▲酷い「見出し」だ

a0008617_1445824.gif●<新幹線遅れる>女児が車両とホームにはさまる 東京駅(毎日新聞) - 5月31日12時29分更新

 31日午前8時40分ごろ、東京都千代田区丸の内1のJR東京駅の東海道新幹線ホームで、到着した三島発東京行きの上り新幹線から降りようとした女児が、車両とホームとのすき間(幅約20センチ)にはさまった。女児は係員に助けられ、けがはなかった。
 JR東海によると、女児は3歳ぐらい。運転士が後続が入って来ないよう、品川駅までの上下線を停電させる運転席内のスイッチを押したため、上下線38本が最大43分遅れ、約4万2000人に影響した。


●新幹線ホームに女児挟まれる、救助作業で遅れ…東京駅(読売新聞) - 5月31日12時38分更新

 31日午前8時40分ごろ、JR東京駅の東海道新幹線ホームで、女児が、到着した三島発東京行き「こだま706号」(16両編成)から降りる際、足を踏み外し、車両とホームのすき間(幅約20センチ)に挟まれた。
 駅員らは、安全確保のため東京―品川間を停電させて、女児を救出。女児にけがはなかった。
 新幹線は約30分後に運転を再開したが、上下線計38本が11~43分遅れ、約4万2000人に影響が出た。


●ホームのすき間に女児はさまる 新幹線に乱れ 東京駅(asahi.com:2006年05月31日)

 31日午前8時40分ごろ、東京都千代田区のJR東京駅で、到着した三島発のJR東海道新幹線「こだま706号」(16両編成)から降りようとした女児が、ホームとのすき間(約20センチ)に下半身がはさまった。女児は駅の係員に救出され、けがはなかった。
 JR東海によると、運転士が安全のため、周辺を強制停電させるスイッチを作動させたため、東海道新幹線は東京―品川駅間が約30分間不通になった。38本が43~11分遅れ、約4万2千人に影響した。


○上の記事は、いずれも今朝JR東京駅の新幹線ホームで起きた事故についてのものである。

 これらの記事で伝えている内容は、「女児が新幹線車両とホームの間に挟まった」「女児は駅員に救出され怪我はなかった」「救出作業のため新幹線に遅れが生じた」の3点。
 しかし、どの「見出し」を見ても「女児が挟まった」ことと「新幹線に遅れが出た」ことは伝えているが、肝心の「女児に怪我がなかった」ことについては一切触れていない。

 一般に、記事の「見出し」では記事中の最も伝えたい内容を強調するものだが、ということは、どのマスコミも「女児に怪我がなかった」ことより「新幹線に遅れが出た」ことの方を重視しているということに他ならない。

 『<無事救出>新幹線ホームに女児挟まれる、救助作業で遅れも…東京駅』では、どこが不都合なのだろう、それとも<無事救出>ではニュースにならないということか。
 だとすれば、この女児とその家族や救出に当たったJR職員に対して、失礼極まりない話だと思う。

 尼崎脱線事故の際、マスコミ各社はあれほど「スピード、効率より安全優先を」とJR西をバッシングしていたにもかかわらず、こうした状況を見ると、本当に「ダイヤの遅れより命が大事」と考えているのか疑問に思えて仕方がない。

 毎日、毎日、事件や事故ばかりを扱っていると感覚が麻痺してくると聞くが、「命の大切さ」を説く前に、まずは自らの感覚を省みた方がいい。

○しかも下の続報によると、どうやら「女児」ではなくて「男児」だったらしい、笑。
 「人命」よりも「ダイヤの遅れ」にばかり注目しているから、こうしたミスを犯すのではないだろうか。

●新幹線ホームから男児転落、救助作業で遅れ…東京駅(読売新聞) - 5月31日16時9分更新

 31日午前8時40分ごろ、JR東京駅の東海道新幹線ホームで、到着した三島発東京行き「こだま706号」(16両編成)から降りた男児が、車両とホームのすき間(幅約20センチ)から転落した。
 駅員らは、安全確保のため東京―品川間を停電させて、男児を救出。男児にけがはなかった。
 新幹線は約30分後に運転を再開したが、上下線計38本が11~43分遅れ、約4万2000人に影響が出た。

[PR]

by azarashi_salad | 2006-05-31 18:46 | 社会 <:/p>

<< △政府公認「スパムメール」? △社会保険庁と損保ジャパンの意... >>