「ほっ」と。キャンペーン

♪宝探し(3/7)

今のメインPCで使っているEnerMaxのミドルタワーケースは気に入っているが、購入して15年になるのでそろそろ新しいケースが欲しいと思っていた矢先、先週は実家近くの中古ショップでAntecのミドルタワーケース(P182)が2000円で売られているのを発見した。
a0008617_96175.jpg

P182は2007年に発売された製品だが、大ヒットしたP180のマイナーチェンジ版で発売時は2万円以上したらしい。電源部とマザーボード部を分離したデュアルチェンバー構造、三層の遮音パネルを搭載し、堅牢で静音性にも優れておりPC自作派から高い評価を得ている。
a0008617_1433678.jpg

これを機にモニタ中のJUNK品PCを本格的にメインPCにしようと思い、ショップケースからP182に交換したところ、いきなりフリーズして起動しなくなった。しかも、今回はケースを交換しただけで他の部品は何も交換していないので、障害原因の特定が難航した。

まずは、サブPCを使って起動しなくなったSSDのクローンを作成し、リトライしてみたが何度やっても起動中にフリーズする。仕方がないから出荷時にリカバリしてみたところ、どうやらWin7起動時にグラフィックドライバを読み込むタイミングでフリーズしているようだ。

そこでグラフィックボードを予備品と交換すると正常に起動したが、実はここまで判明するのに2日間を要した。障害の発生状況から、てっきりマザーボードかHDD(SSD)周辺が原因だろうと思い込んでいたので、まさか先日まで正常に動作していたグラフィックボードが原因とは思いもよらなかった。
a0008617_1434516.jpg

とりあえず予備のグラフィックボードだと全て正常に動作することを確認したが、こういう障害の場合は、一度正常に起動したらグラフィックボードを元に戻しても正常に復旧するケースが多い。今回も案の定、元のグラフィックボードに戻しても、その後は何事もなかったかのように正常に起動した。

多分グラフィックボードの物理的な障害ではなく、ケースを交換した際に、おそらく起動時に読み込むデバイスドライバの順序が入れ替わり、グラフィックドライバと何かのドライバがタイミング的に干渉したのだろう。


***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-03-07 14:39 | お薦め | Comments(0) <:/p>

<< ノートPCの延命対策 秋葉原で宝探し(2/28) >>