♪ガ島通信さんの(衆院選 投票「祭」)に参加@「投票バトン」


a0008617_1227334.jpg
●以前の記事(▼何か納得いかない)で「今度の衆院選には投票できない」と書いたところ、彰の介さんまーどんなさんをはじめ皆さんから「投票できるよ」とのアドバイスを頂き、選挙管理委員会に照会した。

○その結果、前の選挙区で投票できるとのこと、危うく貴重な権利を放棄するところだった。コメントを頂いたみなさんに感謝したい。

 ただし、残念ながら明日は九州出張があって投票所に行けないため、写真の通り、さきほど期日前投票を済ませてきたのだが、投票所は受付に並ぶ人達で50人以上の列ができ、今回の選挙に対する有権者の関心の高さが伺えた。

 そういえば、今回の(衆議院選挙 投票「祭」)を提起しているガ島さんも、はじめは私と同じように投票できないと思っていたようだ。
 投票率を上げたいと思うのであれば、政府はこうした情報をもっと広めることも必要だと思うぞ。(といいつつ自分の無知に対する言い訳を、爆)

 なお投票「祭」では、どの党に投票したかについては触れないお約束なので、社会のあらゆるシーンで「二極化」が進む中、各党のマニフェストに書かれている税制政策と政治的バランスを考慮して一票を投じたとだけ書いておく。

○ところで、少し前に「ミュージックバトン」が流行ったが、選挙に対する有権者の関心を高めるためにも、どうせ流行らせるなら「投票バトン」を多くのブロガーに呼びかけたい。

 方法はいたってシンプル。
●自分が投票に行ったことが分かる内容(文字でも写真でも可)を記事にして、ブログ上の「知人」(何人でもお好きなように)にTBするだけ。(ねっ、簡単でしょ)

 要は、みんなが「自分も投票に行こう」と思うきっかけになればいいのだ。

 というわけで、選挙関連のコメントやTBを頂いたみなさんとガ島さんにこの記事をTB。
(なお、バトンを強制するつもりはありませんが、もし趣旨にご賛同頂けるのであれば、ぜひともTBをお願いします)
[PR]

by azarashi_salad | 2005-09-10 12:31 | 政治 <:/p>

<< ♪博多ラーメン △お勧めのフリーペーパー >>