カテゴリ:国際( 4 )

<:/p>

◆光合成する人間?

◆インドの行者、70年間飲まず食わずで生存

◆インドで70年間を何も食べず、何も飲まずに暮らしたと主張する83歳の男性が現れ、2週間にわたってこの男性を調べた軍の研究機関の医師たちを驚かせている。
◆医師は、「ジャニさんが食べ物や水からエネルギーを得ていないのなら、彼の周りのエネルギー源からそれを得ているはずで、太陽の光がその一つだろうか」と述べている。


事実ならまさに「光合成をする初めての人間」ということになるが、ぜひ大槻教授と対決して欲しいものだ、w

個人的には、「2週間にわたってこの男性を調べた軍の研究機関の医師たち」に秘密が隠されているような気がするが、情報の発信源が「PTI通信」ということで、こちらの可能性もあるかな。

こうした夢のあるニュースは楽しい事には違いないが、今日はエイプリルフールじゃなかったよなぁ。
[PR]

by azarashi_salad | 2010-05-16 12:46 | 国際 <:/p>

◆ブログと災害報道

a0008617_0241954.gif
●<スマトラ地震>死者は10カ国で2万2000人以上に(毎日新聞) - 12月27日
 インドネシアのスマトラ島沖で26日に発生した大地震によるインド洋津波の被害は27日午後になってさらに拡大し、ロイター通信などが各国政府発表をまとめたところによると、同日夜までの死者は10カ国で計2万2000人以上となった。
 津波による死者としては20世紀以降で最悪で、1896年の明治三陸地震(死者約2万2000人)以来の規模となった。

○昨日の昼に飛び込んできたスマトラ島沖地震のニュース。テレビのニュースを見ていても、当初の報道では状況などがよく分からなかったのですが、時間がたつにつれて徐々に被害状況が明らかになり、今朝の朝刊では死者1万人とその被害の大きさに驚かされました。
 その後も新たな報道がある度に被害は拡大し、上にリンクした毎日新聞ニュースでは、死者が2万人を超えたと伝えられています。

 以下は、今回の地震に関するニュース報道を「yahooニュース」からピックアップしたものですが、これを見てもお分かりのとおり、当初伝えられていた内容と現在報道されている内容のギャップに驚かされます。

●インドネシア・スマトラ島で地震、米観測ではM8(ロイター) - 12月26日13時46分更新
●インドネシア・スマトラ島の地震、少なくとも9人死亡(ロイター) - 12月26日14時26分更新
●インド洋の地震で津波、スリランカで死者150人も(ロイター) - 12月26日15時19分更新
●スマトラ島沖地震、大規模津波でスリランカで死者500人も(ロイター) - 12月26日17時25分更新
●アジアの大規模津波、タイやインドなど各国で死者数百人に(ロイター) - 12月26日18時11分更新
●スマトラ島沖地震の規模M8.9に、津波の死者1500人にも(ロイター) - 12月26日19時23分更新
●<スマトラ地震>津波死者1万人に迫る 邦人20人安否不明(毎日新聞) - 12月27日1時55分更新
●津波死者7000人超、タイで邦人20人以上が不明(読売新聞) - 12月27日2時19分更新
●大地震・津波、死者8500人=タイで邦人20人不明、3人負傷-スマトラ沖震源(時事通信) - 12月27日3時1分更新
●スマトラ島沖地震、死者1万1300人(ロイター) - 12月27日8時13分更新
●スマトラ沖地震、M9・0に修正(読売新聞) - 12月27日11時27分更新
●<スマトラ地震>津波被害拡大、死者1万2700人超(毎日新聞) - 12月27日12時32分更新
●死者1万3300人超す…スリランカなど非常事態宣言(読売新聞) - 12月27日15時4分更新
●スマトラ沖地震、死者数は1万4425人に(ロイター) - 12月27日16時34分更新

○そんな中、今回の地震の規模について以下のブログでは、CNNの情報をもとに昨日14時の段階で「過去40年間で地球上で起きた地震の中でもっとも強い模様」と伝えています。

[社会] スマトラ島沖 地震:2004.12.26 14:38:23

 新潟中越地震では、ブログが既存マスコミが伝えない現地の生の声を伝えてマスコミを補完したことが注目されました。
 今回のスマトラ沖地震は場所が海外ということもありますが、国内既存マスコミより早い段階で、一時情報までもブログが伝えようとしているように感じられます

 その一方、BBCが急遽地震について特別番組を報道しているにもかかわらず、NHKが特別報道していなかったことを批判しているブログもありました。

 もちろん、ブログが伝える情報の全てが有益な情報ばかりではないかも知れませんが、このような状況が続けば、緊急時にはNHKテレビをつけるよりブログをチェックする、近い将来そんな日がやって来るような気がしてなりません。
[PR]

by azarashi_salad | 2004-12-28 00:37 | 国際 <:/p>

◆フランスの携帯電話マナー対策

a0008617_1332354.gif
●劇場・映画館で携帯妨害OK、仏政府が装置の使用認(読売新聞) - 10月13日

 フランス政府は、「快適な鑑賞空間を提供したい」との業界の要請に応じ、全国の映画館や劇場が館内で携帯電話の妨害装置を使用することを認めたそうだ。
 映画館などは、これまで観客に携帯電話の電源を切るかマナーモードにするよう要請していたが、一部の観客が電話を使うことがあったため、3年前から妨害装置の使用認可を申請していたとか。

○携帯電話のマナー違反に悩んでいるのは、どこの国も同じようですが、フランスで実施されるこの対応策は、妨害電波を送ることで館内で携帯電話の送受信ができなくするものだそうです。
 ニュース記事によると、『従来の妨害装置は館外の携帯電話も遮断してしまうことがあったが、館内だけで送受信を妨害する新技術が開発された』ことから、フランス政府も認可に踏み切ったようですが、今後日本でも同様の対策が講じられるのか注目です。

 ところで、以前の記事♪ついに名古屋の地下鉄で携帯通話が不可能に(あざらしサラダ:8月12日)でも紹介したのですが、名古屋の地下鉄では、今月に入ってからホームや電車内が携帯電話の「圏外」となりました。
 このため、以前のように車内での呼び出し音や話し声に悩まされることもなく、快適な車内環境が保たれています。

 気になる乗客の反応ですが、私が見る限りでは、車内で携帯電話が使用できなくなって不便で困っているような人は、今のところほとんど見かけていません。
 逆に、これまでマナーモードへの切り替えを、つい忘れがちだった人にしてみれば、いちいち切り替える手間が省けた、と思っているのかも知れません。

○また名古屋の地下鉄駅では、携帯電話の使用禁止に加えて、こちらも以前の記事【エスカレーターの「片側空け」について考える】(あざらしサラダ:7月6日)で紹介しましたが、エスカレーターの乗り方についても『片側を空けない、歩いたり走ったりしない』と注意するようになりました。
 どうしても急ぐ方は、エスカレーターと平行して階段があるのでそちらを使用してほしいということのようです。
 通勤ラッシュ時などは、エスカレーターの片側を空けようとするとかえって長い列が出来てホームが混雑することもあり、名古屋市交通局は『エスカレーターは2列で使用しましょう』と呼びかけています。

 こちらのルールは、まだ多くの乗客に浸透しておらずいまだにエスカレーターを駆け上がる方も見かけるのですが、少しずつではありますが階段を上がる人が増えてきているように感じますので、このルールが徹底するまでにはもう少し時間がかかるのかも知れません。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/tb.cgi/8023185
[PR]

by azarashi_salad | 2004-10-13 13:42 | 国際 <:/p>

◆夢か、それとも机上の計算か?

a0008617_2220541.gif
●2156年五輪の100m最速は女性? 英科学者予測(朝日新聞:9月30日)

○陸上100メートル走では、男女それぞれの記録更新のペースがこのまま続けば、2156年の五輪で女子が男子の記録を追い越す可能性があるそうだ。
 英オックスフォード大などのチームが、こんな統計的な予測を英科学誌「ネイチャー」に発表するとか。

 このところ、ハムスターにかまれた飼い主がアレルギー死したニュースや、クジャクのメスがオスを選ぶポイントが飾り羽ではなく鳴き声だったことが明らかになったニュースなど、私たちがこれまで抱いてきた常識を覆すようなニュースが続いているが、今回のニュースにも驚かされた方が多かったのではないだろうか。

 英オックスフォード大などの研究チームによると、『2156年の五輪で女子の優勝記録は8秒079となり、男子の優勝記録8秒098を追い抜く』と予測されたそうだが、男女の逆転以前に、記録そのものがにわかには信じがたいものである。

 というか、このようにシミュレーションすると、(図を見る限りは)2300年頃には5秒台も可能という結論も出せるのではないかと思うが、『本当にそうなのかなあ』と私など素人は考えてしまう。

 まあ、研究チームも『計測の正確さや走る環境などは考慮していない。2156年に最速の選手が女子か男子かは、その時が来なければわからない』としているとおり、この予測が当たるかどうかはその時が来るまでわからないが、ワクワクさせられる予測には違いない。

この記事へのトラックバックURLはこちら↓

http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/tb.cgi/7406507
[PR]

by azarashi_salad | 2004-09-30 22:21 | 国際 <:/p>