★先にやるべきことがあるのでは

●NHK 全職員の給与削減 橋本会長、組合に提示(産経新聞) - 2月27日

 NHKの橋本元一会長は、視聴者の受信料不払い増加に伴う経費削減を理由に、全職員(約一万二千人)の給与を削減する方針を日本放送労働組合(日放労)へ提示しているそうだ。
 日放労によると、橋本会長は受信料収入が約七十二億円の減収となった平成十七年度予算案などを踏まえ、「組合員も対象に給与削減をせざるを得ない」と説明したとか。


○今回のNHK不祥事は、一部役員だけの責任というわけではないことから組織全体(全職員)で応分の責任をとることはある程度は仕方がないことかも知れませんが、そもそもここまで受信料支払い拒否を増大させた海老沢前会長の責任は、最も重大ではないでしょうか。
 しかし、その海老沢前会長ですが、下に紹介する先月のスポーツ紙の報道によると、なんと1億2千万円もの巨額の退職金が支払われるらしいのです。

●海老沢前会長 3日で顧問辞退(デイリースポーツ) - 1月29日

 NHKは、職員による一連の不祥事が影響して平成17年度予算を72億円減の見通しと発表したそうだ。
 さらに、海老沢氏の1億2千万円ともいわれる退職金問題なども浮上し、視聴者から厳しい批判を受けているとか。


○そうであるならば、橋本会長は「組合員も対象に給与削減をせざるを得ない」などと「日放労」に説明する前に、まずは海老沢前会長に対して退職金の返納を求めるなど、自らも含めて経営陣としての責任を最大限果たすことが先ではないでしょうか。
 もし「そんなことはとっくにやっているけど報道されていないだけ」というのであれば申し訳ありませんが。(まさかそんなことはないですよね、笑)
[PR]

by azarashi_salad | 2005-02-27 15:16 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< ♪今の私にできること ♪「東京みやげ」にお薦め >>