△色んなスタンスの記事を読んだ方が、より「真実」に近くなる


●ホームから男性転落、朝の武蔵野線乱れ2万人に影響(読売新聞)8月30日

 30日午前7時ごろ、千葉県流山市南流山のJR武蔵野線南流山駅で、同市の土木作業員の男性(60)が下りホームから約1・1メートル下の線路脇に転落し、頭に軽いけがを負った。
 直後に東所沢発東京行き下り普通電車(8両編成)が進入してきたが、ホーム下の「退避スペース」に避けて無事だった。
 流山署の調べによると、男性は酒に酔っていて、「物を拾おうとして落ちた」と話しているという。
 JR東日本によると、この事故で、同線は上下12本が最大30分遅れ、約2万人に影響が出た。


●<JR武蔵野線>ホームから転落も男性無事 千葉・南流山駅(毎日新聞)8月30日

 30日午前7時ごろ、千葉県流山市南流山1のJR武蔵野線南流山駅で、男性(60)がホームから転落。直後に東所沢発東京行きの下り普通電車(8両)が進入してきたが、男性はホーム直下の退避スペース(奥行き約50センチ、高さ約1.1メートル)にいたため、頭に軽傷を負っただけだった。
 千葉県警流山署の調べでは、男性は出勤途中で、「ホームに落とした薬を拾おうとしたが誤って落ちた」と話している。JRによると、同線は西船橋―府中本町間で上下線の運転を約30分間見合わせ、約2万人に影響した。【田村彰子】


○東京駅新幹線ホームで今年5月に起きた、ホームと車両の隙間に幼児が挟まった事故では、どの記事の見出しを見ても幼児の無事よりダイヤの遅れを強調していたことから、(▲酷い「見出し」だ)というエントリーを書いて、日頃は安全最優先といいつつも実際には安全よりダイヤを優先させているとしか思えないマスコミの報道姿勢について問題提起した。

 ところが、今回上で紹介する記事では、ダイヤの遅れに焦点を当てた読売新聞と男性の無事に焦点を当てた毎日新聞とでは、報道スタンスに明らかな違いが見られる。

 読売新聞記事には、「土木作業員の男性」「男性は酒に酔っていて」とも書かれており、平日の朝から酔って線路に転落した男性の非を暗に批判しながら、ダイヤの遅れと国民生活への影響を強調している。

 一方の毎日新聞記事には、「男性は出勤途中」「ホームに落とした薬を拾おうとしたが誤って落ちた」と書かれており、線路に転落した男性を批判するのではなく幸いにも無事だったことを強調している。

○今回紹介した両記事は、同じ事件・事故であっても取材する側のスタンスの違いにより記事内容が異なる「見本」といえるが、現時点では細かな事実関係が不明なため、どちらの記事・見出しが「真実」に合致しているか一概には言えない。

 ただし、好みの問題かもしれないが個人的な感想を言わせていただくならば、読売新聞記事の方は今の社会を反映してか人間に冷たい印象を受ける。

 また、男性の職業(土木作業員)に関して言えば今回の事故とは何ら関連性がなく、一方男性が「酒に酔っていた」のであれば大いに関連性があることから、ニュースを読む側としては記事のイメージに左右されるのではなく、双方の記事から必要な事実をピックアップし、自分の脳内で以下のような記事に変換した方が、より「真実」に近づくのではないだろうか。

●<千葉・南流山駅>ホームから転落も男性無事 朝の武蔵野線乱れ2万人に影響 

 30日午前7時ごろ、千葉県流山市南流山のJR武蔵野線南流山駅で、同市の男性(60)が下りホームから約1・1メートル下の線路脇に転落し、頭に軽いけがを負った。
 直後に東所沢発東京行き下り普通電車(8両編成)が進入してきたが、男性はホーム直下の退避スペース(奥行き約50センチ、高さ約1.1メートル)に避けて無事だった。
 流山署の調べによると、男性は酒に酔っており、「ホームに落とした薬を拾おうとしたが誤って落ちた」と話しているという。
 JR東日本によると、この事故で同線は西船橋―府中本町間で上下線の運転を約30分間見合わせ、約2万人に影響が出た。

[PR]

by azarashi_salad | 2006-09-02 06:32 | 社会 <:/p>

<< ▼そもそも「内規」がおかしいのでは ▲公正取引委員会はちゃんとニュ... >>