♪これは「誤解」でしょう

●<中越沖地震>避難所で隠しマイク騒動 テレビ局を注意(7月22日1時28分配信 毎日新聞)
 中越沖地震の避難所となっている柏崎市の第一中学校で21日、現場からの中継準備をしていた中京テレビ(名古屋市)のスタッフが配膳(はいぜん)用テントに小型マイクを付けようとして、「隠しマイク」と思い込んだ避難所スタッフから注意を受け、設置を取りやめた。隠しマイクではなく、臨場感を出すための食器の音などを集めるためのものだったが、同社記者は「配慮が足りなかった」と謝罪しているという。
 市災害対策本部などによると、午後4時ごろのことで、同本部はその後、「隠しマイクを付けようとした報道機関があった」と公表したが、事実関係が違ったとして発表を撤回。市は「好ましくないことだが、こちらにも誤解があった」と説明した。

○なんでこんなことが新聞報道になっているのかよく分からない。現地からはもっと他に伝えるべき情報があるのではないか。

 下の産経新聞報道では「各社が屋内での取材を自粛していた最中だった」とあり、どうもマスコミ同士での「抜け駆けは許さん」という意味合いが強い報道のような気がする。
 だったら、そんな「マスコミのお家事情に被災地を巻き込むな」と言いたくなるが。

●日テレ、避難所に集音マイク「隠す意図は…」(7月21日22時17分配信 産経新聞)
■柏崎市は「隠しマイク」と公表
 新潟県柏崎市は21日、日本テレビ系列の中京テレビ(名古屋)スタッフが避難所のテントに「隠しマイクを仕掛けた」と公表した。同社側は市に「中継で背景の音を拾うためのワイヤレスの集音マイクで、隠す意図はなかった」と説明。市では「誤解があったが、好ましくない行為だった」としている。
 ■他社は取材自粛中、系列局設置
 市によると、マイクが設置されていたのは学校の屋外に張られた炊き出し用のテント。同日午後4時ごろ、スタッフが支柱にマイクを張り付けているのを職員が見つけて注意。スタッフはすぐに取り外した。
 同校では同日、住民からの要望で、市側が一時的に報道各社に取材の自粛を要請。同社は市に同日午後6時からのニュースで中継するつもりだったと説明したが、設置は各社が屋内での取材を自粛していた最中だった。
 同社の現地担当デスクは、「隠しマイクという発表があったようだが、誤解だったということを理解していただいた。現場の説明不足で誤解を受けたことは遺憾だ。反省している」と話している。
 マイクをめぐっては先月、TBSが人気若手ゴルフ選手の石川遼さんの取材で隠れて使用しようとしたとして、問題化したばかり。

○確かに、市は一時的に「隠しマイク」が設置されたと発表していたが、「事実関係が違ったとして発表を撤回」しており、双方の誤解が解けた時点で「事件」でも何でもないと思うのだが。

 「現場からの中継準備をしていた中京テレビ(名古屋市)のスタッフが配膳(はいぜん)用テントに小型マイクを付けようとして」「注意を受け、設置を取りやめた」が事実であれば全然隠そうとはしていないし、「隠しマイクと思い込んだ避難所スタッフ」が事実であれば避難所スタッフ側にも一方的な思いこみがあったようだし、同社記者が「配慮が足りなかった」と謝罪したのが事実であれば、その時点で終わった話ではないか。

 もちろん、こうした災害報道時のマスコミ関係者のマナー・モラル欠如には、これまで何度も辟易とさせられてきたので、テレビだけでなく新聞も含めて節度ある取材を求めてやまないが、そのためにするべきことはこうした一時的なバッシング報道ではなくて、例えば「被災者に関する報道時のガイドライン」のようなものを業界全体で定めて、関係者みんながそれを守るように大々的にアピールすることではないかと思う。

【7/22:追記】
○この件に関して産経新聞に続報が。
 市が抗議文を送付すると言うことは、単なる「誤解」で不問にしたわけではないと言うことの証。
 市がそれだけ強硬な対応をとると言うことは、どうやらマスコミ関係者にとっては都合の悪い事実が、まだまだ隠されているのかも知れませんね。

●中京テレビに抗議文送付へ 無断マイク設置で柏崎市
 新潟県中越沖地震で、中京テレビ(日本テレビ放送網系列)のスタッフが同県柏崎市の避難所の配膳(はいぜん)用テント内に小型集音マイクを無断で取り付けた問題で、柏崎市は22日、許可なくテントに入ったのは不適切だとして、中京テレビに抗議文を送付することを明らかにした。
 市によると、中京テレビのスタッフが21日夕、テント支柱にマイクと発信機を設置しているのを市職員が発見。問いただしたが、スタッフは説明をせずに撤去して立ち去ったという。
 日本テレビの関係者によると、同日夕のニュース番組でこの避難所から中継するために準備していたといい、実際に放送したという。

【7/25:追記】
○この件に関して新潟日報でも報道。

●盗聴騒ぎでテレビ局に抗議へ
 中越沖地震の避難所の1つに日本テレビ系列の取材団の男性が集音マイクを無断で取り付けようとしていた問題で、柏崎市災害対策本部は22日、男性が所属する放送局に近く抗議文を送ることを決めた。ただ、「災害対策のさなかであり、これ以上の事実確認はしない」として事態を収拾させる。
 市は問題が発生した21日の深夜、取材団の責任者を呼び、事実を確認。男性は避難所の外にあるスタッフ以外は入れない炊き出し用のテントに無断で集音マイクを設置しようとした。責任者は「マイクの設置には許可を取るべきだったと反省している」と釈明した。(新潟日報2007年7月23日)

○こんなことに構っていられない、という気持ちも分からなくはないが「災害対策のさなかであり、これ以上の事実確認はしない」という柏崎市の対応は、余り良い対応とは思えない。
 ただの誤解であれば、抗議文なんて送付しない方が事態は収拾したと思うのだが、かえって騒ぎを大きくしただけではないだろうか。

 本来であれば、当事者である中京テレビ(または日テレ)と市がきちんと説明責任を果たすべきで、特にマスコミは、日頃から他者に対しては「説明責任を!」と口酸っぱく叫んでいるのに、自分たちが当事者の時だけ知らんぷりというのはいかがなものか。 (まあ、いつものことだが、笑)

 また、柏崎市も抗議文を送付するほどの問題があったのであれば、今回どういう問題があって今後どうして欲しいかをマスコミ各社に認識させるためにも、きちんと説明すべきと思う。

○さらに、いつもは上記のような論調を繰り返すマスコミ各社(特にテレビ)が、この件に関しては余り突っ込まないのは、自分たちも50歩100歩という負い目があるから、と思われても仕方がないのでは。
[PR]

by azarashi_salad | 2007-07-22 08:29 | 社会 | Comments(8) <:/p>

Commented by taketombow at 2007-07-22 21:11
単なる誤解ですね。
 それを「事件」に仕立ててしまうところが、流石マスコミの方々ですね。配膳テントにどんな秘密が隠されていると思ったのでしょうか。
 「食事の盛りつけ量の多少でトラブルになっているとか・・」
有り得ませんね。
Commented by azarashi_salad at 2007-07-22 22:14
♪taketombowさん、こんばんは。
私も初めはただの誤解だと思ったのですが、市という行政機関がただの誤解で抗議文まで送付するとは思えません。
「隠されている」というのは「配膳テントの秘密(笑)」のことではなくて、公表されてはいませんが、取材に絡んで何か他にも色々問題を起こしているのではないかと。
市の抗議文が明らかになれば、その辺の事情が少しは見えてくるかも知れませんね。
Commented by こ~ at 2007-07-23 22:01 x
同じくマスコミ関係者ですが、この抗議文はその産経や毎日の記者が煽ったのだと思います。一旦事件になってしまっているのですから、「で、市当局はどう対応するのですか」と詰め寄られたら、市当局は何らかの行動を起こしてしまうものです。

記事にするまでもない、つまらん事件だと思われます。あざらしサラダさんが、最初に書いたことが大正解であると感じます。

昔から、アフォな記者は少なくありません。
Commented by azarashi_salad at 2007-07-23 23:40
♪こ~さん、はじめまして、こんばんは。
mixiにもコメントしましたが、柏崎市の抗議文を読んでみなければ何とも判断できかねますね。
仮にも、行政機関である市がマスコミに煽られて抗議文を送付するとは考えにくいですが、もしそれが事実なら、柏崎市にも問題があると思います。
個人的には、産経がこの件に真っ先に食いついたのは、読売が反安部に舵を切ったからではないかと勝手に想像していますが、笑。
Commented by こ~ at 2007-07-24 07:55 x
それが、よくあるのです。

1988年の天皇逝去報道(昏睡状態が長かった)では、行事(祭りなど)を自粛した自治体が一つあると、他の自治体に「で、そちらは自粛するのですか?」と詰め寄り、国内で多くの行事(恐らく、全て)が自粛で中止になったことさえあります。

もしくは、柏崎でのマスコミの振舞いが問題になりつつあり、警告のつもりで中京テレビをダシにしたかでしょうね。
Commented by azarashi_salad at 2007-07-25 06:40
♪こ~さん、こんばんは。
前者の件では、横並びの対応をせずに後から批判されることを恐れた自治体の気持ちも分からなくはありませんが、今回は恐らく後者でしょう。
新潟日報も報道してました。↓

盗聴騒ぎでテレビ局に抗議へ
 中越沖地震の避難所の1つに日本テレビ系列の取材団の男性が集音マイクを無断で取り付けようとしていた問題で、柏崎市災害対策本部は22日、男性が所属する放送局に近く抗議文を送ることを決めた。ただ、「災害対策のさなかであり、これ以上の事実確認はしない」として事態を収拾させる。
 市は問題が発生した21日の深夜、取材団の責任者を呼び、事実を確認。男性は避難所の外にあるスタッフ以外は入れない炊き出し用のテントに無断で集音マイクを設置しようとした。責任者は「マイクの設置には許可を取るべきだったと反省している」と釈明した。
(新潟日報2007年7月23日)
Commented by ぱっと at 2007-07-25 13:07 x
誤報かもしれませんし、騒ぎ過ぎかもしれませんが、そもそも被災地にマスコミが多すぎるとは思いませんか。被災地の事情とは別にマスコミは毎日新しい「ネタ」が必要でしょう。だから地震と関係ないこうした話題が「ニュース」になってしまう。例えば、ワイドショー関係者が現地入りする必要性は全く感じません。前回のエントリーで政党関係者が現地入りする必要性を論じていらっしゃいましたが、私はマスコミ関係者も同様だと思います。復興にマスコミは全く関係ありませんので、例えば、最初の数日はNHKに代表取材させるとか、何か対策を取らないと現地は迷惑するのではないかと危惧します。
Commented by azarashi_salad at 2007-07-26 06:43
♪ぱっとさん、こんにちは。
おっしゃるとおり、ニュースでもないワイドショーは不要、視聴者も、あんなものに頼らないで新聞を読むようにしましょう。
また、どのチャンネルを見てもどうせ同じ情報しか伝えていないので、本当に5局も民放が必要なのかも疑問。
NHKと二局もあれば十分ですかね、もっとも私はあまりテレビは見ませんが、笑。

<< ♪漏れていました △安全性より利便性を優先した「... >>