▼盗難被害者ではなくて加害者の情報はどうなっているのか

●このブログでは、以前から犯罪被害者に必要以上に焦点を当てた報道に対して、問題の本質を見誤る恐れがある、誰が本当の犯罪者かミスリードする恐れがある、と問題提起してきました。
 にもかかわらず、以下に紹介する記事を見ても分かるとおり、マスコミの報道姿勢は相も変わらず被害者側の不祥事にばかり注目し、肝心の加害者についての情報をほとんど伝えていないような気がしてなりません。

●CM撮影で制服紛失=客室乗務員用など10着分-全日空(時事通信- 6月7日)

●客室乗務員らの制服紛失 全日空、CM撮影に貸与(共同通信- 6月7日)

●<全日空制服>CM撮影で12人分紛失 電通など謝罪(毎日新聞- 6月7日)

●テレビCM撮影用のANA制服、電通が12人分紛失(読売新聞- 6月7日)

●不明のANA制服1着、CM出演女性が「返す」(読売新聞- 6月8日)

●<全日空制服紛失>1セット返却 紛失分は9セットに(毎日新聞- 6月8日)

●全日空の制服1着返却される=CM撮影で紛失、未回収9着に(時事通信- 6月8日)

●新たに制服3着回収=全日空(時事通信- 6月9日)

●<全日空>紛失制服、匿名の宅配便でさらに4セット戻る(毎日新聞- 6月9日)

○これらの記事から明らかにされた事実は以下のとおりです。

①テレビコマーシャル撮影の際、全日空が電通子会社の「電通テック」に貸与した客室乗務員の制服10着が無くなった。
②制服だけでは空港の制限区域内に立ち入れない。
③無くなった制服はモデル事務所所属の女性(22)が無断で持ち帰っていた。
④匿名の宅配便でさらに3セットの制服が返却された。
⑤電通は「全日空に深くおわびするとともに、こうしたことが二度と発生しないよう再発防止に取り組む」としている。
⑥全日空は営業推進本部部課長2人を厳重注意処分した。


○一連の報道では、見出しに「全日空」の文字が強調されていて「電通」の文字が目立ちませんが、これはどうしてでしょうか?(マスコミ各社は「電通」に何か弱みでもあるのですか)

 これらの報道によると、盗難の被害者側(まだ被害届は出していない模様)である全日空は、営業推進本部部課長2人を厳重注意処分にしたそうです。 処分の理由は、恐らく制服を貸した際の管理責任を問われたのではないかと思いますが、この二人には思わず同情してしまいます。

 これに対して、制服を借りた側の「電通」(および子会社の「電通テック」)は、どのような処分を行ったのでしょうか?(責任者は誰ですか)
 また「電通」が取り組む「再発防止策」とは一体どのようなものでしょうか?(具体的な内容がさっぱり分からないのですが)
 さらに、制服を無断で持ち帰った(個人的には「窃盗犯」だと思っていますが)モデルの女性(22)やモデル事務所に対するペナルティーはどうなっているのでしょうか?(どうして取材しないのですか)

●なお、全日空だけではなくて日本航空でも似たような事件がありました。

●客がJAL機の救命胴衣持ち去る、気づかず33回飛行(読売新聞- 6月9日)

●修学旅行生、救命胴衣持ち去る=気付かぬまま1週間-日航機(時事通信- 6月9日)

●高校生が救命胴衣持ち出す 日航、気付かず1週間運航(共同通信- 6月8日)

○これらの記事から明らかにされた事実は以下のとおりです。

①JAL機に搭載されていた緊急時用の救命胴衣5着が無くなった。
②客室乗務員が社内規定で定められている点検を怠っていたため、同機はその後1週間にわたって救命胴衣がないまま運航を続けていた。
③日本航空は、社内規定に違反していたとして国土交通省に報告した。
④機内には予備の救命胴衣が別に15着あったため、日航は「安全上の問題はなかった」としている。
⑤救命胴衣は、北海道方面に修学旅行に行った関西地方の高校生が無断で持ち帰り、宿泊した北海道内のホテルに置き去りにしていた。


○日本航空は、恐らく社内規定違反として客室乗務員等の関係者を処分するのではないかと思います。
 盗難の被害者(日本航空が被害届を出したかどうかは不明)ということをふまえれば、こちらの関係者にも同情の余地がありますが、乗客の生命に直結する安全確認を怠ったということであれば、処分もやむを得ないような気がします。

 ところで、そんなに重要な救命胴衣を無断で持ち去った「関西地方の高校」とは一体どこの高校なのでしょうか?(なぜ学校名を公表しないのですか)
 また、引率の教師など学校側の処分はどうなっているのでしょうか?
 さらに、無断で救命胴衣を持ち去った(個人的には「万引き」と同じで「窃盗犯」だと思っていますが)高校生や保護者に対するペナルティーはどうなっているのでしょうか?

○日本航空の社内規定違反は今回の盗難事件とは切り離して整理すべきと思いますが、上記2件の盗難事件についてはある程度「犯人」が判明しているにもかかわらず、どうしてマスコミは加害者側の情報を伝えようとはしないのでしょうか。

 当たり前のことですが、人のものを勝手に持ち帰ってはいけません。借りたものはきちんと返しましょう。

 何度も繰り返しますが、マスコミの報道スタンスはどうも「窃盗」という「犯罪」よりも「社内規定違反」や「管理不行届」などの「不祥事」の方を重視しているように思えてなりません。
 そして私は、マスコミのこのような報道姿勢が犯罪者の罪の意識を軽くし、犯罪を助長しているような気がしてならないのです。

【6/13:追記】
たまちゃんのてーげー日記:「テレビCM撮影用のANAの制服、電通が紛失!」の続報!によると、全日空のHPに「お詫び」が載っているそうです。
お詫びしなければいけないのは、全日空ではなくて盗んだモデル本人、モデル事務所、電通テックの方ではないでしょうか。

当記事と同様のご意見をお持ちのブログリンク
●たまちゃんのてーげー日記
●ニュースの小箱
[PR]

by azarashi_salad | 2005-06-10 23:57 | 社会 <:/p>

<< ☆些細なよろこび △「CURURU」を試してみた >>