♪宝探し(1/18)

今年中に発掘(獲得)したいと狙っているお宝は、SSD、ロープロファイルのグラフィックボード、DDR3メモリ、マザーボードあたりだが、SSDは既にネットで手に入れたので、今後はグラフィックボードやメモリ探しがメインとなる。

そんな中、昨日は今年初めてショップで宝探ししてきた。すると、いつもとは違う実家近くの中古ショップで掘り出し物を発見。見つけたのは17インチの液晶モニタで、EIZOの「FlexScan M170」が1200円で売られていた。
a0008617_14584397.jpg

10年ほど前の製品だが、EIZOと言えばディスプレイメーカー「ナナオ」の高級ブランドで、PC自作派にとっては憧れのモニタ。いくら型遅れの中古とはいえ、それが1200円で手に入るとは驚きだ。

余りに安いので壊れているかも知れないと思ったが、値段の横には「映りました」と書かれているし、電源ケーブルもアナログRGB(Dsub 15ピン)ケーブルも付属していたので、ダメ元で購入してみた。

持ち帰ってPCに接続してみると、全く正常に動作した。流石はEIZO、画面はとてもクリアで綺麗な発色だ。モニタ内蔵のスピーカーも「SRS WOWサラウンド機能」を売りにしているだけあって、2W+2Wの付属スピーカーとは思えないほど良質。

「ArcSwing 2」という独特の形状をしたモニタスタンドも、画面の高さや角度がとても調整しやすい優れものだ。
a0008617_1501180.jpg

モニタへの入力は、アナログ(Dsub 15ピン)+SPとデジタル(DVI-I)+SPの2系統があるので、メインPCの出力と予備PCの出力をそれぞれ1系統ずつモニタに接続して、画面下部の「SIGNAL」ボタンで入力の切り替えが可能。(入力が有る方に自動切り替え機能付き)

予備PCで動作チェックする場合、これまでは毎回ビデオケーブルとSPを外してモニタに接続し直していたが、この入力切替機能により接続替えが不要となったのが嬉しい。

***********************************

クリックで救える命がある。
[PR]

by azarashi_salad | 2015-01-18 15:05 | お薦め <:/p>

<< 不可解な岩手県のがれき処理契約の実態 自宅で宝探し(1/11) >>