◆首都圏第3【離島】空港?

◇3月11日に開港する茨城空港(小美玉市)に、低運賃を売り物とする新規航空会社「スカイマーク」(東京都大田区)の茨城―神戸便が4月16日から就航することが決まった。

・・・・・そうだ。

◆スカイマーク4月就航

◇まあ、私は99%乗ることはないだろう思うが、今回就航実現の決め手となった大きな要素が「〈2〉機体を整備する整備士を常駐させない」である点に注目してみた。

神戸茨城間だからおよそ1時間程度のフライト、整備士を置かないのだから原則就航は神戸→茨城、茨城→神戸の順になるのだろうが、こうした運航自体は別に珍しくない。

例えば「琉球エアーコミューター」は、沖縄那覇空港と南大東島間のおよそ1時間のフライトを毎日就航している。こちらも島に整備士を常駐させることはできないから、那覇→南大東、南大東→那覇の順での運航だ。

那覇・南大東(RAC)

◇このように、離島空港では整備士の非常駐は珍しくないので、これだけで安全性に問題があるなどというつもりは全くないが、一方で、記事では「羽田、成田と並んで首都圏の需要を担おうとしている点が評価できる」と同社が認識している点が非常に違和感があるだけ。

離島空港と同じ扱いで運航するのであれば、遅延や欠航による影響なども含めて「首都圏第3【離島】空港」と認識しておくべきではないだろうか。

【参考】
△安かろう悪かろうでは
▼この人は向いていないのではないだろうか
[PR]

by azarashi_salad | 2010-02-07 07:22 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< ◆便利さに負けない「人間力」が... ♪広島から松山へと >>