▽他人の懐具合ばかりを批判するとっても「お上品」なマスコミ

a0008617_1330692.gif●5号館のつぶやきさんのブログに(公務員たたきの一環としての教員たたき)という記事がある。
 記事の方にもコメントしたのだが、この件について取り上げていた先日のテレビ朝日の報道について書いてみたい。


○まず驚いたのが、この件にコメントしていたアナウンサーやニュースキャスター、コメンテイターの論調である。
 彼らは、誰ひとり自らの所得や待遇については言及することなく「Aに比べてBは貰い過ぎ」的な批判に終始していたが、「人の懐具合具合ばかり批判しているけど自分達はいくら貰っているの」と疑問に思うと同時に、見ていて非常に「下品」に感じた。

 唯一、江川昭子さんのみが「ニュース等で報じられているダメ教師は一部に過ぎず、多くの真面目な教師は持ち帰り残業や休日返上で一所懸命やっている。そうした仕事量と所得とを多面的に比較しないで一概に貰い過ぎとばかり断言できないのではないか」と反論していた。

 まさにそのとおりで、私の同級生も高校の教師をしているが、彼の実質労働と給料を比べてみても、とても貰い過ぎているとは思えない。

 これについては、5号館のつぶやきさんも以下のとおり述べている。
 私が知っている小中学校の先生は、たとえ月給が国民の平均よりも4万円高かろうが、休日や自宅でまで公用をこなし、給料以上の仕事をしている強い印象があります。もちろん、中には「月給泥棒」と呼ばれるような生活をしている先生もいるかもしれませんがそれはどんな職業にもいるはずで、現場で働いている先生方はどんなに手を抜きたいと思っても、そうそう抜けない状況にあります。あたりまえのように高給取りの重役や社長さんや会長さんなどのように優雅に暮らしている人はいないと思います。
 そんな現場にいる人に対して、彼らよりも遙かに遙かに高い給料を取っていると思われる東京証券取引所会長などという雲の上にいるような人が「お前らの給料は高すぎる」などと良くも言えるなあというのが正直な感想です。

○そういえば、先の総選挙以降、テレビ朝日の公務員バッシングが「快調」な気がしてならないが、おそらくこの影響が多分にあるのではないだろうか。

●公務員給与引き下げ方針伝える 前原民主代表が労組側に (2005年10月04日朝日新聞)
 民主党の前原代表は4日、連合に加盟する官公部門の労働組合「公務公共サービス労働組合協議会」(公務労協)の幹部と会談し、「人件費やさまざまな待遇についても、無駄があれば削っていく」と、国家公務員の給与水準などを見直す考えを伝えた。

 世論を意図的に誘導するのは、NHKよりも民法のほうがお上手なようだ、笑。
 先ほどのエントリーで「勝ち組」「負け組」と書いたばかりだが、「負け組」同士で足の引っ張り合いしている場合ではないと思うのだが。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-10-23 13:31 | 社会 <:/p>

<< ♪おたまはん【再掲】 ♪あなたは「勝ち組」それとも「... >>