♪「時間泥棒」を逮捕せよ

●<ムツゴロウ王国>運営会社社長ら書類送検 賃金不払い容疑(10月31日19時19分配信 毎日新聞)
 青梅労基署は31日、「東京ムツゴロウ動物王国」(東京都あきる野市)を運営していた「グローカル二十一」(千葉県流山市)と同社の中山晴夫社長(59)、経理担当者の男性(45)を労働基準法違反(賃金不払い)容疑で東京地検八王子支部に書類送検した。 
 調べでは、中山社長らは06年1~6月、従業員39人に賃金計約3890万円を支払わなかった疑い。中山社長は「入場者数が少なく賃金が支払えなかった」などと容疑を認めている。06年3月、従業員が「給料が支払われていない」と労基署に相談し発覚した。
 グローカル社は06年7月に従業員を解雇して事実上倒産。作家の畑正憲さんの個人事務所「ムツプロ」が経営を引き継いだが、経営悪化で今月25日に閉園する。

○先日、ミクシィの方に書いたのだが、マイミクさんのブログに以下のようなコメントがあった。
時間で雇われている社員と、時間を自由裁量できる経営者とでは、まったく違うと思います。
勤務中にキャッチボールをしている社員がいたら、それは‘給料泥棒’ですが。
(中略)
わたし自身は、人を雇うということはお金を払って(自分の)時間を買っているのだ、と考えております。
逆にいうと、従業員とは、自分の時間を切り売りしている人たち、ということになりますね。

○もちろん、私もこの方(経営者?)の主張に異論はないが、だからこそ、サービス残業させたり賃金未払は「時間泥棒」をしているんだ、ということを全ての経営者は自覚して欲しい。

お金を払わずに物を盗ったら「泥棒」として逮捕されるのだから、人の時間を盗った「時間泥棒」も「労働基準法違反(賃金不払い)容疑で書類送検」なんてぬるいこと言ってないで、逮捕されるような厳しい対応が求められているのだと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2007-11-01 07:03 | 社会 <:/p>

<< ♪ぜひとも全ての閣僚にも導入を ♪遅まきながら産経新聞に続報が... >>