▽マスコミ扇動の結果

a0008617_23495035.gif●「いじめ自殺」中2名乗りメール、42歳女を逮捕
 長野県警伊那署は19日未明、同県伊那市伊那部、市臨時職員平沢真奈美容疑者(42)を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。
 平沢容疑者は、市立小学校で事務の仕事をしており、別の市立小学校に、中学2年の卒業生を名乗って小学校時代のいじめを理由に自殺するとの虚偽の電子メールを送ったとされる。最近のいじめによる自殺予告メールや手紙に関連しての逮捕者は初めて。
 調べによると、平沢容疑者は15日午後0時40分ごろ、自分の携帯電話から「小学校5、6年といじめにあって先生にも伝えたけれど聞いてもらえなかった。冷たいあの時の先生を困らせるために死のうと思います」という内容と、実行日を「17日夕方5時」と指定したメールを送り、学校業務を妨害した疑い。(読売新聞) - 11月19日

○連日過剰報道が続いている「いじめ」問題だが、この事件などはマスコミが作り上げた犯罪といっても過言ではないだろう。
 もちろん犯罪である以上、やった本人が一番悪いのは間違いないが、今のようなマスコミの行き過ぎた報道がなければ、恐らくこの容疑者もこうした犯罪を起こそうと思いつくこともなく防ぐことができた事件だと思う。

○高校の単位未履修問題などもそうだが、企業や役所などが問題を起こすと責任者の追求に余念がないマスコミ各社だが、自分たちが招いたこうした結果について、マスコミ各社は自分たちが社会に与えている影響について分析し、再発防止についてまじめに考えているのだろうか。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-11-19 08:59 | 社会 <:/p>

<< ♪2006年の総括 ▼認めていいの? >>