♪そんなに難しいことか

●遠藤農水相が辞任 後任に若林前環境相 補助金行政「農林行政傷つけた」(9月3日17時11分配信 産経新聞)
 遠藤武彦農水相(68)=衆院山形2区=は3日午前、首相官邸で安倍晋三首相と会い、自身が組合長理事を務める農業共済組合が補助金を不正受給していた問題の責任を取り、辞表を提出、受理された。安倍内閣の閣僚交代は5人目。坂本由紀子外務政務官(58)=参院静岡選挙区=も、代表を務める自民党支部の政治資金収支報告書に二重計上が指摘された問題で、辞表を提出した。遠藤氏の辞任を受け、首相は後任に若林正俊前環境相(73)=参院長野選挙区=を起用する。4日に皇居で認証式を行う。
 若林氏は、8月1日に事務所費問題で赤城徳彦農水相が辞任した後、同月27日の安倍改造内閣発足まで農水相を兼務していた。安倍首相は3日、記者団に遠藤氏の辞任についての任命責任を認めた上で、「今後、農水行政に遅滞のないよう全力を尽くすことで責任を果たしたい」と強調した。
 遠藤氏は辞表提出後、農水省で会見し、「農林行政を傷つけたこと、国民に政治に対する不信を感じさせたことを申し訳ないと思う」と謝罪。坂本氏も外務省で「政治家はクリーンでなければならない。事務所の指導などに不十分な点があり、深く責任を感じ反省している」と述べた。
 遠藤氏は不正受給問題が明らかになった1日の時点では、自らは関与していないとして辞任を否定。しかし、参院で与野党の議席数が逆転していることを踏まえ、民主党など野党は、遠藤氏が辞任しない場合は参院に問責決議案を提出する方針で足並みをそろえた。
 問責決議には、閣僚を辞任させる法的拘束力はないが、国会で責任が認定されるという重みがあり、その後は国会審議のストップが予想される。10日召集予定の臨時国会では、最大の焦点であるテロ対策特別措置法などの審議が引き延ばされる事態が懸念されていた。政府・与党内では、このままでは臨時国会は乗り切れないとの判断が強まり、安倍首相も遠藤氏の更迭に踏み切った。
 与謝野馨官房長官は3日の会見で、念入りに政治資金状況の調査を行ったにもかかわらず、閣僚の政治とカネの問題が再発したことについて「残念ながら森羅万象全部分かるわけではなく、こういうことが組閣の後見つかったことは残念だし、責任を感じなければならない」と述べた。
 与党内からは「政治とカネの問題ばかりに関心が集まると何もできない」(幹部)、「問題があってもなくても、マスコミに疑惑にされてしまう」(閣僚経験者)といった戸惑いの声も出ている。

○いや、別に「森羅万象」全部分からなくたっていいんだが。
 与党内で、「不正・違法行為を犯していない国会議員」を探すことは、そんなに難しいことか。

 官房長官がここまで言うからには、きっと難しいんだろうなあ、笑。
[PR]

by azarashi_salad | 2007-09-04 06:46 | 政治 <:/p>

<< ▽だったら「厚生年金補償特例法... ▼また企業不祥事を税金で補填するのか >>