▲マスコミに代わってフォローしましょう

○何のことかって、昨日の長崎空港での航空トラブルの件。

●携帯電話で全日空機遅れ 無線異常で駐機場に戻る(中日新聞)
 17日午前9時10分ごろ、長崎空港で羽田行きの全日空662便ボーイング767(乗客乗員234人)が、誘導路を走行中に無線装置が使用できなくなり、駐機場へ引き返した。全日空によると、乗客の携帯電話の使用が原因とみられ、同機は約45分遅れで長崎空港を出発した。
 最初、3系統ある無線装置のうち1系統で送信ができなくなり、駐機場へ戻る途中にすべて使えなくなったという。
 操縦士の点検では原因が判明せず、客室乗務員が「携帯電話の電源をお切りください」と機内放送したところ、装置が正常に戻った。乗客の1人が電源を入れていたことを申し出たという。
 整備士が駐機場で装置に異常がないことを確認し、再出発した。
 航空機内での携帯電話使用をめぐっては、今年3月に羽田空港で、全日空機の乗客の男が機長の命令に従わずに携帯電話を使い続け、駐機場に引き返すトラブルがあった。

○ちなみに、昨日のニュースは全体的にこんな扱いだった。

◆携帯原因?離陸直前に無線機不通、全日空機出発遅れ…長崎空港(読売新聞 - 11時間前)

◆旅客機の無線機通信不能に、乗客の携帯が原因の可能性(読売新聞 - 23時間前)

◆全日空機が無線トラブル=携帯原因?、空港は否定-出発40分遅れる・長崎(時事通信 - 2007年10月17日)

◆携帯電話で全日空機遅れ 無線異常で駐機場に戻る(中国新聞 - 2007年10月16日)

◆全日空の無線機交信不能に 乗客の携帯が原因か(アメーバニュース - 5時間前)

◆携帯原因で無線故障? 長崎発の全日空機引き返す(長崎新聞 - 10時間前)

◆ケータイ"電源入れっぱなし"状態が飛行機を止めた(スポーツニッポン大阪 - 14時間前)

◆携帯電話で全日空機遅れ 無線異常で駐機場に戻る(中日新聞 - 2007年10月16日)

○もちろん、機内では携帯電話の電源を切ることが決まりなので、この乗客に非があったことは事実だが、それと無線装置の異常との因果関係は全くと言っていいほど分かっていない。

 それを、まだ原因が特定できてもいないにもかかわらず、あたかも「携帯電話が原因」と決めつけた報道をされたため、この乗客の方は全ての責任が自分にあると思って、さぞかし心苦しい思いをしたことだろう。

 ところが、いざフタを開けてみたら機長席の交信用ハンドマイクのコード亀裂がトラブルの原因、爆!

●機長マイクのコードに亀裂=長崎で無線トラブルの全日空機(10月18日18時32分配信 時事通信)
 長崎空港で17日、全日空機の無線に障害が発生したトラブルで、同社は18日、機体を点検した結果、機長席の交信用ハンドマイクのコードが一部亀裂し、芯線が露出している部分があったと発表した。
 芯線の露出部分が金属に触れると、接触の仕方によっては送信電波が出たままになり、交信できなくなるという。同社はこれがトラブルの原因になった可能性があるとしている。

○オイオイ、明らかに全日空側の整備不良じゃないか。
 そりゃあ、マイクのプレストークラインがアースに落ちたら、送信電波が出たままにもなるわな。(ちなみに携帯電話の電源オンでは障害は再現しなかったらしい、笑)

 昨日のニュースを見て、航空機の無線機はそんなに脆弱なシステムなのか、と心配した意見も多く見かけた。
 にもかかわらず、今日のニュースは「こんだけ~」ですか!!!

 しかも、昨日の報道で唯一、携帯電話が原因ではない可能性について言及していた時事通信のみがフォローしているのも笑える。
 さらに、昨日だって実のところ、関係者は誰も「携帯電話が原因」なんてことは言っていないのだが・・・。
◆全日空広報のコメント
 「今回の故障と携帯電話との関連ははっきりとはしないが、携帯電話が機内の通信機器に支障を及ぼす恐れがあることは、機内放送でお伝えしている。機内では電源を切ることをあらためてお願いしたい」

◆(大阪航空局 長崎)空港事務所のコメント
 「何らかの理由で同機の無線機の送信電波が出しっぱなしになっていたことが原因」として、携帯電話の影響を否定している。

○にもかかわらず、あたかも「携帯電話が原因」と決めつけた報道をしたマスコミ各社は、「誤報」だったと分かったらスルーだからねえ・・・。(時事通信を除く)

 全日空も、プレスに投げ込んだだけでHPでの公式コメントはなし・・・。

 困ったものだ。(時事通信を除く)
[PR]

by azarashi_salad | 2007-10-18 22:15 | 社会 <:/p>

<< △すっかり全日空に騙されてしまった ♪浅井さん、それは違うでしょう >>