【ニュース記事品質強化月間】△不完全の見本のようなニュース

a0008617_1231262.gif●先生に相談し命名 カラーギャング、少年6人を恐喝などで逮捕(産経新聞:10月25日)
 夜桜を意味する「ナイトブロッサム」と命名したカラーギャングを結成し、恐喝を繰り返したとして、警視庁少年事件課は恐喝などの疑いで、東京都八王子市の私立大一年の男子学生(19)ら少年六人(十六-十九歳)を逮捕した。
 少年らは白い服装で統一して行動する「カラーギャング」で、今年四月ごろに結成。互いを「総長」「部長」などと呼び合っていたという。
 また、チーム名を命名する際には、通学する大学の英語担当の先生からもアドバイスを受けていた。
 調べでは、少年らは今年五月十四日未明、多摩市落合の路上で、神奈川県の大学一年生の男子学生(19)に「何見てる、待てよ、シカトするな」などと因縁をつけ、男子学生から現金約九千四百円を脅し取った疑い。
 少年らは同様の手口で十一件の余罪を自供しており、警視庁で裏付けを急いでいる。

○先日報じられたこのニュース。
 また不良教師が、と読者に思わせるセンセーショナルな見出しが付いているので、てっきり次のようなことを想像してしまった。

学生「おー、センセーよう。俺達今度ギャングを結成するんだけど、一発で相手がビビるようなスゲー名前ねえかなあ?」

教師「それなら”ナイトブロッサム”にしろよ。これならビビって誰でもすぐ金出すぜ」

 これなら確かに批判されて当然の行為かもしれないが、実際はどうだったのだろうか?

 記事には、「また、チーム名を命名する際には、通学する大学の英語担当の先生からもアドバイスを受けていた」としか書かれていないので、もしかするとこうだったのかもしれない。

学生「センセー、夜桜を英語でなんて言うか教えろよ」

教師「そんなことも分からないのか。”ナイト”と”ブロッサム”を使ってよく考えてみろ」

○後者の場合も「英語担当の先生からもアドバイスを受けていた」と書いてもウソではないが、それこそ因縁のようなものだろう、笑。

 では、こういう不完全の見本のようなニュースがどうして平気で全国紙に載るのだろうか?
 おそらく意図的に「教師=悪」という世論を作り出したいのか、そうでなければ記者の能力が低下しているかのどちらかだろう。

 ブログが、こうした不完全なニュースを補完できればいいのだが、そのためにはもっと現場からの情報提供が不可欠だと思う。

【追記】
○今回、ガ島通信さんも同様のエントリーを書かれているが、しばらくはこうした「不完全ニュース」を特集してみようと思う。
 ニュースでは情報が不十分と指摘した部分について、少しでも補強できる方がいらっしゃれば、どうかコメントかTBで情報提供をお願いします。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-29 16:48 | 社会 | Comments(7) <:/p>

Commented by ぬー at 2005-10-30 13:31 x
すべての現場に信頼できるブログ主がいるとは期待できないので、こういう個別で小さい事件の検証にはブログは不向きじゃないかと思います。
Commented by dawn at 2005-10-30 15:02 x
こんにちは。
最近は週末にまとめてエントリーされているようですね。ところで、この記事は、推測ですが、1つは記者が話を少しでも面白くしようとした(他の事例とは違う点があるようにしたかった)のと、紙面の関係で末節部分を削られたのとで、複合的に不完全なものが出来上がったのではないでしょうか。最近は正確に記事を書くより、他の同じような記事と差別化を図りたいと云う方が優先されているようにも感じます。『意図的に「教師=悪」という世論を作り出したい』と云うようなことを考える能力も記者には無いように感じられます(笑)。dより
Commented by azarashi_salad at 2005-10-30 15:34
♪dawnさん、こんにちは。
近ごろは、平日は記事のエントリーやコメントだけでなく、ブログの閲覧も厳しい状況になってきました。貧乏暇なしです、笑。
ところで、「署名で書く記者のニュース日記」の小池さんの記事(
「グチ」? 「実情報告」?)に書かれていることが本当なら、マスコミも人手不足で記事の品質が低下している可能性もありますね。まあ、どこの職場も同じ状況なので言い訳にはならないのですが、笑。
この特集では、批判だけではなくて市民によるニュース情報の補強ができないかテストしてみたいと考えています。
dawnさんにもご協力いただけると幸いです。
Commented by dawn at 2005-10-31 10:47 x
おはようございます。
いやァ、貧乏暇無し、私もその通りです。ご協力できることがあれば、いつでも致しますので、声を掛けて下さい。dより
Commented by azarashi_salad at 2005-11-01 07:44
♪dawnさん、おはようございます。
今朝のニュースで報じていた「産経新聞」の偽造写真掲載問題などを見ると、富士通などで問題視されていた成果主義のマイナス面が表面化しているのかなと思ったりします。
写真が捏造ということは、記事も捏造の可能性が否定できないですね。
発覚したのがたまたま産経新聞だったというだけで、どこの新聞も似たようなものかも知れませんが。
Commented by ぱっと at 2005-11-01 22:34 x
こんばんは。以前、毎日新聞の磯野さんのブログにも意見を書かせて頂いたことがあるのですが、私はある種の「製造物責任」ではないかと思っています。マスコミの製造物は報道で、その正確さこそが品質です。不正確(ましてやねつ造)というのは欠陥商品ですからマスコミ流に言えば、再発防止策や商品(報道)回収等々が必要にならないのかと不思議に思っています。もちろん現実には不可能でしょうから、それなら他の人にも言いようがあるのではないかな、という気持ちです。自分にできないことを他人に要求するのはあまり好きにはなれませんね。
Commented by azarashi_salad at 2005-11-02 07:04
♪ぱっとさん、こんにちは。
そうですね、記事はマスコミが提供する「商品」ですから、欠陥があれば謝罪するだけでなくて、しっかりした再発防止対策についても言及してもらいたいですね。
ましてや捏造となれば、マスコミが徹底的に批判していた「三菱」と変わらないわけですから、いつも思うことですが、マスコミは他人に厳しいわりには自分に甘すぎるのでは。
実際には、ぱっとさんが言っている通り、こうした「ミス」を完全に無くすことは不可能なので、マスコミも含めてお互いに余り厳しく批判する社会風潮はいかがかな、と思います。(それを理解してほしくてこうしたエントリーを特集する気持ちもあります)
一方で「捏造」のような意図的な欠陥は無くすことができるので、マスコミも含めて役所や企業も厳しく批判されるべきと思います。

<< △桜の移植ってそんなに大変なの... ♪ブログ・ジャーナリズムを読んだ >>