☆九州北部の地震について

●福岡と佐賀で震度6弱=震源は福岡県西方[ 03月20日 11時27分 ]共同通信

 20日午前10時53分ごろ、福岡県と佐賀県南部で震度6弱の地震があったそうだ。震源地は福岡県西方沖で震源は極めて浅く、マグニチュード(M)は7・0と推定されるとか。

○猫手企画@新聞屋さんの記事「マグニチュードは7.0」で知ったニュースです。

 この地震の影響で、山陽新幹線が一時運転をストップしたり、すでに家屋崩壊の被害や複数のけが人がでていると報じられるなど、被害状況も次第に明らかになりつつあるようです。

 一方、猫手企画@新聞屋さんの地震直後の記事「九州北部で震度6弱地震発生!」によると「NTT一般回線、FOMA携帯電話とも私のところは不通状態。福岡の両親との連絡も取れないのが不安。災害ダイヤル171も通話途中で断線するし、NTTに限らず、通信業者の災害対策が中越地震から学んだことは何だったのか厳しく検証していかなくてはならない。その一方、私は自宅ではIP電話に加入しているが、経由では岡山からの電話は届いたのだが。もちろんこのエントリもインターネットがつながるから入れている訳で、先日のエントリとは逆の事態に驚いている。私も家族も大丈夫。まずは一報まで。」とのこと。

○被災直後には、自分たちの「無事」を伝えたくてもなかなか連絡が付かないものですが、ブログを開設されている方は、このように記事の更新により「無事」を伝えることも可能ですね。こういうネットの使い方も参考になります。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-03-20 15:20 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< ▽課題が山積の「愛・地球博」 △不幸な事故を繰り返さないために >>