△「勝ち組」「負け組」はお嫌いですか

a0008617_12174016.gif●先日のエントリー(♪あなたは「勝ち組Iそれとも「負け組」)に、コメントとTBでご意見やご質問を頂いたので、少しばかり補足したいと思う。

○先日のエントリーでは、巷で言われている「勝ち組」「負け組」あるいは「セレブ」などが意味するものについて、もっと身近な問題として考えてもらうため、分かりやすい例をあげてあえて極端な表現を使用した。
 しかし、何も個人の人生観まで重ね合わせる必要はない、と私も考えている。

 私は、dawnさんやひろさんのコメントにあったように、金銭的な尺度だけではなくて、もっと精神的な尺度でものごとを考えるためには、やはり生活にある程度の「余裕」というものが必要ではないかと考えている。

 その意味では、支出が増える一方で所得が伸び悩む中、「第3のビール」を購入してなんとか家計をやりくりしている層と、そんな気苦労などする必要もなく「プレミアムビール」を購入している層とでは、明らかに生活に対する「余裕」が異なると思う。

 今回の酒税改正は、単に取りやすいところから取るというだけでなく、そうした「余裕」の少ない層にターゲットを絞った政策といえるだけに、二重にタチが悪いと思っている。

○にもかかわらず、政界はまだしも財界からも反対の声が聞こえて来ないのはなぜだろうか。

 バブル崩壊以降、多くの企業で人件費の削減が行われ、多くのサラリーマン層に我慢を強いてきたのではなかったか。ならば、多くの社員が困るから止めて欲しいという声が、せめて財界からは聞こえてきてもいいのではないだろうか。
 唯一聞こえてくる反対の声が、「売上が減るから反対」というビール業界の声だけというのはちょっと寂しくないか。

○前回のエントリーは、こうした事実を正面から受け止め、自分たちがどういうポジションに属していて、どう反応すればいいかを考える良いきっかけになると思った。

 ただし、繰り返すがどちらの層に属していても、人生の「勝ち組」「負け組」だなんて一喜一憂する必要がないことは、あえて言うまでもない。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-24 23:46 | 社会 | Comments(17) <:/p>

Commented by hirosan551 at 2005-10-25 21:45
家では第3のビールを飲む人たち、と付き合いはあるつもりですが、彼らを見ているとそんな経済状況でも、人生を楽しむことをできるような気はします。
全く無関係だとはいいませんが、経済状況と精神的な余裕を持つことは相関が低いような気がします。
逆に消費者金融の隆盛を見ていると、なにかを間違っている人たちが多いのではないか?と感じています。
Commented at 2005-10-26 00:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by brotherjin2 at 2005-10-26 01:31
仁@木偶の妄言です。

えー、第3のビールを2本飲んだあとに、焼酎などを飲んでいる僕がコメントすると、ブロガーズ・マナーの「飲み過ぎの状態でコメント等は書かない」に抵触するのではありますが、お許しください(笑)。長くなるので、トラックバックにしました。コメント代替トラックバック用別館の第1号記事となりました。
Commented by azarashi_salad at 2005-10-26 07:48
♪仁さん、こんにちは。
第一号記事のTBありがとうございます。
後ほどそちらにコメントさせて頂きますが、お互い飲み過ぎには注意しましょう、笑。
Commented by azarashi_salad at 2005-10-26 12:36
♪ひろさん、こんにちは。
いわゆる拝金主義とこうした問題とを混同されているのではないでしょうか?
「生かさず殺さず」と言いますが、「痛み」もほどほどにしておかないと、「平成の大乱」なんてことになりかねません。
生活苦が理由の自殺や犯罪を犯すケースが増えているような気がします。
Commented by hirosan551 at 2005-10-26 19:57
負け組、勝ち組という言葉の中に、拝金主義の臭いはするな、と思っています。それが全てだとは思いませんが。。
「生活苦」がなぜ起こっているのかが、はっきりわからないので、なんともいいがたいところはあります。たとえば、住宅ローンの返済が出発点なら、勝ち組・負け組問題ではなく、お金の運用の教育が不足していたことが原因でしょうし。
Commented by azarashi_salad at 2005-10-26 22:22
♪ひろさん、こんばんは。
>「生活苦」がなぜ起こっているのかが、はっきりわからないので、

PCと私の能力が低いため(笑)、平日はなかなかブログを書くことができません。
週末に別のエントリーを書いてみますので、よければ合わせて考えてみてください。
Commented by おおた葉一郎 at 2005-10-28 20:36 x
たぶん、第4のビールが・・・
ところで、以前サウジに行ったとき、あそこは大変な禁酒国家なのに、外国人(というか日本人)の家には、秘蔵のウィスキーとかあるのですね。めったに手に入らないため、1本を1年かけて飲むために、ノンアルコールビールに数CCをまぜて、うすめて飲むそうです。日本でも、強めの焼酎をノンアルコールビールで割って税金セーブする人もあらわれそうですね。
Commented by azarashi_salad at 2005-10-29 07:04
♪おおたさん、こんにちは。
もしかして、それは「ホッピー」のことでは、笑。
なるほど、自宅用「ホッピー」ですか、有り得るかも知れませんね。
Commented by 貞子ちゃん at 2005-10-29 22:09 x
生活苦がなぜ起こっているかは 日本国の社会保障制度が未熟なためだけだと思います。
あとは 現代でもお金がなくても幸せに暮らせる男女が円満の暮らせる秘訣教育(つまり 男女ともに 『精神的な自立教育』と言う発達心理学の問題です。)が けっこう日本国内では ハチャメチャになってきているからだと思います。
それ以外に何があるのでしょうか?
Commented by azarashi_salad at 2005-10-30 03:50
♪貞子さんは「生活苦」を体験していますか?
>現代でもお金がなくても幸せに暮らせる男女が円満の暮らせる秘訣教育(つまり 男女ともに 『精神的な自立教育』と言う発達心理学の問題です。)が けっこう日本国内では ハチャメチャになってきているからだと思います
この後段の部分の意味が良く分からなかったのですが、上に書かれているようなこともあるだろうし、それだけでもないと思っています。(私も悟っていないので答えを求められても困りますが、笑)
Commented by 貞子ちゃん at 2005-10-30 09:31 x
お!そう来ましたね♪
私は生活苦なら 3度くらい体験しています。(^^; 最低で年収96万の生活もしたことがあります。(親が娘には贅沢をさせないと言う意味でとても厳しかったことに 今では感謝しています。)
つい最近も 主人の会社が軌道に乗るまで 年収300万程度の生活をしてました。でも 主人も私も娘も 仲良くたくましく生きてました。起業する 転職するということは 経済的には 一時的に窮乏することなのです。
しかしながら 気の合った仲間がいたので 当時はお酒も飲みませんでした。
後者の部分が良く理解できない方が メディア系にいらっしゃるのが やはり現代の混乱だと痛感しています。
少し突っ込みすぎました。すみません。
あざらしサラダさんに 私は一目置いているので こういったコメントを残してしました。どこまで 私の真意が伝わっているか気がかりですが・・・・
Commented by azarashi_salad at 2005-10-30 09:57
♪貞子さん、こんにちは。

別に貧乏比べをしようと思ってはいませんが、笑。

>少し突っ込みすぎました。すみません。
いえいえ、色々な意見を聞いて一つでも「なるほど」と共感できる意見を吸収できれば、自分の糧になりますから。
実は、山口浩さんのブログに『(森永卓郎)氏の本から、
日本はこれから「年収300万」が当たり前の社会になっていくけど、それは変えられないものと受け止めた上で、自らの生き方を変えた方が幸せなんだよ、
という、とても共感できっこないメッセージを感じている私は間違っているでしょうか?』とコメントしたばかりです。
貞子さんやひろさんの考えに、これと似たものを感じたのですが、私の思い違いでしょうか?
Commented by 貞子ちゃん at 2005-10-30 12:38 x
あざらしサラダさん 私も昔の貧乏話比べなどしたくはなかったのですが だったら アザラシさんも
『♪貞子さんは「生活苦」を体験していますか?』などという愚問はしないでください。すこぶる愚問だと思ったのですが さきほどのコメントには 残しませんでした。
バーチャルではなく実際の生活の中で 私は年収1億円以上から 年収150万円以下の方々と 幅広く陽気に付き合っています。
アザラシさんも 肩書きとか まるっきり通用しないところで 生身の人間として 実際のいろいろな方と交流なさったほうがよいと思います。強い人間には 強い人間が集まってくるものです。
あと 実際に徒歩か自転車か電車で いろいろな町へ出かけてきてください。 人間の強さ たくましさが実感できるはずです。 
アザラシさんが森永卓郎さんのご意見に共感できないこと自体 私たちは平行線のような気もします。(森永さんの本をちゃんと読んで 森永さんに実際のお会いになるのが一番だと思います。)
今回が愚問には お答えしません。自分で考えてください。
では 出かけてきますね。(^^
Commented by azarashi_salad at 2005-10-30 12:53
♪貞子さん、行ってらっしゃいませ。
私も、先ほど30分ほど歩いて商店街を抜けて駅まで出て、電車で渋谷に来たところです、笑。
何事も決まってしまったら、現実を受け止めてたくましく生きよう。
ただし、決まるまでは少しでも抵抗しようというのが私のスタンスです。
不細工な生き方ですけどね、笑。
Commented by pagan at 2005-11-05 23:57 x
はじめまして、TBさせてもらいました。
読んでいて、色々考えさせられました・・・
これからもよろしくお願い致します。
Commented by azarashi_salad at 2005-11-06 09:43
♪paganさん、はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。そちらの記事も読ませて頂きました。これからもよろしくご贔屓下さい。

<< ▲ゾンビのような「サラリーマン増税」 ▲中越地震から一年 >>