「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お薦め( 160 )

<:/p>

ノートPCの延命対策

5年前に購入した実家のノートPCは、OSこそWin7(32bit)だが、CPUがAMDのSempron M140(2.2GHZ、シングルコア)で交換不可能。メモリは4GBに増設済みで他にアップグレードする余地がなく、今夏のWin10無償バージョンアップに備えてSSD化が不可欠だ。

このため、いつものパソコンショップで128GBクラスのSSDを探したところ、ものすごく「お値打ち品」というわけではないが、キングストンのSV300S37A/120G(120GB 新品)が6480円(税込)で売られていたので購入。
a0008617_13445491.jpg

64GBクラスなら探せば3000円ぐらいの中古品も見つかると思うが、実家のノートPCはMSオフィスインストールモデルなので、アプリケーションを含めたリカバリ領域のサイズが30GB弱もあり、64GBクラスだと容量不足なのだ。

以前に購入したトランセンドのSSDと違い、キングストンのSSDには「3.5インチ変換マウンタ」が付属しないが、ノートPCの2.5インチHDDと交換するので特に問題はない。早速クローンを作成してHDDと交換してみることにした。

クローン作成に要した時間はトータルで約120分程度。これまで電源投入からWin7が起動するまで2分程度かかっていたが、HDDをSSDと交換した結果、1分程度で起動が完了するようになった。

起動後の動作も体感的には2倍程度早くなったように感じる。「エクスペリエンス」の結果もストレージの評価が5.9から7.5に大幅アップ、また内蔵グラフィックスの評価も3.4/5.1が4.1/5.3にアップしたので大満足だ。

取り外したHDDはUSB2.0スリムケースに入れて外付けHDDとして接続し、リカバリ領域とシステム領域はバックアップ用として手をつけずに、残りの領域をデータドライブとして活用することにした。
a0008617_1348554.jpg



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-04-18 13:49 | お薦め | Comments(0) <:/p>

♪宝探し(3/7)

今のメインPCで使っているEnerMaxのミドルタワーケースは気に入っているが、購入して15年になるのでそろそろ新しいケースが欲しいと思っていた矢先、先週は実家近くの中古ショップでAntecのミドルタワーケース(P182)が2000円で売られているのを発見した。
a0008617_96175.jpg

P182は2007年に発売された製品だが、大ヒットしたP180のマイナーチェンジ版で発売時は2万円以上したらしい。電源部とマザーボード部を分離したデュアルチェンバー構造、三層の遮音パネルを搭載し、堅牢で静音性にも優れておりPC自作派から高い評価を得ている。
a0008617_1433678.jpg

これを機にモニタ中のJUNK品PCを本格的にメインPCにしようと思い、ショップケースからP182に交換したところ、いきなりフリーズして起動しなくなった。しかも、今回はケースを交換しただけで他の部品は何も交換していないので、障害原因の特定が難航した。

まずは、サブPCを使って起動しなくなったSSDのクローンを作成し、リトライしてみたが何度やっても起動中にフリーズする。仕方がないから出荷時にリカバリしてみたところ、どうやらWin7起動時にグラフィックドライバを読み込むタイミングでフリーズしているようだ。

そこでグラフィックボードを予備品と交換すると正常に起動したが、実はここまで判明するのに2日間を要した。障害の発生状況から、てっきりマザーボードかHDD(SSD)周辺が原因だろうと思い込んでいたので、まさか先日まで正常に動作していたグラフィックボードが原因とは思いもよらなかった。
a0008617_1434516.jpg

とりあえず予備のグラフィックボードだと全て正常に動作することを確認したが、こういう障害の場合は、一度正常に起動したらグラフィックボードを元に戻しても正常に復旧するケースが多い。今回も案の定、元のグラフィックボードに戻しても、その後は何事もなかったかのように正常に起動した。

多分グラフィックボードの物理的な障害ではなく、ケースを交換した際に、おそらく起動時に読み込むデバイスドライバの順序が入れ替わり、グラフィックドライバと何かのドライバがタイミング的に干渉したのだろう。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-03-07 14:39 | お薦め | Comments(0) <:/p>

秋葉原で宝探し(2/28)

2月末に3年ぶりに上京したので秋葉原で宝探ししてきた。2014年末に買ったJUNK品PCは、CPUのグリスアップとマザーボードのBIOSアップデート以降、かれこれ三か月近くモニタしてきたが、いたって好調だ。
a0008617_7195071.jpg

「エクスペリエンス」のスコアも全て7.0以上(グラフィックボードの7.3が最低)で、ハイエンドクラス並のメインPC候補として活躍中だが、メモリをPC3-10600(DDR3-1333) 2GB×2枚の4GBしか実装していないので、出来れば2GB×2枚を増設して合計8GBにしたいところ。

そこでCFDのデスクトップPC用メモリ2GBのお値打ち品が見つかれば、2枚セットで欲しいと思って何件かショップ巡りしたが、メモリの値段は以前よりもアップしており、PC3-10600(DDR3-1333) 2GBはどこの店も1枚2000円が相場。

メモリやマザーボードは、そのうちお得なJUNK品が見つかる気がするのでこの値段では買う気が起きないが、代わりにお値打ちのSSDを発見。トランセンドの「TS64GSSD340」64GB(未開封新品)が4480円の処分特価で売られていたので名古屋の自宅PC用に購入。
a0008617_7201229.jpg

サブPCでクローンを作成して動作チェックしたところ、TS64GSSD340は以前にネットで買ったTS64GSSD370よりも若干速度が遅いようだ。サブPCのマザーボードはSATAモードがAHCIではなくIDEなので「エクスペリエンス」のスコアも6.8どまり。しかし体感上はほとんど差を感じないから使用上は特に問題ない。

他には、DVIケーブル、電源ケーブル、SATAケーブル(2本)が各50円、IDEとFDDのスマートケーブルが各100円、CPUグリスが300円の捨て値で売られていたので購入。こういう消耗品は、急に必要になって買うと意外に高いので、特価品を見つけたときに買い置きしておくに限る。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-03-07 07:21 | お薦め | Comments(0) <:/p>

♪宝探し(2/15)

先週末は実家のプリンタ(キャノンのMP490)が印刷できなくなった。昨年末に詰め替えインクを補充してしばらく使っていたが、カラーがマゼンタ(赤)しか出なくなったので、どうやら今度はカートリッジごと交換が必要みたいだ。
a0008617_19325498.jpg

仕方がないので近くのヤマダ電機に出かけると、キャノンの純正カートリッジは黒(BC310)とカラー(BC311)のセットで5000円以上もする。安いプリンタが買える値段だ。

買おうか買うまいかしばらく迷っていると、ブラザーのプリンタ(DCP-J152N)が4500円の処分特価で売られているのを発見、キャノンの純正カートリッジを買うよりもこちらの方が安い。今のプリンタは購入してまもなく5年でとっくに保証期間も切れているので、プリンタごと買い換えた方が良さそうだ。
a0008617_19314940.jpg

名古屋でもブラザーのFAXプリンタ(MFC-J700D)を使っているが、こちらはキャノンと違って4色独立インクで、互換インクも安く手に入るからランニングコストに優れている。貯まっていたポイントも使って3000円でプリンタを買い換えることができたので、まあよしとしよう。
a0008617_19344792.jpg


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-02-16 19:35 | お薦め | Comments(0) <:/p>

♪宝探し(1/18)

今年中に発掘(獲得)したいと狙っているお宝は、SSD、ロープロファイルのグラフィックボード、DDR3メモリ、マザーボードあたりだが、SSDは既にネットで手に入れたので、今後はグラフィックボードやメモリ探しがメインとなる。

そんな中、昨日は今年初めてショップで宝探ししてきた。すると、いつもとは違う実家近くの中古ショップで掘り出し物を発見。見つけたのは17インチの液晶モニタで、EIZOの「FlexScan M170」が1200円で売られていた。
a0008617_14584397.jpg

10年ほど前の製品だが、EIZOと言えばディスプレイメーカー「ナナオ」の高級ブランドで、PC自作派にとっては憧れのモニタ。いくら型遅れの中古とはいえ、それが1200円で手に入るとは驚きだ。

余りに安いので壊れているかも知れないと思ったが、値段の横には「映りました」と書かれているし、電源ケーブルもアナログRGB(Dsub 15ピン)ケーブルも付属していたので、ダメ元で購入してみた。

持ち帰ってPCに接続してみると、全く正常に動作した。流石はEIZO、画面はとてもクリアで綺麗な発色だ。モニタ内蔵のスピーカーも「SRS WOWサラウンド機能」を売りにしているだけあって、2W+2Wの付属スピーカーとは思えないほど良質。

「ArcSwing 2」という独特の形状をしたモニタスタンドも、画面の高さや角度がとても調整しやすい優れものだ。
a0008617_1501180.jpg

モニタへの入力は、アナログ(Dsub 15ピン)+SPとデジタル(DVI-I)+SPの2系統があるので、メインPCの出力と予備PCの出力をそれぞれ1系統ずつモニタに接続して、画面下部の「SIGNAL」ボタンで入力の切り替えが可能。(入力が有る方に自動切り替え機能付き)

予備PCで動作チェックする場合、これまでは毎回ビデオケーブルとSPを外してモニタに接続し直していたが、この入力切替機能により接続替えが不要となったのが嬉しい。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-01-18 15:05 | お薦め | Comments(0) <:/p>

自宅で宝探し(1/11)

今日は三連休の中日。天気は良いが風がかなり冷たいので、こんな日は自宅に引きこもるに限る。引きこもりついでに去年の春、高知に引っ越す前に大須で見かけて買ったまま放置していたJUNK部品を動作チェックしてみた。

一つはバッファローのUSB2.0インターフェースボード(IFC-PCI5U2V)。10年以上前に発売された古いボードだが、一応Windows 7対応と書かれている。
a0008617_15483176.jpg

そのままPCIスロットに挿してみたところ、Win7が立ち上がると自動的にドライバをインストールした。50円で売られていたパーツなので、まともに動作するか不安だったが、どうやら正常に動作しているみたいだ。

もう一つは玄人志向のUSB3.0インターフェースボード(USB3.0E-P2-PCIe)、こちらは今でも1000円程度で販売中の製品。100円で売られていたので買ってみたものの、当時は上手く動作しなくて放置していたパーツだ。
a0008617_15555765.jpg

ダメ元でPCI-Expressx1スロットに挿してみたところ、こちらもWin7が立ち上がると自動的にドライバをインストールした。どうやら正常に動作しているみたいだ。前回試した時はXPだったのでドライバを上手くインストールできなかっただけかもしれない。

これでUSB3.0環境も整ったので、次のターゲットはSATA3.0インターフェースボードだ。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-01-11 15:58 | お薦め | Comments(0) <:/p>

ネットで宝探し(1/4)

先週末は今年最初の宝探し。といってもいつものショップ巡りではなく、久しぶりにネットで「お値打ち品」を発見した。年末に買いそびれたSSDだが、ビッグカメラ楽天市場店でトランセンドの「TS64GSSD370」64GB(新品)が5000円を切る4980円で売られていたので早速ポチってみた。
a0008617_5472852.jpg

昨年末に128GBクラスのSSDが飛ぶように売れていたので、以前に64GBクラスのSSDを購入したユーザーが大きいサイズに買い換えていると思っていた。予想どおり、年が明けてからは中古品が4000円程度で出回りだしたので、恐らく64GBクラスは新品の在庫がだぶついてきたのだろう。

もう少し待って春になれば3000円を切る中古品も見つかると思うが、SSDは初めての購入なのであまり冒険はしたくない。新品だと3.5inch変換マウントも付属しており、値段も当初予算の6000円を1000円以上下回っていたので、お年玉代わりに思い切って購入してみたわけだ。そして注文していたSSDが昨夜届いたので、早速クローンを作成してHDDと交換してみることにした。

トランセンドのSSDには「SSD Scope」というユーティリティーソフトが用意されており、これを使ってもクローンが作成できるみたいだが、ひとまず使い慣れているフリーソフト「EaseUS Todo Backup」を使用してクローンを作成してみた。
a0008617_5474018.jpg

「EaseUS Todo Backup」でSSDにクローンを作成する場合は、「SSD用に最適化」のチェックボックスをオンにしておくことが必要だ。また、コピー元HDDよりコピー先SSDの方が容量が小さいので、コピー先のDISKレイアウトを手動で編集する必要がある。

クローン作成に要した時間はHDDよりも若干短くて20分程度。あとは起動用のHDDをSSDと入れ替えてSSDからOSを起動するだけだ。HDDだと電源投入からWin7が起動するまで1分弱かかっていたが、SSDだと20秒程度であっという間に起動する。Win7起動後にブラウザを起動するまでを考えると、体感的には3倍以上早くなったように感じられる。

このJUNK品PCはマザーボード不良の疑いで現在モニタ中だが、CPUのグリスアップとBIOSをアップデートして以降は安定して動いているので、どうやらこのままメインPCとして使えそうだ。SATA2接続ではあるがHDDをSSDに交換したことで「エクスペリエンス」の評価も5.9から7.8に大幅アップして大満足。これで全てのスコアが7.0以上となり、ボトルネックも解消されてメインPCらしくなってきた。

a0008617_1445387.jpg

【1/12追記】
BIOSの設定でSATAのモードをIDEからAHCIに変更したらSSDのスコアが7.2から7.8にアップした。
(注:私の環境だとBIOSの設定変更だけでAHCIに切り替わったが、このやり方だとWin7が起動しなくなるという情報もあるので自己責任で)


MB:TP55
CPU:Core i7 860(2.8G)
MEM:PC3-10600(DDR3-1333)2GB×2
VGA:GTX260
SSD:TS64GSSD370(64GB)


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-01-07 05:49 | お薦め | Comments(0) <:/p>

♪宝探し(12/21)

先週はクリスマス休暇で名古屋に帰省したので久しぶりに大須で宝探し。お目当てはメインPCのボトルネック解消用SSDとスリムPCのグラフィック機能強化用グラフィックボードだが、メモリやマザーボードも掘り出し物が無いかと狙っている。
a0008617_20521973.jpg

SSDは発売当初よりも随分値がこなれてきて新品でも中古でも余り価格差が無いので、特価品が有れば新品も視野に入る。SSDはHDDのように3年程度で寿命が来る消耗品ではないので長く使えば新品を買っても元が取れるからだ。予算はズバリ6000円、普段でも128GBの新品が7000円以内で見つかるので、6000円を切る特価品が見つかれば買おうと思う。

グラフィックボードは名古屋の自宅PC用。このスリムPCにはブルーレイ対応光学ドライブを実装したが、現在のグラフィックボード(8400GS)だとスペック的にブルーレイの再生が厳しい。もう少し新しい世代のエントリーモデル(HD5550あたり)が1000円程度で見つかれば欲しいが、スリムPCなのでLOWプロファイル仕様限定という条件が付く。

メモリは、メインPCで使用しているCFDのデスクトップPC用メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 2GBのお値打ち品が見つかれば2枚セットで、LGA1156マザーボードも超お値打ち品が見つかれば欲しいところ。ただしメモリとマザーボードはそのうちお値打ちなJUNK品が見つかるような気がするので、急いで無理に買おうとは思わないから予算は3000円まで。

というわけで1万円ポッキリのお年玉を握りしめて大須に出かけて来た。しかし、クリスマス商戦真っ盛りでみんな考えることは同じなのだろう。いくつかショップを回ったがSSDはどこも在庫が少なめ。ツクモが土日特価で約6000円のSSDを販売していたが在庫切れ。新品がこれだけ売れていれば春まで待てばお値打ちな中古が出回るような気がする。

LOWプロファイル仕様のグラフィックボードとLGA1156マザーボードは、そもそも中古品が見つからなかったので、まだ買い時ではないと言うことなのだろう。デスクトップPC用メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 2GBは2枚3000円程度で売られていたが、特に安くもなくメーカーもCFDではなかったので今回はパス。

結局何も買わずに帰ろうかと思ったが、最後に立ち寄った店でロジクールの無線キーボード&マウスのセット(MK270)が1980円の特価で売られているのを発見。普段なら3000円程度なのでまあお買い得だ。当初の目的とは随分違ったが、キーボードは名古屋の自宅PC用にマウスはメインPC用に欲しいと思っていたので購入。次の宝探しは年明けになりそうだ。
a0008617_12253181.jpg


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2014-12-25 20:41 | お薦め | Comments(0) <:/p>

♪宝探し(12/14)のその後

先週末に手に入れたマザーボード不良のJUNK品だが、この数日間モニタリングした結果を記録しておこうと思う。具体的に確認できた動作不良は以下の4点だ。
①いきなりシャットダウン
②グラフィックボードのスコアが異常表示
③ブート時の異常動作
④12V電圧の異常表示(正常?)

①いきなりシャットダウン
リカバリー直後の「エクスペリエンス」実行中に1回、翌日のウインドウズアップデート後の再起動時に1回、いきなりシャットダウンが発生した。1回目のシャットダウンはCPUが熱暴走した可能性もある。CPUクーラーを外して確認したところ、グリスが殆ど効いていなかったのでグリスアップした。2回目のシャットダウンはブート時に発生したのでHDDのMBRが壊れていた可能性もある。このためHDDを一度完全消去した後、別のHDDでクローンを作成して再インストールしたところ、それ以降は一度も再発していない。

②グラフィックボードのスコアが異常表示
Win7標準のベンチマークツール「エクスペリエンス」で3回中2回グラフィックボードのスコアが異常値を表示した。CPUのグリスアップ以降は一度も異常値を表示していないので、これもCPUが熱暴走した可能性がある。(画像は参考イメージ)
a0008617_21222940.jpg

③ブート時の異常動作
1回目のいきなりシャットダウン後、起動時に本来はDELキーを押さないと停止しないブートセレクトメニュー画面で必ず停止する。これも1回目のシャットダウンでHDDのMBRが壊れた可能性が高い。このためHDDを完全消去した後で再インストールして以降は一度も再発していない。

④12V電圧の異常表示(正常?)
PCのハード状態をモニタするソフト「HWmonitor」でチェックすると12V電圧の値が異常値を表示する。(画像は参考イメージ)
a0008617_21224869.jpg

電源ユニットやグラフィックボードが原因かもしれないと思い、正常なパーツと交換したが症状は変化せず。BIOSが壊れた可能性もあるので最新のBIOSをダウンロードしてアップデートしたが変化無し。そこでマザーボード付属のツールをダウンロードしてチェックすると12V電圧の項目が表示されない。BIOSのマニュアルで確認すると12V電圧のモニタ項目自体がない。どうやらこのマザーボード(BIOS)は12V電圧をモニタしておらず、これで正常みたいだ。(画像は参考イメージ)
a0008617_21232646.jpg

というわけで、持ち帰った直後は動作不良だったJUNK品PCだが、どうやらCPUのグリスアップとBIOSのアップデートだけで正常に復旧したかも知れない。考えてみれば一度は正常の中古品として店頭で売られていたパソコンが、毎日使用していたわけでもないのにいきなりマザーボードが壊れるのもおかしな話だ。売れ残って長期間使用していなかったので、グリスが乾いて効かなくなった可能性の方が高いのでは。

なにはともあれ、「エクスペリエンス」の評価もCPUとメモリのスコアがそれぞれ6.6から7.5(最高値は7.9)に、グラフィックボードのスコアが5.9/4.9から7.3/7.3に大幅アップしたので大満足。このまま一月ぐらいモニタを継続しても動作不良が再発しなければ、マザーボードを買わずに済む。その予算でメモリを増設してHDDをSSDに交換すれば、最新のハイエンドマシンとほぼ同等のスペックになりそうだ。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2014-12-17 21:23 | お薦め | Comments(0) <:/p>

♪宝探し(12/14)

今週はいつものパソコンショップで「お宝」を発見。今回の「お宝」も中古パーツではなくJUNK品として売られていた。

もともとはフェイスブランドのデスクトップPC「Seed」シリーズの中古品みたいだが、マザーボード不良で正常に動作しないからJUNK品扱いらしい。
a0008617_18433839.jpg

未使用品かと思うぐらいきれいなミドルタワーのケースを開けるとマザーボードはBIOSTARのTP55が実装されていた。正常に動作すればパーツとしての価値は3000円程度だが 動作不良なら価値はゼロだ。ただし組み立てた状態なのでバックパネルやSATAケーブルなど動作に必要なものは付属している。
a0008617_18435571.jpg

CPUはなんとCore i7 860(2.8G)を実装していた。初期のモデルだが、初めて手に入れたクアッドコアCPUだ。正常に動作すればパーツとしての価値は10000円程度だが、マザーボード不良で動作未チェックらしい。

マザーボードが不良でもCPUは正常の場合が多いので、試しにCPUとメモリ、グラフィックボードだけの構成で電源を入れてみたところBIOSは正常に表示された。もしかするとCPUは生きているかもしれない。

そこでHDDも接続してWin7を起動してみたところ正常に起動した。このマザーボードはどこが不良なんだろう。しばらく連続運転していると不良箇所が分かるかもしれないと思い、グラフィックボードや光学ドライブも接続して出荷時の状態にリカバリーして動作チェックしてみた。

すると、ベンチマーク中にいきなりシャットダウンしたりグラフィックボードのスコアが異常に低かったりと、やはりどこか動きがおかしい。CPU熱暴走の可能性も否定できないのでグリスアップしてみる。

ただし、ショップの動作チェックでマザーボード不良と断言しているので、やはりマザーボード不良の可能性が濃厚だ。とりあえずマザーボードのBIOSをアップデートして、この状態でモニタリングして不具合箇所を特定してみようと思う。

メモリとHDD、グラフィックボードはショップで動作チェック済みだ。
メモリはCFDのデスクトップPC用メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 2GBを2枚セットで4GB実装しており、パーツとしての価値は2枚で3000円程度。

HDDは日立のSATA3 500GB(7200RPM)を実装、パーツとしての価値は2000円程度。
グラフィックボードはZOTACのGeForce GTX 260-2を実装していた。ゲームマシンとしても使える高スペックで、パーツとしての価値は2000円程度。
a0008617_18441542.jpg

光学ドライブと電源ユニットも動作未チェックだったので、動作チェックしたところ、いずれも正常に動作することを確認した。
光学ドライブはパイオニアのブルーレイ対応マルチドライブBDR-207JBKを実装しており、パーツとしての価値は3000円程度。
a0008617_18443137.jpg

ミドルタワーケースには、これらの構成に見合った容量のKEIAN製620W電源KT-620RSが実装されていた。パーツとしての価値は2000円程度。
a0008617_18444494.jpg

以上、パーツ価格の合計12000円(CPUが正常なら22000円、さらにマザーが復活すれば25000円)程度のJUNK品が6500円で売られていた。しかも週末は「中古の日」ということで10%オフの5900円。

これだけでも十分お値打ちだが、JUNK品にもかかわらず正規のOS「Windows7 home Premium 64bit」(MAR版)も付いていた。OSはHDDにプリインストールされた状態なのでリカバリーディスクは付属しないが、これで64bitの正規ライセンスが2つになった。

我が家では、メインマシンもサブマシンも未だにLGA775マザー+Core2 Duoで組んでWin7(64bitと32bit)で動かしているが、オンラインゲームとかするわけではないので、普段の使用に特段の不満があるわけでは無い。

しかしどのパーツも3世代前のスペックなので、今回のようにお宝パーツを発見した時に少しづつグレードアップしておきたいところ。年末は名古屋に帰省した時にでも大須に出かけて、お値打ちなLGA1156マザーボードがないか探しみてることにしよう。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2014-12-14 18:46 | お薦め | Comments(0) <:/p>