▽愛「国」心よりも愛「人」心の方が重要ではないか

●教育基本法改正案 愛国心教育、小泉首相「評価必要ない」(毎日新聞) - 5月25日

 教育基本法改正案は24日の衆院教育基本法特別委員会で実質審議が始まり、「愛国心」をめぐる表現や、教育現場への影響を中心に議論が行われた。政府案に盛り込まれた「我が国と郷土を愛する態度」を養う教育が、内心の自由への侵害に当たるとの懸念を野党各党が示したのに対し、政府は「子どもの内心に立ち入って(愛国心があるかどうか)評価するものではない」(小坂憲次文部科学相)などと慎重な答弁に終始した。


○教育基本法に「愛国心」という項目を明記すれば、学習指導要領等に盛り込まれるのが分かっていながら「評価するものではない」なんて、教育現場を混乱に陥れるだけの法改正ならやめた方が良い。

 前回のエントリーでも指摘したが、このところの政府方針は、具体的な戦略(方策)を打ち出さずに目標(ノルマ)だけを現場に丸投げする傾向が目につく。

 「愛国心」の問題も「国旗」、「国歌」の時と同様、法案成立までは「強制することはない」と嘯きながら、法改正されれば「通達」かなにかで教育現場に押し付け従わない者は処分、というシナリオが今から目に浮かぶ。

○そもそも、どうして「愛国心」を教育基本法で規制しなければならないのか良く分からない。

 日本社会は、行き過ぎた市場原理主義の浸透により「世界一安全」と言われた社会からジャングルのような弱肉強食の荒廃した社会に変わりつつある。

 これに伴い、人々の心から「強きをくじき弱きを助ける」精神が失われ、小さな子供やお年寄りなどの社会的弱者が犠牲になるような事件が相次いでいる。

 こうした社会をあらためて安全な日本社会を取り戻したいという気持ちは理解できなくもないが、「愛国心」を規制することによって実現できることなのだろうか。

 私は、それよりも家族や隣人など、まずは身近な「人」を愛する教育の方が重要ではないかと思う。
[PR]

by azarashi_salad | 2006-05-28 09:38 | 政治 | Comments(8) <:/p>

Commented by おかにゃん at 2006-05-28 12:09 x
こんにちは。
愛国心自体は,既に学習指導要領に明記されているため,今さら教育基本法云々で議論すべき内容ではないと思います。
むしろ,義務教育の年数問題など,教育基本法で議論すべき内容はもっと根幹的な部分にあります。
そして,なによりもおっしゃるとおり,「まず人を思いやること」と「自分は多くの人の支えがあって初めて生きていけること」をしっかりと教え込むことが大事だと思います。
Commented by azarashi_salad at 2006-05-29 07:01
♪おかにゃんさん、こんにちは。
なるほど、すでに学習指導要領に盛り込まれているならば、どうして教育基本法を改正する必要があるのか?
普通に考えれば、要領だけでは不十分だから法改正してもっと厳しく強制しようということでしょうね。
Commented by tosh3141 at 2006-05-29 19:48
お久しぶりです
http://luxemburg.exblog.jp/
さんのところにもコメントしたのですが、愛国心を法案に盛り込みたい人は、愛国心がないか、苦手かのどっちかなのです。そして、自分がそれを持てない理由を、学校教育に責任転嫁してるだけです。
指導要領に記載し、教育基本法に盛り込めば、そう教育できる・そのような能力が身につく と考えることは、そもそも間違っていて、同じ初等教育を受けていても、分数の計算でつまづく人もいれば、数学者も育つのです。英語も同じで、作文能力も一緒です。愛国心だって、学校で教えることができる範囲で考えれば同じ結末が待っていると、どうして思わないのか、頭が悪いのとちゃうか?とホンキで疑りたくなるこのごろです。
読み書きそろばんは、生きていくために、それぞれの水準は異なるにせよ、必要なレベルがありますが、愛国心にもそれがあるのだとしたら、それは一体どんな国?ということが、議論されるべきですね。
そのようなレベルはなく、普遍的な国民の心情としての愛国心ならば、それを育むところは、学校だけでない地域社会の風土そのものですから、教育基本法の管轄外となるでしょうね。
Commented by 小島愛一郎 at 2006-05-30 23:42 x
ちょっと違った角度ですが、TBいたしました。
法律に制定されたから、教育現場が激変するはずは無く、混乱するだけ、ましてや子供たちにとっては「愛国心」が通信簿の評価対象になったところで、彼らは理解できるはずもなく、親も説明できない。

やはり教育現場、行政、そして我々も含め、「明日、生き抜くためにどうすれば良いか」が最優先となってしまう社会に戻らないと何においても大きな変化はまったく生じないのかもしれませんね。

人間以外の動植物や昆虫は環境への変化に長い年月をかけてとは言え、変化に柔軟に対応してきたというのに。
Commented by azarashi_salad at 2006-05-31 07:37
♪tosh3141さん、こんにちは。
なるほど、愛国心がないから法制化しないと不安なんですか。
永田町や霞ヶ関を愛する気持ちだけは強いようですけど、笑。
ヒトとしての生き方を教える基本は家庭教育だと思いますので、そのためにも効率ばかりを追い求めるのではなく、もっと余裕を大切にする社会でありたいものです。
Commented by azarashi_salad at 2006-05-31 07:43
♪小島さん、こんにちは。
どんなことにも共通していますが、現場の実態を正しく把握しないまま、永田町や霞ヶ関の机上の理論で議論するから、結局現場が混乱するのだと思います。
教育基本法を変えるのであれば、教師、生徒、父兄の声を第一に検討すべきと思うのですが、有識者というのが曲者ですね、笑。
Commented by Pちゃん at 2007-07-24 20:07 x
日教組にとっては、国ではなく共産主義を愛する心を育てたいから反対するよ。中日新聞もそっちの思想だし。
Commented by azarashi_salad at 2007-07-24 23:15
♪はて、どこかに「共産主義を愛する」なんて書いていたかな???

<< △社会保険庁と損保ジャパンの意... ▼戦略なき目標設定が不正行為を生む >>