▽「犯罪」よりも「ミス」が叩かれる社会(その2)

●前回のエントリー(△熊だと思えばいい)では、「私はこうした場に居合わせた経験がないので、この乗客たちを批判するつもりはない」「実際にそうした行動がとれるかは、その時になってみないと分からないのだが、こうしてシミュレーションしておけば何かの時の役に立つと思う」と書いたのだが、ネット上では案の定というか乗客たちを批判する意見が目立つ。

○こうした論調を見て、そういえば以前にこんなエントリーを書いていたことを思い出した。

 以前にエントリーした(▽「犯罪」よりも「ミス」が叩かれる社会)では、
 マスコミの皆さんにぜひ考えて頂きたいことは、「不祥事」で処分を受ける方々は確かに「ミス」を犯したかも知れないけれど、少なくとも「犯罪」は犯していないということです。
 「犯罪」よりも「ミス」が責められる社会は、やはりどこかおかしくありませんか。

と問題提起したが、今回の事件では、マスコミが揃ってたまたま現場に居合わせた乗客たちを批判の矛先に誘導している点や、こうしたマスコミ報道に煽られてマスコミの狙い通りの論調がネット上で拡がりを見せているのがとても気になる。

○もちろん、彼らが「犯罪」の現場に居合わせながら何の通報もしなかったことは決してほめられたことではないが、だからといって本来何の罪も犯していない者をそこまで批判することができるのだろうか。

 一方、こうした一時の感情で無理な勇気を煽って、いざそのような行動に出た方が不測の事態に陥ることがあっても、マスコミは決して責任を取らないということも私たちは理解しておく必要がある。

 そう考えると、こうした問題について考える場合には何もできなかった乗客たち個人に目を向けるのではなく、なぜ乗客たちが何もできなかったのかと言う視点で考えれば、もう少し違った論調になったのではないかと思う。

【4/29:追記】
なぜ乗客たちが何もできなかったのか、そのヒントがここにあるかも知れません。
●傍観者効果

[PR]

by azarashi_salad | 2007-04-24 07:38 | 社会 <:/p>

<< ♪「2回」は意外と少数派? △熊だと思えばいい >>