▼「学力テスト」という名の「記名アンケート」?

●学力テスト中止求め仮処分申し立て 京都の児童、生徒9人(4月16日20時50分配信 京都新聞)
 全国の小学6年生と中学3年生を対象に4月24日に実施される「全国学力・学習状況調査」(学力テスト)は、プライバシー権や教育を受ける権利を侵害し、違憲だとして、京都市と京田辺市の児童、生徒計9人が16日、両市の教育委員会にテストの中止を求める仮処分を京都地裁に申し立てた。
 原告の弁護団によると、学力テストをめぐる仮処分や訴訟提起は全国で初めてで、「家庭事情に踏み込む質問もあり、国や受託業者がこうした個人情報を収集・管理するのは問題だ」と訴えている。
 申立書によると、学力テストは文部科学省や市町村教委などが実施主体で、国語と算数(数学)に加え、生活習慣や学習環境について問う「質問紙調査」も行う。氏名か、個人特定に結びつく番号を記入させ、採点や集計は民間業者が行う。
 文科省が昨年末に実施した予備調査では、質問紙調査に「自分は家の人から大切にされているか」「先生から認められているか」などの項目があった。弁護団は「プライバシーにかかわる生活状況調査で個人を特定することに正当性はなく、憲法や個人情報保護法に反する。国家による教育内容、家庭教育への介入に当たり、教育基本法にも反する」と主張する。
 申し立て後に会見した保護者は「調査自体に反対ではないが、氏名を書かせるのは疑問。事前の説明もない」と話した。
 申し立てに対し、京都市教委は「学力実態や学習習慣を把握でき、指導の改善にも生かせる有用な調査。氏名の代わりに番号を記入する方式で、個人情報保護には万全を期している」とコメントし、京田辺市教委は「内容を見ていないのでコメントできない」としている。
 学力テストをめぐっては、愛知県犬山市教委が「地方の特色ある教育づくりを阻害する」として不参加を表明している。

○先日のエントリー(▲「全国学力・学習状況調査」に記名は必要か)でも「学力テスト」について取り上げたが、ネット上では「そこまで記名に反対するのはおかしい」とする意見も多く見受けられた。

 そうした方々が、「仮処分を京都地裁に申し立てた」という今回の「手法」に対して批判しているのであれば理解できなくもないが、「記名に反対」という彼らの主張そのものに対してまで批判しているのであれば「もう少しよく考えては」と言いたい。

 こうした意見をお持ちの方々は、恐らく「たかがテストの記名にそこまで反対するのはいかがなものか」と考えているのかも知れないが、今回実施される「学力テスト」の内容を本当に十分理解した上で、このような主張をしているのだろうか。

○というのも、文部科学省が実施しようとしている「学力テスト」には、国語と算数・数学の「学力調査」のほかに「児童・生徒質問」があり、特に問題となっているのは「児童・生徒質問」の部分である。

 この「児童・生徒質問」では「一週間に何日学習塾に通っていますか」「学習塾でどのような内容の勉強をしていますか」「自分は、家の人から大切にされている」「あなたの家には本が何冊くらいありますか」など、個人のプライバシーに係わる100項目近い「アンケート」を、個人が特定できる形で答えさせようとしている。

 このため、冒頭の記事にも書かれているとおり、京都地裁に仮処分を申し立てた保護者たちは「調査自体に反対ではないが、氏名を書かせるのは疑問。事前の説明もない」と主張しており、私は「仮処分の申し立て」という「手法」については賛同しかねるものの、「記名に反対」という主張そのものは間違っていないと考えている。

○ましてや、今回の調査の一部(採点や集計)を請け負う企業が、昨年末に個人情報流出事件を起こした「NTTデータ」と、こうした個人情報が喉から手が出るほど欲しいと想像できる「ベネッセ」であれば、なおさら「記名しても問題ない」と主張される方々が、どうしてそこまで個人情報に鈍感になれるのか不思議でならない。

 これらの問題点を全て理解した上で、なお「記名に反対すること自体がおかしい」と主張される方々には、名古屋大学の中嶋教授が今回の「学力テスト」について「個人情報保護法に背く恐れ」と問題提起しているので、ぜひ一読することをお勧めする。

●全国学力テスト 個人情報保護法に背く恐れ(「論壇」『朝日新聞』2007年3月3日)
 文科省は昨年末、全国学力テストの国語と算数・数学のテスト問題の一部と、児童生徒および学校に対する質問紙をウェブサイトで公開した。これらは昨年秋の予備調査で使われたもので、今年4月に予定されている本調査でも同様のものが使われるだろう。
 全国学力テストは通称で、正式には全国学力・学習状況調査という。小6・中3の児童生徒を対象に、市町村教育委員会などの協力を得て、文科省が実施する行政調査である。外見上は区別しにくいが、学校の定期テストや入学試験とはまったく性格が異なる。全国学力テストには教育制度上の問題も多々あるが、ここでは個人情報保護の観点から疑問を提示したい。
 たいへん気になるのは、児童生徒への質問紙で私生活の有り様、保護者との関係、自分自身への評価を具体的に尋ね、さらに家庭の文化的階層を調べるための質問にも答えさせようとしていることだ。「家の人から大切にされているか」「物事を最後までやり遂げうれしかったことがあるか」「家に本が何冊あるか」「親と一緒に美術館や劇場で芸術鑑賞するか」といった具合に、児童生徒と保護者のプライバシーに踏み込む情報を大胆に収集しようとしているのだ。
 しかも、回答紙に出席番号を、小6では氏名をも記入させるために、誰の回答か簡単に特定できる。したがって、テストの点数や学習状況調査への回答はすべて個人情報に該当する。そのため、学力テストの実施主体である文科省は、それらの収集・利用・保管に関して、行政機関個人情報保護法を遵守しなければならない
 そこで問題となるのは、文科省にはこのような個人情報を収集・利用・保管する権限があるのかということだ。行政機関個人情報保護法では行政機関は所掌事務遂行の範囲でのみ個人情報の収集等を認められているが、文科省の所掌事務の遂行にこのような個人情報が必要とは考えられない。
 児童生徒を直接指導する立場にある学校でさえ、児童生徒の私生活や家庭的背景に関する情報の収集は、個人情報保護条例等に基づいて慎重に行われなければならないのだ。文科省が説明するとおり教育・教育施策の改善が調査の目的なら、個人を特定する必要もないし、数万人を抽出して調査すれば足りるはずだ。
 さらに、同法には、個人情報の収集に先立って、利用目的を明示し本人の同意を得なければならないと定められている。つまり、仮に個人情報の収集が文科省に許されるとしても、保護者に収集目的を説明し同意を得ることなく、児童生徒を全国学力テストに参加させ回答させれば、同法違反となる可能性があるのだ
 学校が行う定期テスト等は児童生徒の指導・評価の資料を得るという目的が明確であるため、上記のような手続きは必要ない。しかし、文科省の行政調査である学力テストは話が違う。児童生徒を学力テストに参加させることを決めた市町村教委の判断の是非も問われる。文科省は早急に、個人情報保護法制を遵守する態勢を整え、学力テストのあり方を見直すべきではないだろうか。
 中嶋 哲彦(名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授)

○最後に、参考までに今回実施される「学力テスト」で行われる「児童・生徒質問」(アンケート)の一部を紹介するので、ぜひ「実名」付きで回答(コメント)していただければと思う。(名無しさんはダメだよ、笑)
①一週間に何日学習塾に通っているか
②学習塾でどのような内容の勉強をしているか
③自分は、家の人から大切にされているか
④あなたの家には本が何冊くらいあるか
⑤物事を最後までやり遂げうれしかったことがあるか
⑥親と一緒に美術館や劇場で芸術鑑賞するか
⑦一日にテレビを何時間見るか
⑧家庭にパソコンはあるか


【4/19:追記】
 私がまだ子供の頃、うちは裕福でなかったから家に電話が無く、ときおり学校から配られる調査票の電話番号欄を「空白」のまま提出するのがイヤでしょうがなかった。
 今回の調査でも、そうした傷つく子供がたくさん出ると思うとなんだかなあ。

[PR]

by azarashi_salad | 2007-04-18 22:35 | 社会 | Comments(4) <:/p>

Commented by dola at 2007-04-19 00:03 x
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr060608s/s_bunseki.pdf
こういう集計をしたいから、得点と紐付けする為に氏名を書かせるんでしょうね。
Commented by yoshihiroueda at 2007-04-19 01:33
こんな「アンケート」が含まれていることは知りませんでした。これはもう「アンケート」というより「身辺調査」もしくは親にとっては「信条調査」といえるかもしれません。
得点と紐つけして調査することには大いに価値があると思いますね。でもそこに氏名は必要ない。
Commented by azarashi_salad at 2007-04-19 06:26
♪dolaさん、
リンクのない方からの「ファイル」のダウンロードはドキドキするんですけど、笑。
Commented by azarashi_salad at 2007-04-19 06:31
♪yoshihirouedaさん、おはようございます。
上のPDFファイルも見ましたが、私も「得点と紐つけして調査すること」自体は価値があると思いますが、それならば収集してから機械的に整理番号を割り当てれば良いだけで、個人を特定する必要はないと思いますね。
ちなみに「小中学生9人の勝ち」なんてエントリーもありますが、もっと法律の専門家の意見を聞きたいところですね。
http://legalway.seesaa.net/article/39004071.html

<< △熊だと思えばいい ▽都民の選択(その2) >>