♪サブPCでWin10無償アップグレードにトライ(その2)

前回のブログ「♪サブPCでWin10無償アップグレードにトライ(その1)」では、Win10に無償アップグレードする際の手順等についてリポートしたが、今回はアップグレード後に何がどう変わったか、についてリポートする。

今回は、グラフィックボード(AX4670 512MD3-P)やSATA3インターフェースボード(SATA3I2-PCIe)、USBワンセグチューナー等を接続したままアップグレードしたが、デバイスマネージャーでは全て正常に認識された。(Surround View機能による4画面化も問題なし)
a0008617_895171.jpg

インストール済みのアプリケーションも、オープンオフィスやワンセグチューナー再生用ソフトまで正常に動作した。XPからWin7へのアップグレード(クリーンインストール)では正常に認識されないデバイスもあったので、Win7との互換性は比較的高い印象だ。

注)私の環境では比較的問題なくアップグレード出来たが、こちらのサイトを見ると色々と問題を抱えたままでの無償アップグレードみたいだ。
■Windows10が正式リリース

一方、アップグレード後はWin7で使えたガジェットやエクスペリエンス機能が使えなくなった。さらに、グラフィックボードを増設した際にインストールしていたCCCもアンインストールされたようだ。

カレンダーはガジェットが無くてもアプリがあるので代用できるが、時計とCPUメーターが無くなったのは少し残念な気がする。自己満足に過ぎないエクスペリエンスは、そのうち慣れるので問題ないだろう。

なお、アップグレード後は起動時のブートメニューが「Win10」と「リカバリー」の選択画面に変更されるが、リカバリー領域にはWin7がそのまま保存されているので「リカバリー」を選択すれば出荷時(Win7)に戻るはずだ。(未検証)

Win7にリカバリーする場合、アップグレード後も以前のライセンスが有効かどうかが気になるが、バックアップしておいたクローンSSDで起動したところ、Win7のライセンスは認証されたままだったので多分大丈夫だろう。(未検証)

今後もWin10の機能について少しずつ評価する予定だが、標準のメールアプリはiPodやアンドロイドタブレットのメールアプリ同様、メアドとパスワードを入力するだけで設定が完了して直ぐに使えるので、なかなか便利だと思う。



***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-08-16 07:59 | お薦め <:/p>

<< ♪宝探し(8/23) ♪サブPCでWin10無償アッ... >>