥屋に誘惑されなければ間に合うはず)
・焼鳥屋の誘惑に負けたけど、真央ちゃんのトリプルアクセル2連荘には間に合いました、笑。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-12-25 13:38 | スポーツ | Comments(0) <:/p>

♪褒めていいのか、苦笑い

●<女子ゴルフ>横峯が首位、2位に宮里 スタジオアリスOP [毎日新聞 04月08日 19時58分 ]

 女子ゴルフのスタジオアリスオープン第1日は、ツアー初勝利を狙う横峯さくらが3アンダーで単独首位に立ったそうだ。
 前日に体調不良を訴えた横峯選手は、38度を超える発熱のため病院で点滴を受けての強硬出場だったとか。

○高熱で体調が万全でないにもかかわらず、初日にトップの成績を残した横峰選手の活躍は素晴らしいと思います。
 しかも、今朝のテレビ報道によると横峰選手は、インフルエンザで39度の高熱があったのを点滴で37度にまで押さえての強行出場だったそうです。

 こうしたニュースに対しては、「すごいですねえ」「頑張りましたねえ」と、彼女の行動をほめる報道が多いと思いますが、今朝の日本テレビニュースでは、最後にキャスターの方が「インフルエンザですか、ちゃんとマスクはしていたのでしょうね?」と発言していました。

 私は、ゴルフも医療もそれほど詳しくないのですが、このキャスターと同様、今回のニュースでは横峰選手のゴルフの成績よりも、どちらかといえば彼女のインフルエンザがキャディーさんや他の出場選手に感染していないか、の方が気になりました。(笑)

○そこで、折角なのでネットでインフルエンザについて調べたところ、インフルエンザは症状が出てから3~7日間はウイルスを排出するため、人が多く集まるところは避けてマスクを着用するなど、周囲の人にうつさないような配慮が求められるのだそうです。

【参考】●インフルエンザQ&A

 う~ん、思いっきり注意事項に反しているようですが、横峰選手大丈夫ですか。(笑)

○ただし、こうした注意事項はなにもスポーツ選手に限ったことではなくて、私たちが普段から気にかけていなければならないことだと思います。
 自分も、つい「風邪ぐらいで仕事を休めないから」と考えがちですが、やはり周りの方に迷惑を欠けていたのだなあと反省しきりです。

 ということで、今回のニュースを「他山の石」として、今度からは「休む勇気」を持ちたいと思います。
(本当は、日頃から健康管理に気を付けて、病気にならないように心がけることの方が重要なのでしょうが)
[PR]

by azarashi_salad | 2005-04-09 13:27 | スポーツ | Comments(0) <:/p>