♪国家賠償法とは?

a0008617_12593344.gif●二つ前のエントリー(【耐震偽造問題に対する公的資金投入について考える】)のコメントで国家賠償法について触れたので、もう少し詳しく調べてみた。

○「国家賠償訴訟入門(三協法規):石井忠雄(法務省大臣官房参事官)著」によると、国や公共団体が賠償義務を負う場合には、国家賠償法の規定の適用が問題になる場合と民法の規定の適用が問題になる場合がある、と書かれている。

 その内、国家賠償法が適用されるのは、公務員の「公権力の行使」についてであって、訴訟で損害賠償請求が認められるためには、原告は、その法律要件に当てはまる事実を主張し、争いがあれば立証しなければならない、とある。

 では、こうしたことを規定している国家賠償法とは、そもそもどういうものか。以下は、わずか6条からなる国家賠償法の全文である。
第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。
2  前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。
第二条  道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。
2  前項の場合において、他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する。
第三条  前二条の規定によつて国又は公共団体が損害を賠償する責に任ずる場合において、公務員の選任若しくは監督又は公の営造物の設置若しくは管理に当る者と公務員の俸給、給与その他の費用又は公の営造物の設置若しくは管理の費用を負担する者とが異なるときは、費用を負担する者もまた、その損害を賠償する責に任ずる。
2  前項の場合において、損害を賠償した者は、内部関係でその損害を賠償する責任ある者に対して求償権を有する。
第四条  国又は公共団体の損害賠償の責任については、前三条の規定によるの外、民法の規定による。
第五条  国又は公共団体の損害賠償の責任について民法 以外の他の法律に別段の定があるときは、その定めるところによる。
第六条  この法律は、外国人が被害者である場合には、相互の保証があるときに限り、これを適用する。

○上記にあげた国家賠償法の構成については、以下のとおりである。

 1条1項は、公務員の行為から生じた損害について、国や公共団体が賠償責任を負う場合について定めている。
 1条2項は、国や公共団体が国民に賠償した場合、それを公務員個人に対して求償するときの要件について定めている。

 2条1項は、国や公共団体が設置・管理する公の営造物によって損害が生じた場合の賠償責任について定めている。
 2条2項では、「他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する」と定めている。

 3条は、費用負担者の賠償責任に関する規定。

 4条は「1条から3条の適用がない部分については民法の規定による」という意味で、国又は公共団体の損害賠償責任に関しては、まずは国家賠償法1条から3条の規定が適用されて民法の規定は適用されないが、国家賠償法に規定がない部分については民法の規定が適用されるという意味。
 例えば、国家賠償法には時効についての規定が置かれていないから国家賠償責任に時効はない、というのではなく、この場合には4条により民法の規定が適用されると言う意味。

 そして5条により、国又は公共団体の損害賠償責任を国家賠償法より軽くしたり重くしたりする特別法がある場合には、そちらが優先適用されるという意味。

 6条は、まあいいか、笑。


○こうしてみると、今回のマンションは「国や公共団体が設置・管理する公の営造物」ではないので第2条は適用されず、行政の賠償責任に関連してくるのは第1条ということになるのだろうか。

 なお、それぞれの条文の中身については別途エントリーする予定だが、民法の規定についてまで調べる能力も余裕もないので、どなたか詳しい方はTBしてくれると有難く思います。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-12-11 09:29 | 政治 | Comments(3) <:/p>

Commented by おかにゃん at 2005-12-11 14:58 x
こんにちは。
さて,今回の件と国家賠償の関係ですが,先に書いてしまうことを横取りしてしまうかもしれませんが,1条1項でいう「故意過失」があったかどうかがポイントとなります。
具体的には,審査業務を民間委託したが,それをチェックしきれなかった点に故意または過失があるか,という点になるでしょう。
これ以上は,横取りしちゃうのも何ですから,別の機会に触れますね。m(__)m
Commented by azarashi_salad at 2005-12-11 17:53
♪おかにゃんさん、こんばんは。
横取りなんてとんでもない、笑、ぜひエントリーをTBして下さい。
私もこうした法律関係は素人なので、自分の勉強結果と比べてみたいと思いますので、どうか気になさらずに、TBをお待ちしています。
Commented at 2005-12-11 21:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< ♪今宵は忘年会。 ▲右も左も、肝心のトップは「わ... >>