▼ライブドアブログのリニューアルについて

●このところ、引っ越し後の後始末やらで何かと忙しく、しばらく間、このブログを更新していませんでしたが、その間にライブドアブログがリニューアルしていました。

○早速、昨日からこの「あざらしサラダ」も新しいデザインに変更したところですが、今回のリニューアルに関してちょっとだけ気になることがあります。


 それは、「あざらしサラダ」にTBしてくれた記事に移動する際、毎回「これより先はlivedoor Blog及びlivedoorとは関係のないページです」と表示される外部リンク確認ページに移動することです。
 この件については、ここを見ていただけばわかるとおり、すでにいくつかのブログで問題点が取り上げられていますが、かの「アキバblog」のオーナーがライブドアブログからの移転をほのめかすなど、ちょっとした騒動にまで発展しています。

 今回の対応策に対してライブドア側は、「ワンクリック詐欺など不正な外部リンクを未然に防ぐことが目的」と説明していますが、「有料サービスであるlivedoor Blog PROをご利用いただいているお客様につきましてはページを挟まないように変更した」ことを明らかにしており、なんだか説明と方針の整合がとれていないのではという疑問を抱きました。

○確かに、TBスパムなどの鬱陶しい外部リンクが寄せられることもあり、「不正な外部リンクを未然に防ぐ」という方針そのものに対しては私も何ら異論があるわけではありません。
 ただし、その具体的な対応策として「外部リンク確認ページ」を挟むというやり方が本当に適切かどうか、となると話が別ではないでしょうか。


 まず、「これより先はlivedoor Blog及びlivedoorとは関係のないページです」と表示することにより、どうして「ワンクリック詐欺など不正な外部リンクを未然に防ぐこと」につながるのかについての説明が絶対的に不足していると思います。(本当にそんな目的だとすればの話ですが、笑
 今回の対応策は、「仮に不正な外部リンクであっても、ここから先はライブドアとは関係がない」と責任分界点を明確にしたいだけではないのでしょうか。

 また、有料サービスである「livedoor Blog PRO」の場合は確認ページを挟まないように方針変更したとのことですが、そうであれば有料サービスに対しては確認ページを挟む以外の何か別の対応策を講じられるということでしょうか。
 今回の対応策について、本当にユーザーサービス向上の一環としてライブドアが捉えているのであれば、何か別の対応策を講じなければ有料ユーザーの方がサービス低下していることにはなりませんか?

○今回のライブドアの対応に関する問題点を整理すると、大きく以下の2点ではないかと思います。

 1点目は、ライブドアは「不正な外部リンクを防ぐ」という本来の目的に合致した、適切な対応策を講じていないこと。(もしくは適切な対策であるという説明が不足していること)
 2点目は、上記について多くのユーザーから問題点が指摘されたにもかかわらず、有料ユーザーに対しては「朝令暮改」のごとく安易に方針変更する一方、多くの無料ユーザーに対しては何ら方針変更の検討を示していないこと。

 もっとはっきりいえば「金を払っていない者は黙って従えばいい」ということでしょうか?
 この間のライブドアの対応を見る限りにおいては、ユーザー全体やブログ全体のことを考えているとは思えなくて残念です。
[PR]

by azarashi_salad | 2005-07-18 10:44 | 社会 | Comments(0) <:/p>

<< ♪複雑なよろこび ♪テレビ欄占いは愉快だね >>