△情報不足

●生活保護辞退の男性死亡=「働けと言われた」-日記に行政不満つづる・北九州(7月11日21時32分配信 時事通信)
 4月まで生活保護を受けていた北九州市小倉北区の一人暮らしの男性(52)が、市の対応への不満をつづる日記を残して死亡していたことが11日、分かった。男性は受給辞退を申し出たが、日記では「(市に)働けと言われた」などと記していたという。
 小倉北署の調べによると、10日午前、男性宅から異臭がするとの110番を受け、署員が駆け付け、遺体を発見した。死亡した時期は不明だが、遺体は腐乱が進んでいたという。
 室内が荒らされたような形跡もなく、同署は事件性はないと判断したが、詳しい死因を調べている。 

○このニュースは情報が少なすぎて、はっきり言ってこの記事だけでは何が問題なのかよく分からない。もしかして市の担当者の「言い方」にでも問題があったのだろうか?

 この男性、まだ52歳と言うから普通に考えれば十分働くことが可能と思えるが、4月まで生活保護を受けていたと言うことは、実はそれだけの理由があったのかも知れない。

 そうでなければ、無条件に生活保護手当を支給するのではなく、真面目に働くように説得すること自体は間違っていないと思うのだが。

【追記】asahi.comに詳しい情報が載っていた。
●日記に「おにぎり食べたい」 生活保護「辞退」男性死亡(2007年07月11日16時16分)
 男性は肝臓を害し、治療のために病院に通っていた。市によると、昨年12月7日、福祉事務所に「病気で働けない」と生活保護を申請。事務所からは「働けるが、手持ち金がなく、生活も窮迫している」と判断され、同月26日から生活保護を受けることになった。
 だが、今春、事務所が病気の調査をしたうえで男性と面談し、「そろそろ働いてはどうか」などと勧めた。これに対し男性は「では、働きます」と応じ、生活保護の辞退届を提出。この結果、受給は4月10日付で打ち切られた。この対応について男性は日記に「働けないのに働けと言われた」などと記していたという。

○この記事によると、どうやらこの男性は生活保護を受けるだけの理由があったようだ。とすると生活保護を打ち切った市の判断ミスということか。

 また、記事によると同市では今回の事件以外にも2度も同様の事件が起きており、法律家や有識者らにより改善策を検討していたらしいが、それも功を奏さなかったみたいだ。
 こうした不幸な事件の再発を防ぐためには、市がどうしてこのような判断ミスを犯したか検証する必要がある。

 もし、原因が担当者個人の資質によるものなら、その担当者個人に全責任を負わせて排除すればいいが、そうではなくて例えば、同市では数値目標的に生活保護の打ち切りがノルマ化されているといった組織的な問題があった場合は、たとえ担当者が替わっても同じことが繰り返されることになる。

 同市では、たった3年間で3度も同じような事件が起きていることをふまえると、私の個人的な考えだがどうも後者のような気がしてならない。
[PR]

by azarashi_salad | 2007-07-11 22:50 | 社会 <:/p>

<< ▲機械を100%信用するべからず ▼競争原理と不正行為の関係 >>