△ポータルサイトのニュースのかたち

●3月27日にエントリーした記事(☆ブログはすでに新聞を「補完」しているのではないだろうか)で『すでにブログは、新聞では紙面による限界やその他様々な事情により載せられない視点からの「考察」や「意見」を「補完」している、と言ってもいいのではないか』と書きましたが、私が、現時点で一番その「かたち」に近いと感じているポータルサイトのニュースページが「エキサイトニュース」です。

「エキサイトニュース」の記事は、①報道機関が提供するニュース記事、②その記事へのトラックバック記事、③最近の関連ニュース、④他の最新ニュース、⑤最近の関連するブログエントリの5段で構成されており、②と⑤はいずれもブログ記事となっています。

 ②のTB記事は、①のニュース記事に対してユーザーが直接トラックバックできるのですが、ただしエキサイトブログユーザーだけに限定されており、他のブログサービスを利用しているユーザーはトラックバック出来ないのが残念です。
 一方、⑤のブログ記事は、あらかじめエキサイトに登録されている「ブログニュース協力サイト」の記事の中から、①のニュース記事の関連記事としてエキサイト編集部がピックアップして掲載しているようです。ちなみに、こちらは特にエキサイトブログユーザーに限定していません。

 このような構成のおかげで「エキサイトニュース」の読者は、①の報道機関が提供するニュース記事を読むことと合わせて、②や⑤のブログ記事を閲覧することにより、新聞報道等には載っていない様々な視点からの「考察」や「意見」に触れることができ、社会問題等について自ら考えることが可能です。
 ちなみに「あざらしサラダ」も「ブログニュース協力サイト」として登録しているのですが、この協力サイトには現在107サイトが登録されており、アキバBlog(秋葉原ブログ)や切込隊長BLOG(ブログ)など蒼々たるメンバーが名を連ねているため、大した知識や情報も持ち合わせていない私などは、隅っこの方で細々とやらせて頂いているにすぎません。(笑)

○このように紹介すると何かいいことばかりのようですが、そんな「エキサイトニュース」の最大の弱点は、ニュース記事を提供する全国紙が「毎日新聞」と「日本経済新聞」の2社に限定されていることです。
 同じポータルサイトのニュースページである「yahoo!ニュース」では、「読売新聞」「毎日新聞」「産経新聞」の3社がニュース記事を配信しており、やはり「エキサイトニュース」は情報量で若干見劣りしてしまいます。
 また、ニュースページのデザインも個人的には「yahoo!ニュース」の方が洗練されていて読みやすく感じます。

 つまり、①ニュース記事を配信する報道機関を増やす、②ニュースページのデザインを工夫する、③エキサイトブログユーザー以外からもTBを送れるようにする、の三点を改良すれば、「エキサイトニュース」が「yahoo!ニュース」を上回る可能性は十分あるといえるでしょう。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-05-02 13:38 | お薦め <:/p>

<< ☆事実の考え方 ☆当たり前のようで大変なこと >>