▽都民の選択(その2)

●先日のエントリー(▽都民の選択)で石原都知事の、「神戸の地震の時なんかは(自衛隊の派遣を要請する)首長の判断が遅かったから、2000人余計に亡くなったわけですよね」という発言は「事実」と「意見」の区別ができていないと批判したわけだが、こうした批判をするとなぜか「ウヨ」「サヨ」といったレッテルを貼ることにより話が集束されがちなので、注意が必要かなとあらためて思う。

○はじめに断っておくが、私は石原発言の「2000人余計に亡くなった」という部分については「事実」ではなくて、石原氏個人の「意見」(仮説)だと考えている。
 だから、もし本当にそうした「事実」があるのであればその根拠を説明すべきでは、と書いた。

 このエントリーに対していくつか反論的なコメントも頂き、中には「なるほど」と頷かせるコメントもあったが、残念ながら「2000人余計に亡くなった」という「事実」を裏付けるコメントは無かった。

 こうした批判に対しては政治家発言の揚げ足取りと見る向きもあるが、都知事という公職にある立場の者がメディアを前にして個人的な「意見」(仮説)をあたかもそれが「事実」であるかのように公言するということは、「納豆を食べればダイエットできる」という「仮説」をあたかも「事実」であるかのように報じた「あるある大辞典」と根が同じであり、私は批判されて当然の行為と考えている。

○特に、災害時の危機管理対策や事故再発防止対策といったことを検討する際に、誤った「事実」を前提にされると問題点の分析や今後の予防対策を講じる上で「障害」になると言っても過言ではない。

 東京都においても、恐らく阪神大震災を教訓としたさまざまな災害対策が検討されていることと思うが、こうした対策をとりまとめる際に最終責任者(決裁者)である都知事が誤った「事実」認識のままでいれば、いくら担当者が優れた対策を提案してもなかなか理解してもらえず、結局は知事の意向に沿うような「早期の自衛隊派遣ありき」的な対策に陥る恐れがある。

 もちろん、こうした災害時に自衛隊の方々が頑張っていることは、阪神だけでなく新潟中越地震の際などでも重々承知しており、自衛隊の派遣そのものが間違っているなどと言うつもりはさらさらない。

 しかし、「対策」というものはあくまで「事実」にもとづく問題の分析に上に成り立つものであり、もし誤った「事実」認識のまま無思考的に「早期の自衛隊派遣ありき」的な対策がとられれば、それはそれで大きな問題だと思うのだが。

 そうした意味もあって、前回のエントリーの最後に「これが「都民の選択」だと言うことで。」と書いたが、石原都知事を選択した都民は、こうした問題も含めて受け入れる「覚悟」が必要と言うことだろう。
[PR]

by azarashi_salad | 2007-04-16 07:36 | 政治 | Comments(7) <:/p>

Commented by KY at 2007-04-19 13:55 x
反論も無いようですので、少し感想を。
関西では行政は住民を見殺しにしたとの思いを持つ人は多いです。私も氏は好きではないですが、多少の誇張はあっても、この件については好感を持ちました。
2000人が救助を待ちながら亡くなったというのはありそうに思います。行政の言い分を信じるにしても、2割(1300人近い)は助かる可能性があった訳です。即死が多い方が行政には都合がいいので最大限の見積を発表しているでしょうから、2000人は実数に近いだろうと思うのです。また、自衛隊が早く来ても救命数は限られたという人もいますが、行政の立場としては不謹慎です。可能性を高める努力(派遣要請)自体を放棄していた(結局、知事は事後承諾だったと記憶しています)訳ですから。
実際に長田などでは給水不能で消火活動が限定され、亡くなった方も多かったし、私の当時の職場でも家の下敷きになったけれども自力で這い出し、火が出る前に両親を助けるために手を貸してくれと埃まみれで駆け込んできた女性社員もいたのです。
私自身は被災しておりませんが、「起きてしまった」災害への対応と常日頃の災害への備えを一緒に語ることこそ、失礼ですが被災者を傷つける論じようだと感じました。
Commented by azarashi_salad at 2007-04-20 07:16
♪KYさんは、「2000人余計に亡くなった」というのは「意見」(仮説)ではなくて「事実」である、と判断しているということでしょうか。
でしたらその「根拠」は何でしょう?
きちんと「根拠」さえ示して頂ければ「2000人余計に亡くなった」は「意見」(仮説)ではなくて「事実」になるわけです。

私は、「自衛隊が早く来ても救命数は限られた」などと主張するつもりもないし、行政の言い分を擁護しているわけでもなく、ただ「事実」と「意見」(仮説)は区別すべきと考えているだけです。

当時の自治体(行政)の対応を批判したい気持ちが理解できないわけではありませんが、こうした災害対策を検討する際には、冷静に「事実」を見極めることが重要だと思います。

石原氏の発言に「好感」が持てるから、または行政の言い訳が不謹慎だから「2000人余計に亡くなった」という「事実」があったことにしておこう、というのはちょっと違うのではないかと思うし、政治家が有権者の「感情」に配慮して「事実」を歪曲することはとても危険な事だと思います。
Commented by KY at 2007-04-20 08:50 x
そのように拘るつもりはありません。
議論自体が楽しいようですからそれで結構です。
Commented by 外山に入れたかった at 2007-04-20 23:24 x
結局こうなるんだよね。

KY氏は「多少の誇張はあっても」と言ってるじゃないですか。多少の、という言葉が気に食わない?

どんなに根拠を積み上げたところで仮定の上での話は、事実には成り変わりませんよ。結局のところ、ある根拠が信頼できるのかできないのか、どこに閾値を置くかは人それぞれでしょう。

あざらしサラダさんの閾値は、石原氏の言うことを事実のように受け入れている人たち(がいるならば)よりも健全だと私は思うし、石原氏が根拠が無いことを言う輩であるということを喧伝するのもまた必要だろうと思います。

ただ、あざらしサラダさん、こんな誰でも書けるようなエントリ書いてていいんですか?

こちらの人の記事を読んで何か思うところはないですか?
http://d.hatena.ne.jp/Wallerstein/20070410/1176178902

あるいは民主党長島議員のこれは?
http://blog.goo.ne.jp/nagashima21/e/aef5672e4e6e78bf64f5ccdd7c32e60b

前者の記事の最後のパラグラフに答える形のエントリを期待します。

別に完璧な答えなんて望んでいない。ただ、思うところはあるんじゃないですか?

この2000人問題のエントリも、材料になるような気がしますが。
Commented by azarashi_salad at 2007-04-21 00:44
♪う~ん、よく分からないんですけど。
ご紹介して頂いた塾講師の方の『自分の主張をする時にデータを捏造してでも聞き入れて欲しい、というのは「あるある」問題でも見られる問題なので、これ以上問題にはしない。』というところが、私とはちょっと考え方が違うのかなあと思います。
私自身は、このエントリーの最後で書いたように『政治家が有権者の「感情」に配慮して「事実」を歪曲することはとても危険』と考えていますので、
もちろん、これは石原氏に限らずですが。

ただ、この方の「ものを論ずる姿勢」というエントリーは、なるほどと共感を覚えました。
Commented by KY at 2007-04-21 06:46 x
少し補足します。

マスコミの指摘では2000人を問題にする場合、常に日頃の準備が云々と続きます。アザラシサラダさんの議論も結局はそうなっています。

では、日頃の準備さえすれば災害は起こらないのでしょうか?
次に、例えば個人の住宅の補強を行政はどれだけ「強権」で行えるのでしょうか?お金もかかります。
それにかけられるどれだけの時間があるのでしょうか?明日にも巨大地震は起きるかもしれないのです。
これらの疑問まで射程を持った議論を見たことがありません。

繰り返しになりますが、「起きてしまった」災害に対応するのと、
日頃の準備はトレードオフの関係にはないのです。
「日頃の準備をおろそかにして良いんだ」と氏が言ったのでしょうか?

地震後の生活支援の混乱と対応が遅いと避難が集まる中で出した統計でも、1300人については行政が認めたようなものなのです。誇張があっても大したものではないし、責任者としては正しいことを言っています。
行政は、評論ではないのですから。
Commented by azarashi_salad at 2007-04-22 05:38
♪う~ん、かなり話が飛躍しているような気が。
>日頃の準備さえすれば災害は起こらないのでしょうか?

繰り返しますが、このエントリーでは「事実」と「意見」を区別すべき、政治家やマスコミなど権力(影響力)を持つ者が、個人的な「意見」をあたかも「事実」であるかのように公言することは批判されるべき、と言うのが主旨ですので。

これが理解されていないと、結局は以下のような話になってしまうのかなあと。
>誇張があっても大したものではないし、責任者としては正しいことを言っています。

まあ、私もこれ以上拘るつもりもありませんし、あまり生産的な議論になっていないようなので、ここまでにしましょう。

<< ▼「学力テスト」という名の「記... △安かろう悪かろうでは >>