△学校批判ばかりしている内は「いじめ」はなくならない

●<福岡いじめ自殺>事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ
 中2男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した福岡県筑前町立三輪中で、この男子生徒をいじめていたとされるグループが事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたことが分かった。学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになった。
 複数の関係者によると、新たないじめを受けているのは自殺した男子生徒と同じ学年の別の男子生徒。暴力的な行為はないものの、言葉によるいじめだったという。
 男子生徒の自殺後、間もなくいじめグループが別の男子生徒を対象にしたいじめを始め、見かねた他の同級生が保護者に相談し、保護者が学校側に通報した。学校側はこの保護者に「実際に新たないじめがあるかどうか調査中」と説明しているという。
 同級生の保護者によると「いじめのやり方は亡くなった男子生徒と全く同じと聞いている。学校は一体何をしているのか」と憤っている。
 自殺した男子生徒は自殺直前に7人の生徒からいじめを受けていたことが判明している。同中にはこの7人を含む多人数のいじめグループがあり、新たないじめもこのグループの生徒が繰り返しているという。
 男子生徒は死の直前まで「消えろ」など言葉によるいじめを繰り返し受け「いじめが原因です。いたって本気です。さようなら」などと記した遺書を残し、先月11日に自殺した。自殺した男子生徒の父親(40)は「また息子と同じようないじめが起きているとすれば許せない。つらい思いをするのは私たちで十分だ」と話している。【船木敬太、高橋咲子】
(毎日新聞) - 11月3日

○自殺者を出した福岡の中学校で、新たな生徒をターゲットにしたいじめが繰り返されているという。

 これに対して、「いじめのやり方は亡くなった男子生徒と全く同じと聞いている。学校は一体何をしているのか」と保護者たちが憤っているというが、本当に学校だけを批判していていいの。
 このいじめをしている生徒や、その親(保護者)たちこそ一体何をしているのだろう。

 いじめ問題については、各マスコミからは学校や教育委員会、文部科学省などの役所批判の声は聞こえても、肝心のいじめを実行していた生徒たちや、そうしたしつけのできない親(保護者)を批判する声はほとんど聞こえてこない。

 しかし、よくよく考えてみると、教師によるいじめ誘発という特殊なケースを除くと、学校におけるいじめの被害者はもちろん生徒だが加害者も生徒である。
 直接悪いことをしている当人を批判せずに学校関係者ばかりを批判しているから、こうした生徒たちは「いじめをしても責められるのは学校関係者たちであって自分たちは責められない」と思ってしまうのではないだろうか。

○もちろん、管理監督者としての学校の責任を追及することも必要だとは思うが、まずは直接の加害者側に対して「いじめ」は悪いことであり、悪いことをしたら厳しく批判・処分されるという当たり前のことを徹底させる方が先だと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-11-04 08:45 | 社会 | Comments(12) <:/p>

Commented by dawn at 2006-11-04 09:10 x
おはようございます。
仰る通りだと思います。教育委員会を含めた教育体制にも大いに問題があることは事実でしょうが、全て学校側の責任に転化するような見方は可笑しいでしょう。また、いつものように、過剰な報道が自殺の連鎖に繋がっていることも忘れてはいけないと思います。dより
Commented by ironyt at 2006-11-04 10:15
はじめまして。
仰る事、よく解ります。明らかに学校側の不手際でない限り、いじめ事件の全てを「学校の責任」としてしまうのは、いかがなものかと、子供を持つ親として思っていました。
三輪中ではまたいじめが起きているようですが、
別のターゲットをみつけてでも、いじめを続ける子供達って
親にも問題ある様に思えてなりません。
Commented at 2006-11-04 12:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 小島愛一郎 at 2006-11-04 15:52 x
トラックバックありがとうございました。
さて、関西では「うざい」という言葉は基本的に使わないのですが、今日、昼間に子供達と公園で遊んでいるとある小学生が「うざい」「死ね」という言葉を平気で使っていました。悪意がまったくないということでしょう。そしてメディアかどうかは不明ですが「うざい」といった言葉が小学生の間で広まっているという現実、言葉の重みが理解できない状況、誰がこんな風潮にしてしまったのか。いずれにせよ、「いじめ」は大きな罪の一つだということを子供達に理解させなければなりませんね。そして報道でもまずこの点を大きく伝えて欲しいと思います。
Commented by azarashi_salad at 2006-11-04 20:31
♪dawnさん、こんばんは。
いじめにしても自殺にしても、いつものことですが、マスコミのミスリードにより、かえって事態が悪化しているように思えます。
それにしても、朝からどのチャンネルでも垂れ流している、あの馬鹿げたニュースショーこそ「いじめ」の構図にそっくりですね。
次は誰がターゲットになるのでしょうか、笑。
Commented by azarashi_salad at 2006-11-04 20:42
♪ironytさん、はじめまして、こんばんは。
確かに、自殺者まで出ているのにいじめが止められない生徒は、恐らく家庭になんらかの問題を抱えているのでしょう。
回りの保護者もマスコミも、そうしたデリケートな問題はできれば避けたいから、とりあえず「すべて学校が悪い」という世論を構築したいのだと思います。
そんなマスコミの誘導に安易に流される親も親ですが。
Commented by azarashi_salad at 2006-11-04 20:55
♪小島さん、こんばんは。
私も、近ごろの社会の乱れ(モラルの低下、ルールを守らない、他人に迷惑をかけても何とも思わないなど)は言葉の乱れと無関係では無いと思っています。
そして、そうした乱れた言葉がテレビにもネットにも溢れており、それらに子供が簡単に接触できるところにも問題がありそうです。
便利な社会が必ずしも良い社会とは限らない、といったところでしょうか。
こうした乱れた言葉を防ぐため、マンガではなくて正しい言葉で書かれた本をもっと子供たちに読ますべきだと思います。
Commented by azarashi_salad at 2006-11-04 21:02
♪鍵さん、こんばんは。
なかなかブログが更新できない日が続いていますが、どうやらこのまま年末を迎えそうな気配です。
Commented by おかにゃん at 2006-11-05 19:09 x
こんばんは。
学校の責任を否定するつもりは全くありませんが,基本的にはいじめの責任は「当の本人」にあります。そして,中学生くらいの未成年であれば,その親にも当然法的責任(民事上の損害賠償請求権)が発生しています。
その点についてはほとんど触れられていませんが,今の世の中,「金がすべて」という論調の方々が多いことを考えると,こういう側面をもっと全面的に報じるのも一つの方法でしょう。すなわち,「子供がいじめをして誰かを自殺させた場合,過去の裁判例で数千万円の賠償請求が下っている」ということをアピールするのです。
もっとも,本来は,「モラル」から押していくのが筋なのですがね。
Commented by watarajp at 2006-11-05 19:28
加害者および加害者の親が絶対にわるいと思います。
増してや教師が誘導したというのは、手に負えないです。

しかし、現在の連続いじめ自殺(遺書による告発)は、被害者の涙の叫びと同時に加害者や助けてくれない学校への抗議という感じもします。
だからこそ福岡の子供たちのようにまたいじめを繰り返しているのは、なおさら死んだ子が浮かばれない気がします。
Commented by azarashi_salad at 2006-11-05 21:55
♪おかにゃんさん、こんばんは。
私も、学校の責任はあくまで管理責任であって、直接の責任は加害者にあることを見失っては行けないと思います。
いじめ問題は、基本的にはしつけの範疇なのですが、加害者の親(保護者)にそれが期待できないような場合は、司直の力を借りることも必要かも知れません。
Commented by azarashi_salad at 2006-11-05 22:04
♪watarajpさん、こんばんは。
自殺した生徒は、本当に学校を憎んでいたのでしょうか?
私は、学校よりもいじめた生徒の方を憎んでいたと思うのですが、マスコミの影響か、それとも精神的に病んでいるのか、彼らにはそうした思いが伝わっていないようです。

<< ▼認めていいの? ▲やめてほしいなあ >>