▼本当に今やるべきことか

●被害者救助に全力=安倍首相、遊説先から帰京・現地へ(7月16日13時1分配信 時事通信)
 政府は16日、新潟県中越沖地震の発生を受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集に当たるとともに、被災者の救出に全力を挙げた。参院選応援のため長崎市入りしていた安倍晋三首相は急きょ遊説を中止し、長崎空港発の全日空機で帰京。官邸で被災状況の報告を受けた後、陸上自衛隊のヘリコプターで同県柏崎市の被災地に向かった。
 視察に先立ち、首相は官邸で記者団に「人命の安全とライフラインの確保、皆さんの不安を払しょくするために万全を期したい。まずはわたしが現地に参り、状況を把握し、皆さんに少しでも安心してもらいたい」と述べた。また、自身の視察のために現地の人員を割かないよう指示したことを明らかにした。
 首相は地震発生直後の午前10時17分ごろ、長崎市で秘書官から報告を受けた。直ちに関係省庁に対し、関係自治体と連携して被災状況の把握と被災者の安全確保、救出に全力を挙げるよう指示。午後2時24分官邸に戻り、同3時すぎ官邸屋上から陸自ヘリEC225で出発した。溝手顕正防災担当相を団長とする調査団も現地に向かった。

○安倍総理だけでなく、選挙期間中と言うこともあってか、各党とも現地で遊説でもしそうな勢いで人を送り込んでいるが、本当に今やらなければならないことかよく考えて欲しい。

 こうした災害時は現地ではやることが山ほどあって、はっきり言って国会議員のお守りをしている暇なんて無いということは、ちょっと考えれば分かりそうなものだが。

 大体、「首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集に当たるとともに、被災者の救出に全力を挙げた」とあるが、肝心の首相が現地入りしていて官邸対策室では一体何をしているのやら。

 また、安倍総理は「自身の視察のために現地の人員を割かないよう指示した」と言うが、総理が来るとなれば、そのスケジュールを何度も念入りに確認したり、現地入りした際の交通手段の確保や視察場所の調整など、現地にとっては余計な負担になるに決まっている。

○もう少し現地が落ち着いて、復旧に向けて国を挙げての支援が必要になれば、確かに国会議員の視察も必要だろうし、その時はいくらでも現地入りすればいいが、少なくても今でないことだけは確かだと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2007-07-16 17:34 | 政治 <:/p>

<< ♪新潟日報が地震関係の情報をブ... ▲機械を100%信用するべからず >>