▽魔女狩り的な「飲酒運転報道」について思う


●本社記者が酒気帯び運転 甲府 (朝日新聞:2006年09月20日)

 山梨県警甲府署は20日、朝日新聞甲府総局の中川裕史記者(27)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙した、と発表した。現場で交通切符(赤切符)を交付されている。
 調べでは、中川記者は19日午前1時40分ごろ、甲府市内の自宅近くで、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。検問中の同署員が停止を求め、呼気検査をしたところ発覚した。社内調査に対し、中川記者は非番だった17日夜から18日午前にかけて、飲食店や自宅などで焼酎やビールを飲んだ、と話している。同署が発表する直前の20日午後になって初めて上司に検挙されたことを報告した。
 中川記者は警察担当として一連の飲酒運転撲滅キャンペーンにも携わり、同県身延町教育長が19日に酒気帯び運転で検挙された記事も書いていた。
 朝日新聞社は20日付で、中川記者を取材現場からはずし、管理本部付とする人事異動を行った。事実関係を確認した上で、速やかに厳正な処分をする。
〈武内健二・東京本社編集局長の話〉 飲酒運転撲滅のキャンペーンに取り組んでいるさなか、本社甲府総局の記者が酒気を帯びて車を運転し、山梨県警甲府署に検挙されました。私たちは紙面を通じて飲酒運転による事故の悲惨さを伝え、運転する人に自覚を促してきました。読者の皆さまの信頼を裏切る行為としか言いようがありません。深くおわびいたします。ただ、飲酒運転をなくすための報道は続けなければなりません。私たち自身をさらに厳しく律し、社会的責務を果たしていきたいと考えています。


○先日のエントリー(△本気で飲酒運転をなくすためには)で、飲酒運転についての各マスコミの社説を紹介したが、飲酒運転撲滅キャンペーンに取り組んでいた現役記者が酒気帯び運転で検挙されるという不祥事があった。
 この不祥事を受けて、朝日新聞はこの記者を懲戒解雇したという。

 マスコミ各社は、福岡で起きた「飲酒ひき逃げ事件」以降の報道で、「不祥事を起こした公務員の処分が甘いのでは」と批判してきた手前、朝日新聞も自らの社員が起こした不祥事に対して厳しい処分をしなければ格好が付かなかったのであろう。
 言い換えれば、この記者は酒気帯び運転したから社内処分規定に従って解雇されたのではなく、朝日新聞のメンツを守るために見せしめ的に解雇されたととも言える。

 もちろん、飲酒運転は許されない行為だから組織として適切な処分は必要と思うが、福岡のような悪質な飲酒ひき逃げ事件のケースと今回のような酒気帯び運転で検挙されたケースなど全てを同一視して懲戒解雇する、それで本当にこの社会は良くなるのだろうか。

○折しも、先日の自民党総裁選で勝利した安部氏は、「一度や二度失敗しても再チャレンジできる社会」をつくり、この日本を「美しい国」にすることを目指しているらしいが、現実はまだまだそうした社会整備は整っておらず、いきなり職を失っても再チャレンジして新たな生活に向けて立ち直ることができるほど簡単な社会ではない。

 まだまだ、そうしたセーフティーネットが整備されていない中、飲酒(または酒気帯び)運転で摘発された全てのサラリーマンを一律懲戒解雇する社会を想像すると、どう考えても「美しい国」とは思えないのである。

 確かに、違法行為を犯したから懲戒解雇というのは分かりやすいし、当事者個人に全ての責任を負わせることができるため、ある意味、組織としては楽な対応とも言えるのだが、その反面「なぜそうした違法行為を起こしたのか」という問題の本質に迫る必要がないため、同じ不祥事・事故・事件が再発する可能性が高い。

 JR西では、ミスや不祥事を起こした社員を「日勤教育」と称して個人ばかりを処分し、問題の本質から目を背けてきたが、その結果起きたのがあの尼崎脱線事故ではなかったか。
 その意味では、見せしめ的に個人を処分するだけでは問題の本当の解決にはならないということを、マスコミ各社も含めて私たちは学んできたのではなかったか。

○悪質な飲酒ひき逃げ事件が後を絶たないのは、前回の記事で紹介した毎日新聞社説が指摘していたが、もともと現状の法体制の不備が問題の本質であり、違反者を見せしめ的に懲戒解雇すれば解決するという問題ではない。

 自治体や企業でも、そうした問題の本質を深く考えることなく安易に違反者の処分強化を検討しているらしいが、マスコミ各社もそろそろ問題の本質をきちんと捉えて、機能していない法体制の不備を改めたり、飲酒運転しなくても済むような交通サービスの充実を図るなど、実効ある再発防止対策を求める世論を構築していくべきではないかと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-09-24 08:12 | 社会 <:/p>

<< ♪膵内副脾 ▲モンキーカレッジ修了 >>